新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
第3回BIODESIGN読書会〜2時間でヘルスケアイノベーションを生み出すデザイン思考を学ぶ新年会

2016-02-26 19:00 - 22:30

東京都


MTヘルスケアデザイン研究所 5F
会場案内

開催者:山本 伸


支払い方法:  当日現金払い
参加費 料金:10000円 

第2回(1/26)も開催前に【満員御礼】につき、第3回の開催決定!

※書籍「BIODESIGN日本語版の注文を表明->入手後、FBイベントウォールへの写メアップ」で正式なお申し込みが完了します。
--

LMDP主催
第3回【スタンフォード大学バイオデザイン・テキスト読書会】
〜2時間でヘルスケアイノベーションを生み出すデザイン思考を学ぶ新年会〜

スタンフォード・バイオデザイン・プログラムは、医療機器イノベーションに従事する人材育成を目的として2001年にスタンフォード大学のDr.Paul Yockらがデザイン思考を元にした医療機器イノベーションプログラムとして開始しました。初期段階から事業化の視点も検証しながら、医療現場のニーズを出発点として問題の解決策を開発し、イノベーションを実現するアプローチを特徴とするプログラムです。

 2015年10月東京大学、東北大学、大阪大学は米国スタンフォード大学とバイオデザインプログラムに関する提携契約に調印し、医療機器産業とも連携しながら日本の医療機器イノベーションを牽引する人材育成プログラム ジャパン・バイオデザインプログラムを開始致しました。それを期にバイオデザインの日本語版が発売されています。

 LMDPではいち早くその書籍の内容を医療・ヘルスケア領域のビジネスに関わる技術者・エンジニア・デザイナー・企業の皆様と短時間で理解をし、ヘルスケアイノベーションを起こす為のデザイン思考について学ぶ読書会を開催します。

  読書会のあとそのまま会場にて軽く食事とお飲みもので新年会を兼ねて、その日の分かち合いも行いましょう。

----------



日程: 2016年2月26日(金) 19:00〜21:30 懇親会21:30〜22:30
場所: MTヘルスケアデザイン研究所 5階会議室

ファシリテーター:
山本 伸(イノベーション・ガイド/Toynon LLC代表/(社)ビジネスモデルイノベーション協会理事)

定員: 先着 10名様
申込条件: スタフォード大学バイオデザイン翻訳版を購入のこと
http://amzn.to/1knoOR1 (約12,000円)

※書籍「BIODESIGN日本語版の注文を表明->入手後、FBイベントウォールへの写メアップ」で正式なお申し込みが完了します。

参加費: 10,000円(会場費、懇親会費を含みます)

----------


第1回 ご参加された皆さんの感想です(抜粋)

>今回参加するにあたり、どんな期待/悩み/課題がありましたか?
・・・弊社のやっているヘルスケアデザインメソッドをより確立したいものにしたいと思っておりました。

>Read For Action式による協働学習に、どのようなご感想をお持ちになりましたか?
・・・今回のテキスト自体が医療機器開発プロセスにおいて誰においてもスタンダードに理解出来るという事が分かりました。

>今回の学び・気づきをご自身の中でどう活かしますか?
・・・本テキストをベースにLMDPヘルスケアデザインプログラムを構築しセミナー+ワークショップを引続き行って行きたいと思います。昨日山口県にて本構想をお話ししたら、是非広げて欲しいとの依頼がございました。

>この内容を同僚、ご友人に勧めて頂けるとしたら、なんと言って声をかけますか?
「ヘルスケアデザインの基本が分かります。」

(MTヘルスケアデザイン研究所 所長 阿久津靖子さん)



>今回参加するにあたり、どんな期待/悩み/課題がありましたか?
・・・医療分野におけるイノベーションのプロセスを学びたかった

>Read For Action式による協働学習に関して
・・・目的を持つことは、読書会に限らずあらゆる場面で、過ごす時間の価値を高める方法なのであろうと感じた。また、他の人の視点を得ることを通じた学びは、重層化と効率化という相反しそうな要素を併せ持った、画期的な方法であった。共通の目的を持って人が集まる、ただそれだけで、一人では成し得ない多くの成果が得られる為、イノベーションの第一歩として「集まる」事の価値は大きく、それを実行して行きたい。

>ご自身のお仕事で、今日の気づきや学びをどう活かしますか?
・・・目的を明確にして人を集める一歩として、自身のワークショップの開催日を決める。

>この会を同僚、ご友人に勧めて頂けるとしたら・・・?
・・・本の「厚さ」に圧倒された事ってある?? ⇒ 人の力を使って楽しく簡単に読める方法があるよ☆

(経営者・ファシリテーター・アスリート 宮木 俊明さん)



>今回参加するにあたり、どんな期待/悩み/課題がありましたか?
・・・バイオデザインの本が分厚すぎてハードルが高い orz

>Read For Action式による協働学習に、どのようなご感想をお持ちになりましたか?
・・・これはいろんなケースで使えると思いました。目的を持って本を読むことの大事さ、人が集まると掛け算になることを知りました。

>今回の学び・気づきをご自身の中でどう活かしますか?
・・・短い時間でものを要約・アウトプットする能力って大事だなと思いました。僕はそれを磨く必要があります。

>この内容を同僚、ご友人に勧めて頂けるとしたら、なんと言って声をかけますか?
・・・医療に興味があるけど手が出ない人、医療にどっぷり浸かっているけど抜け出せない人にオススメ!

(医師、T.Y.さん、男性)


「BIODESIGN バイデザイン日本語版」(薬事日報社)
http://amzn.to/1knoOR1

任意で付箋、カラーペン等お持ち頂くのはWELCOMEです



関連リンク


ファシリテーター

山本 伸

ヤマモト シン

Profile

シミックホールディングス株式会社BDO(Business Design Officer)。大組織でゼロから新事業創出を実現するチームづくり=“We”nnovationというコンセプトを提唱し、グローバルで実績のあるビジネスデザイン手法を組織(再)構築と新事業創出に適用。シミック社内外を繋ぐワークショップは18ヶ月で80回超、社内外異業種80社以上から延べ1300名(おススメ度8.6/10)を動員し2019創業“奨励賞”を獲得。グループ内横断組織Team Sprintを編成しBDOとしてシミック社内外・異業種共創型オープンイノベーションを実践中。2枚目の名刺で「一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協」代表理事として、300名の会員組織を運営しビジネスモデルキャンバスの普及活動にも携わっている。

キャッチコピー

プロのイノベーション・ガイド。20週間で組織を再構築・変革に導くFORTHイノベーション・メソッド公認マスターファシリテーターアジア人第一号。読書会ファシリテーションもフル活用中!

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.