新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
「不安な個人、立ちすくむ国家」読書会 〜変化の激しい時代を生き抜く力を考える〜

2017年12月13日(水) 19:00〜21:30

東京都

渋谷区桜丘町29−25
渋谷パールホーム303
会場案内

開催者:宮木 俊明


参加費 料金:2000円 

~これからの社会を洞察し、次の世代の為に「今できる事」を考え行動に移す2時間半~

「もうそんな話は聞き飽きた」
なんて思われるかもしれませんが、
我々は、急激に進行しつつある「少子高齢化」と、
やがて訪れる「人口減少」という
人類がこれまで経験したことのない変化に直面し、
個人の生き方や価値観も 急速に変化しつつありますね。

これまでのやり方では社会制度の維持はもちろん、
それの向上や経済成長なんて臨むべくもない、
「課題先進国」である日本。

にもかかわらず、日本の社会システムは
それに追いつけていないどころか停滞、
あるいは後退している様にすら感じられ、
これが、焦り、いら立ち、不安を煽っているように
感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

例えば、公的資金の使途からみても、他の先進国に比べて
「現役世代/子育て世代」に非常に厳しい事が知られています。
そんな中、未来を担う子供の可能性は
どう担保されるでしょうか。

「政治的な解決方法」を模索し、
それに期待することももちろん必要ですが、
そういった公的扶助に頼ることない
「当事者のアクション」が
今、強く求められていると感じています。

日本が大きな発想の転換や
思い切った選択をするにはどうしたら良いのか?
自分自身の為、そして我々の子供達の為に、
身近でいま出来ることは何なのか?

今回のワークショップでは、
このような一見堅苦しそうな話題を、
カジュアルに、楽しみにながら
課題本から得た知識と皆さんのアイデアを持ち寄って、
一緒にワイワイと考える為のイベントです☆

事前準備、事前の読書は不要です。
以下の課題本を「読まずに」ただ持ってきてください☆
「不安な個人、立ちすくむ国家」
経産省若手プロジェクト (著) 文藝春秋
※140万ダウンロードという驚異的な記録を残した
経産省の提言書を元に、資料を補足を含めた完全版として書籍化。
20-30代の若手官僚たちが現代日本を分析した未来への提言。

当日、この本を全部読むわけではなく、
効率的に必要な部分を読み解きながら
それを題材にした参加社同士の対話の中から
多くの気づきを得られるように設計しております。
※熟練ファシリテーターがガイド致しますので、
 どなたでも安心してご参加頂けます☆

例えば、このような方をお待ちしております。
・よくわからいなけどなんだか面白そうだ
・子供たちの将来を真剣に考えたい
・新しい生き方、働き方、社会との関わり方を考えたい
・自身に子供はいないけれど子育てに関わりたい

難しい事は何一つ有りません。
本だけご準備頂き、あとは手ぶらでお越しください☆

新し仲間、新しい自分、新しい気付きと出会い
あなたなりの「答え」がみつかり次の行動に繋がる・・・
そんな場を提供できる様、ご準備をしてお待ちしおります!


※※必ず下記のサイトから申込をお願い致します※※
https://holinnovation.peatix.com/

----------------------------------------
【イベント詳細】
●タイトル:親子の休日革命・ワークショップ「変化の激しい時代を生き抜く力を考える」
●日時: 2017年 12月 13日 (水) 19:00~21:30
●会場: 渋谷駅から徒歩5分「komorebi会議室」
 東京都渋谷区桜丘町29−25 渋谷パールホーム303
●参加費: 税込2,000円 (資料代、飲食費、会場代等込)
●持ち物: 課題本「不安な個人、立ちすくむ国家」経産省若手プロジェクト(著)
●定員:16名
 ※どなたでもご参加頂けます
 ※販売や勧誘等を目的としたご参加はご遠慮ください
 ※終了後、希望者のみで懇親会を予定しております
●主催:親子の休日革命
 https://www.facebook.com/pg/holiday.innovation/
----------------------------------------

