新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
もはや不可避、100年時代の人生戦略『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』読書会

01月28日 10:00~12:30

大阪府

大阪市中央区西心斎橋1丁目9-31辻本ビル4階
心斎橋JOIN
会場案内

開催者:村上 英範


支払い方法:  当日現金払い
参加費(会場費・諸経費等) 料金:2500円 

✓私は科学アレルギー
✓テクノロジーを知らなくても生活やビジネスはできそう
✓難しい技術ニュースほど、ふ~んと鵜呑みにしてしまう
✓人工知能が仕事を奪うなど、未来への不安がいっぱい
✓専門家の解説は、専門用語ばっかりでよく分からない
✓今から学ぶのは大変そう

もはやこんなことを言ってられない時代となりました。

なぜなら、テクノロジーが急激に進化を続けるこの世界において
私たちの生活やビジネスから、
科学やテクノロジーを無視することは命取りとなるからです。

それにもかかわらず…、食わず嫌いのまま、目を背けていませんか?
一人ではなかなか学ぶチャンスがないと感じていませんか?

それならば、
テクノロジーの進化を皆さんと一緒に学んでいこうというのが
この読書会シリーズ「未来はココから!サイエンスの学び処」です。
私たちだからこそ出来る学び方。
サイエンスやテクノロジーの本から最新の知識を得て
かつ、自身の中に「サイエンス思考」を育てていきます。


4回目となる「未来はココから!サイエンスの学び処」
このシリーズは骨太なサイエンス本を頭に汗をかいて読んでいますが
今回はいつもと異なりライトな新書を使って
あなたの未来の行動によりフォーカスすることを目指します。

あらためて、なぜ科学技術リテラシーが必要なのかを問い、
今後学ぶべきこと、どう行動を変革させていくかを考えます。

(とくに『LIFE SHIFT』『ORIGINALS』『最強の働き方』『GRIT』
 など昨年の名著を読まれた方は、
 サイエンス的な外部因子を深めることで
 さらに一歩先の行動を付加できるので、おススメしたいです。)


今回の課題本は
『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』
お手軽な新書なのに、
100年人生において進むべき方向がしっかりと示されています。

キーワードは「STEAM」

サイエンス(科学)の「S」
テクノロジー(技術)の「T」
エンジニアリング(工学)の「E」
マセマティックス(数学)の「M」
+アート(美術)の「A」
を意味し、
欧米ではすでに注目されており、
オバマ大統領の肝いりで将来に向け教育を強化している分野です。

著者の成毛眞さんは、
元日本マイクロソフト社長で書評サイト「HONZ」代表。
"大人げない大人"で有名な方です。
世間のきれいごとに斬り込むスタイルは、
通常のビジネス書に慣れてしまった
あなたの思考や行動の幅を広げてくれるでしょう。

------------------------------------------------------
■本の概要(Amazonより)
楽しく遊びながら将来に備える方法。日本の労働人口の49%が、10~20年以内にAI(人工知能)やロボットに置き換えられる可能性が高い。AIが人間の能力を超える「シンギュラリティ」の時代も、予想以上に早く到来するかもしれない。そんな近い将来、人はAIやロボットを使う側、使われる側に否応なく選別される。定型的な仕事しかできない人は使われる側、創造性を活かし社会的な知性を身につけた人は使う側にまわる。日本屈指のイノベーターが、残酷な5年後を見据えた人生戦略を説く。
------------------------------------------------------

この課題本に加えて、
私が持参するサイエンス本を用いて
具体的に掘り下げていく予定です!


皆さんの答えと行動は、
本書と参加される皆さんとの交流の中で生み出します。
皆さんと創り出す「場」から生まれるアウトプットは
一人では得がたいものです。

難しいことをするのでは?自分にできるかな?と
お思いになるかもしれませんが、
ご安心ください。
丁寧に心地よい場を目指しますので、
リラックスして楽しく学んでいただけます。

一人では読むのが難しい本、いつもは避けがちな本を
仲間と共に読んでいくという体験をいただけます。


✓サイエンス本を読めるようになりたい
✓いつもと異なる分野にふれることで、新しい発想を得たい
✓科学の知見を学び、玉石混交の技術情報を自分で判断したい
✓ビジネスやパートナーへの新しい切り口がほしい
✓子ども達に、未来の世界を自分の言葉で語りたい
✓新しい視座と判断力を身に付け「未来」を描きたい

未来はココから!
新しい発想や行動は、日常より遠い場所にあります。
この読書会でサイエンスを身近なものに変え、
あなた自身の未来を活性化させませんか?

