新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
【ママのための読書会】子どもの未来のためにあなたは何を残しますか?

12月7日(木曜日) 10:00~12:00

兵庫県

西宮市上鳴尾町22-38
Maimyshop
会場案内

開催者:後藤 安賀里


ママのための読書会 料金:3000円 

✔毎日が忙しくて自分の時間がなかなか持てない
✔最近、子どもとどんな話をすればいいのか分からない
✔子どもの話をちゃんと聞いてあげられていないような気がする

このような思いを持たれている「ママ」には、ぜひご参加頂きたい内容です。


国内事情、世界情勢、 科学の進歩から生まれた情報化社会に人工知能。
あなたは今の大人として、未来の大人である子どもたちに、「今」と「未来」をどんなふうに語ってあげますか?

それにもまずは、私たち大人がちゃんと「想い」を持つことだと思っています。
まずは大人が時代を知り世界を知る事で、自分だけの価値観に気付き、想いをもち、それを子どもたちに伝えていける。

そんな気付きを得られるおススメ本を、毎回セレクトしています。

------------
今回の読書会では「それでも人生にイエスと言う(V.E.フランクル著)」を扱います。
------------

もちろん、本書が初めてでも、本を読むことに慣れていなくても大丈夫。読書会が全く初めての方も、これまでに何度も受講されています。

参加者のみなさまが楽しみながら「知りたい!」を持って帰ってもらうために、読書会は専門のファシリテーターが進行するから安心して参加いただけます。

笑いあり、真剣あり、実践型ワークあり。
大人が夢中になって楽しめるRead For Actionです!!

今回の読書会で扱う「それでも人生にイエスと言う」は、強制収容所から解放された後、1946年に著者が行った講演の内容がもとになっています。

強制収容所という言葉に、重たい印象があるかもしれません。けれども、この本には希望があります。どんなことも自分の決断にかかっている、という本書は、つまり、自分次第でどうにでもなる、という意味を含んでいるからです。

このような本こそ、未来の大人を身近で育てるママに読んでもらいたいのです。
そして、子どもたちに伝えてほしいのです。

未来は知る由がないからこそ、作る自由があるのだということを。


<この読書会で期待できること>

◎自分や家族、子どもたちに対する漠然とした「想い」が言語化できる
◎「知りたい」「欲しい」と思っていた自分なりの答が見つけられる
◎うまくいかない状況を打開するヒントが得られる
◎自分を取り巻く環境を冷静に確認ができる
◎家族のことから一歩離れて客観的になれる
◎誰かと本を読むことが楽しくなる



ピンときた方、今すぐお申し込みください!
ちなみに、このシリーズ読書会は手ぶらでOK!
読書会で使うものは、本も含めてすべてこちらでご用意しております!

<ママのための読書会@西宮>
子どもの未来のために自分の子どもに何を残しますか?
---------
課題本「それでも人生にイエスと言う」
---------
【日時】12月7日(木)10:00~12:00
【場所】Maimyshop (兵庫県 西宮市上鳴尾町22-38)

★参加費 3,000円
★お支払方法 事前振り込み
(詳細はお申し込み後に別途ご案内いたします)

★持ち物:手ぶらでお越しください!読書会に必要なものはすべてご用意しております。

★開催場所アクセス:
http://maimyshop.com/access/



関連リンク


ファシリテーター

後藤 安賀里

ゴトウ アカリ

Profile

心と体を「笑顔」にするファシリテーター
大阪在住、フランスでの結婚生活を終え帰国。国立大学法人の病院再開発事業を軌道にのせたのち、「人生100年に備えるための読書会」というRead For Actionを定期開催。NHK総合テレビなどでも「新しい働き方」として紹介される。また「ママのための読書会」を企画。働くママや小さな子どもを育てるママの子育て支援の充実を図るとともに、子どもたちの笑顔のためには大人が笑顔!と、心理学を活かした読書会をライフワークとしている。

キャッチコピー

みんなで集める「言葉」のジャングルから、その瞬間に、まさに自分が欲するピッタリの言葉を探りだす、まるで宝探しのようなゲームです。

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.