新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
第3回「女性と子どもの貧困を考える読書会」〜貧困の連鎖を断ち切りたい〜

平成29年7月23日(日) 10:00~11:50

東京都

台東区西浅草3丁目25番16号
台東区生涯学習センター 306研修室
会場案内

開催者:西脇 みえこ引間 紀江


読書会 料金:2000円 

第3回「女性と子どもの貧困を考える読書会」〜貧困の連鎖を断ち切りたい〜

テーマ:シングルマザーと貧困
日時:平成29年7月23日(日)
   10:00〜11:50
会場:台東区生涯学習センター
   306研修室
   add:台東区西浅草3丁目25番16号
   http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/gakushu/syougaigakusyuucente/annaizu.html
定員:8名
参加費:2000円(会場費,飲料費等)
    *経費以外は、支援団体に寄付させていただきます。
    今までの実績
    第1回目:特定非営利法人LivingInPeace様
    第2回目:特定非営利法人フローレンス様
持ち物:「貧困」「女性」に関する書籍1冊
    *主催者側でもご用意しています
ファシリテーター:西脇美江子(小学校教員・リーディングファシリテーター)
         引間紀江 (団体職員・リーディングファシリテーター)

男女平等は進んだといわれていますが、国際的にみると日本のジェンダーギャップ指数は2016年144か国中111位(2015年は145か国中101位)とかなり低い水準にあるという現実があります.
賃金や正規雇用の割合にはまだまだ男女間に大きな格差があり、女性の平均年収142万円は「貧困ライン」といわれる120万円とそう変わりません。
さらに、単身女性の3人に1人はこの120万円以下というデータもあります。
今回の読書会は「シングルマザー」に焦点を当てます。
母子・父子ともに「ひとり親家庭」の相対的貧困率は54.6%。
世帯に2人以上の大人がいる家庭の約4倍の割合になります.
女性の貧困は個人の問題と思われがちですが、社会の仕組みや制度、さらには女性を取り巻く意識にも大きな要因があるのかもしれません。
現状を改めて知り、この状況を生み出しているものはなにか、そしてこの状況を変えていくにはどんな手立てがあるのか?
読書とダイアログを通じて、「シングルマザーが抱える問題」について、参加者の皆さまとともに共有したいと思います。

女性と子どもの貧困という問題は、希望ある未来を描くためには、解決が必要な問題です。制度・仕組み・意識など、困難な状況はあるものの、まずは、このことについて知り,関心を持つことから始めてみませんか?1人の意識が変われば、それだけ解決に近づくと信じています。
ご参加をお待ちしております。




ファシリテーター

西脇 みえこ

ニシワキ ミエコ

Profile

マナビツナグヒト〜人と学びをつないでその人の能力発揮と成長を支援します〜
元小学校教員。学校以外の教育の場・方法を作りたいと、教職を退職し、現在はフリーの教育コンサルタントとして活動をしています。
リーディングファシリテーター
ユメカキファシリテーター
ブロガー
ユーチューバー(まだまだ若輩・・・)
ただいま、人生100年時代に向け、セカンドキャリアの試行錯誤中です!

キャッチコピー

マナビツナグヒト

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。

ニュース



▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.