※※必ず下記のサイトから申込をお願い致します※※
https://holinnovation.peatix.com/


【過去の参加者の声】

普段なんとなく考えていることを真剣に考える時間を持ち、
それをシェアする為に参加しました。
この読書会は他の参加者のアイデアや意見を聞けるのが良いです。
セミナーでは、インストラクションとワーク、まとめ、時間配分、気軽さ、
また参加したい雰囲気が良かったです。
手帳ととい身近な物を実生活で明日から活かせるヒントが得られました。
程よい人数で参加者同士意見交換できるのが楽しい読書会です!
(T.S.さん)

最近環境が変わってきて、不安と楽しさが半々の生活を送る中、「もっと自分を変えたい」と思っていました。この読書会に参加したのは、自分が本を読みたくて言い始めた「社内読書会」を実行に移すための技術を得たかったのと、自分が常に感じている「行動を始める時の恐怖心」を克服する事が目的でした。実際に参加してみて、他の人が読んだ本から得られる知識・視点が自分自身にとても役立つだけでなく、自分の本を読む時に「他の人に疑問に答える」事で集中して取り組む事ができました。失敗しても良いので、堂々と読書会を開催してみようと思えました。これをきっかけに、夢である「自分のビジネス」を持つ為に、小さな行動を積み重ねることで実現に進んだ気がします。
(Tさん)

会社で少し注目され、出世等を意識していましたが、感性だけで過ごしてしまっていましたが、自分の行動のヒントや、必要な知識を身につける為に、読書会に参加してみました。アイデア出しや人の話をよく聞く事を意識する中で、新しいヒントが幾つも見つかりました。アイデアは自分だけでなく、複数で出しあうと面白いものが出てくる事を実感。早速、まずは妻に話をしてみようと思いました。「これからの自分」についても沢山のアイデアを持ち、選択肢を広げていく事で、面白い生き方ができそうです。
(N.Hさん)

臆病なのに時々、あまり考えずに行動を起こして、大抵は失敗する・・そんな自分を変え、積極的に行動を起こせるようになりたいと思い、読書会に参加しました。目的意識を持って本を読むと、読み取れる情報が大きく変わる事や、他の人の視点を借りる事で、自分では気づけなかった大切なことを沢山学ぶことができた気がします。まずは、色々な読書会に参加してみたいと思い、早速次の読書会に申し込みます。このような行動の積み重ねが、積極性に繋がり、そこから得られる経験を通じて豊かな人間になります。
(ニックネーム:ぷっくさん)

自分のこれからの人生をより明るいものにしていくたのめ学びを得たくて参加しました。
Mickey! Nice facilitation! I love Mickey!!
「I love me !」これで自分の人生はハッピーになれそうな予感がします。
楽しみながら学びが得られる場です。
学びを得たいと思っているあなた! 是非ご参加ください!
(K.M. さん)

参加前は、読書会を通じて、行動を起こすにはどうすればよいかヒントを知りたいと思っていました。
読書会を通じて、今まで他人や自分と対話してこなかった(逃げていた)事に気がつけて、とても良かったです。
「どうすれば元良くなるのか」「どうすれば幸せを感じられるのか」を考えること、
そして「不安を感じるからこそ、一歩踏み出す勇気を持てる」という気付きを得られました。
この読書会は普段の生活では考えられない体験ができます!
(ニックネーム:どんちゃん さん)

「目標に向かって行動を起こす」というタイトルに惹かれ、
そのヒントを得たいと思い参加しました。
読書会というものに初めての参加でしたが、
参加者の方の視点(質問)に私の気づかなかった所が沢山あり、
色々な捉え方、考え方が有ることに気付きとても面白いと思いました。
普段、社外の方とのやり取りも多いので、そういった方々とのコミュニケーションの取り方や、
本を読む時の意識が良い方に変わりそうです。
本を殆ど読んでいないのに読んだ気になれる!
沢山の人と一度にコミュニケーションがとれる!
会話を通して相手を知ることができる!
そんな楽しい会でした!
(M. I. さん)