------------------------------------------------------
読書会詳細:

■課題本:必ずお持ちください
『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』
 成毛 眞・著 SBクリエイティブ・出版
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797388218

■日時:
 2017年1月28日 (土) 10:00~12:30
 (9:50受付)

■会場:
 心斎橋JOIN
 大阪市中央区西心斎橋1丁目9-31辻本ビル4階
 行き方:
 http://shinsaibashi-join.jp/%E5%BA%97%E8%88%97%E6%A6%82%E8%A6%81%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

■持ち物:
①課題本 
 『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797388218

 ※本は必ずお持ちください。
 ※事前に読む必要はありません。イベントを通して読みます。

②筆記用具
③飲み物

■参加費:2,500円
(会場諸経費等・当日現金払い)

■定員:6名

■読書会スタイル
①事前に本をお読みいただく必要はありません。
 イベントでの読書体験をお楽しみください
②読書会後には、実践できるアウトプットを
 得られるワークショップです。
③参加者との交流を通して、
 一人では得がたい気づきと学びを得られます。
④親しみやすく心地よい読書会を目指しています。
 どなたでも安心してご参加いただけます。
 初めてご参加の方、女性の方も多く
 サイエンスやテクノロジーを学ぶきっかけにされています。

------------------------------------------------------
リーディングファシリテーター 村上 英範

■メーカー勤務のエンジニア。
役割は新事業領域拡大の開発プロジェクトリーダー。
企画立案から製品設計、プロジェクト管理を遂行。
その傍ら、相互研鑽を目的とした部内勉強会を3年間推進。
社内SNSを活用した読書クラブ運営、1年で100冊の書評を記す。
2016年8月から技術者向け社外研修の講師も務める。
この教育活動への転機はある本との出会いにある。
田坂広志先生の『企画力』で心の大切さを痛感。
自己のスキルアップに終始していた研鑽が、
「知」と「こころ」の結合を周囲に広げる活動に転換する。

■大切なものは何よりも家族。
第三子出産時に育休を体験、心から家族に寄り添うことの大切さを体感する。
父親・人間としての成長を志し、年間200冊超の読書で自身を鍛える。
朝6時にリビングで学ぶのが習慣で、
その姿を見た子ども達も自然と本が好きになり、一緒に朝勉強をしている。
目標は『ビジネスマンの父より30通の手紙』のような書を子ども達に残すこと。

------------------------------------------------------
■未来はココから!サイエンスの学び処
第1回 2016/10/5『<インターネット>の次にくるもの』:終了
第2回 2016/11/4『シンギュラリティは近い』:終了
第3回 2016/12/2『ヒトはどこまで進化するのか』:終了
第4回 2017/01/28『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』
第5回 2017/02/15『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』
第6回 2017/03/**『サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福』

------------------------------------------------------




ファシリテーター

村上 英範

ムラカミ ヒデノリ

Profile

メーカー勤務のエンジニア。役割は新事業領域拡大の開発プロジェクトリーダ。企画立案、製品設計、プロジェクト管理を遂行。
その傍ら、相互研鑽を目的に部内勉強会を3年間推進。社内SNSを活用した読書クラブを運営し1年で100冊の書評を記した。2016年から技術者向け社外研修の講師を務める。

大切なものは家族。3児の父。第三子出産時に育休を体験、心から家族に寄り添うことの大切さを体感する。父親・人間としての成長を志し、年間250冊超の読書で自身を鍛える。リビングで学ぶのが習慣で、その姿を見た子ども達も自然に本が好きになり、一緒に勉強をしている。長男は私の読書会にも参加。

リーディングファシリテータとなった1年目に20回の読書会で、のべ100名を動員。サイエンス・テクノロジーをテーマとした読書会を毎月開催し、地域の科学館でサポータを対象に読書会を実現。共同で親子ワークショップに展開中。

キャッチコピー

読書会を始めて「パパ、かっこいい!」と応援してもらえました。子ども達のこの想いを初心とし、「知」と「こころ」を結び、未来への「行動」を生み出せる読書会を、皆さんと一緒につくっていきます。

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。
これまでの読書会一覧

Read For Action オフィシャルブログ


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.