新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
孤独と貧困から自由になる働き方の未来図「WORK SHIFT」

2017年08月22日(火) 19:00-21:00

東京都

渋谷区神宮前4-11-13
バルビゾン30 アクションセンター
会場案内

開催者:斉藤 亜由子


参加費:3000円(税別)スマスタ・サイトでお申し込みできます!
マンスリー会員メニュー(10000円(税別)通い放題)もございます。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
リンダ・グラットン(著)には未来の働き方のヒントがたくさんあります。

*下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する*

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?
ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、
世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。
「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、
「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉
●テクノロジーの発展
●グローバル化
●人口構成の変化と長寿化
●個人、家族、社会の変化
●エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、
忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、
勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。
覚悟を持って選べば、未来は変えられる。

では、「自分はどんなふうに働きたいのだろうか?」

400ページあるこの本を2時間で読み解きます。
一人で読むのは大変ですが、みんなで読むので大丈夫です。
その場で読みますので未読でご参加ください。
書籍もこちらでご用意いたしますので、手ぶらでOK

第1部から第4部まで問いを立てて
キーワードを抜き出してシェアします。

第1部 なにが働き方の未来を変えるのか?
第2部 「漫然と迎える未来」の暗い現実
第3部 「主体的に気づく未来」の明るい日々
第4部 働き方を<シフト>する

私はプロフィールにある通り、好きで意味がある仕事を選んできました。
続けるために、ワークシフトをせざるを得ない出来事を乗り越えてきました。
仕事を続けるために「食えるための仕事」を掛け持ちしていた時期もあります。

だからこそ、言い切れます。
視点を変えて覚悟を決めて行動を続けることで、必ず未来は変えられます。

一緒に2025年へのはじめの一歩を踏み出しましょう!



関連リンク


ファシリテーター

斉藤 亜由子

サイトウ アユコ

Profile

1971年10月19日生まれ。神奈川県横須賀市出身。
危うく中卒になりそうにながらも、公立高校に合格。
高卒で芸能人の追っかけにはまるw

派遣契約が切れた頃、一本の電話がきっかけで芸能プロダクションに入社
紅白演歌歌手の後援会、コンサートでの物販(制作、販売、支払い)業務

2002年フォーリーブスが再結成。物販から抜擢されて初の女性付き人になる。
2008年仕事の限界を感じうつ病に。誰にも相談できず生まれて初めて読書をする。以降、読書会にはまり出張先で読書会を開催(福岡、大阪他)。カツマーブームで雑誌に取材される
2009年メンバーの死去により解散、17年務めた会社を退職。
2010年フリーとして、芸能界に復活。
2011年勝間塾・入塾
2014年同窓会コンサート終了。
2015年リーディングファシリテーター習得。ご縁で㈱almacreatinsスクール事業部勤務

キャッチコピー

私の子供のころは家に本は一冊も
ありませんでした。
読書の習慣がなくても大丈夫です!
一緒に楽しみながら一歩前へすすみましょう♪

このファシリテーターに問い合わせる
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.