積読になっていた本から学びを得たいと思って参加しました。
(特に、他の人から進められた本を読めていないのはプレッシャーなので・・)
「読んだ!」という達成感は、もしかしたら精読の時とは違うかもしれないけど、
本を課題にし、他の人とシェアする楽しみは、
精読してからほかの人に話す時の内容よりも良い物になったのかも知れません。
質問を通じて、他の人の視点からも読めたので面白かったです。
読んだのがビジネス書だった事もあり、読み取った本の内容をすぐに生かせそうです。
最終的に読書した内容を活かせて、プレゼンのトレーニングにもなって、
コミュニケーションスキルも上がる、
不思議な読書会!!
(新城 晋一郎 さん)

本を相互紹介する読書会ってどんなものだろう?どんな効果をえられるだろう?と、興味を持っておりました。本を紹介する/質問をもらう/回答を探しシェアする、というステップで本を「使える」感覚をつかめたのが面白かったです!またセミナー部分では、ビジネスモデルキャンバスの活用方法をユニークな事例で教えて頂きました。具体化している事から「モデル」を導き出す所で活用して行けそうです。本を使う上で時間の圧縮を起こせる場所でした!
(亀田 智仁 さん)

本の内容を参加者の皆さんとシェアしたくて参加。
他の参加者が持ってきた本も全て読んだ様な気持ちになりました。
コニケーションの大切さを確認し合えたので、
相手の話をよく聞くことから始めます。
この読書会は楽しく本が読めます。
一度に何冊も読めます。
耳から読書ができます!
(ニックネーム:Junchan さん)

知人の紹介で参加しました。
読書会は初参加でしたが、楽しかったです。
特に「本を全部読まない」というところが!
これからは本を選ぶ時の基準(視点)が変わると思ったし、
読み方等、仕事でも活用出来そうです。
「読書会の良さは参加したら分かるので、1回行ってみない?」
と知人にも勧めてみたいです。
(H. Y. さん)

「読書会ってどんなことをするのかな?」と興味があったので参加しました。
他の人の意見から、自分一人では感じないような、本からの学びが有りました。
今日得た気付きをさっそく生かして『自分なりのルール』を決めてみたいと思いました。
同じ本を読んでも、人によって感じ方が違うので、
読書会で人の意見を聞いて参考にするのはとても良いです!
(M. M. さん)

ビジネスモデルをもう一歩踏み込んで使いこなせるようになりたくて参加しました。
ミッキーさん、さすがです!すごかったです!ビジネスモデルキャンバスの使い方が深まりました!!
本の内容をビジネスモデルキャンバスに落とし込んだり、セールスレターを落とし込んだりと、ワークが楽しかったです。
これから、ビジネスモデルキャンバスをたくさん書いて数稽古します!
ミッキーワールド最高です!
(高村 文雄 さん)

自分自身を後押しする為、他の参加者からヒントを貰うために参加したが、
予想以上に、他の方から大きな気づきを頂くことができた。
早速、今日から実践して行きたい。
まずはTry!
(中村 聡伸 さん)

他の人の本の読み方を知りたいと思い参加しました。
色々な本を読めると良かった。
今日得たヒントを今後に生かしたいです。
「とても自然に楽しめる読書会」としてオススメです。
(田中 孝 さん)

現在の目標である読書会を開くためのヒントを得たいと思い参加した。
皆さんいろいろな目標があり、興味深かった。
「目標を持る⇒行動にうつす」という時に、
今日の気づきをいかせいると思う。
行動をおこすためのヒントを得たい人にオススメです!
(中村 英正 さん)

自分の持ってきた本を深く理解できて良かったし、
時間管理も厳しすぎなくて良いですね。
行動宣言しましたので、今日得た物を必ず活かします!
「何かを始めたい! 行動したい! ならうってつけ!」
知りたいこと、解決したいこと、1冊の本だけでなく
皆にきいたり、沢山の著者に聞いたほうが良くない?
(古沢 仁志 さん)

一番最後にやった、自分が今持っている問を立て、それに対してまわりの人の本から、その人が選んだキーワードをもとに答えを得る、というワークがとてもためになりました。ゼロベースで問に対する答えを得られた気がします。
これは、これからの実生活の中でバッチリ活かせそうです。
自分の小さな成功体験が”型”になってくる、ということを学べたので、これを応用していろんなことにアクションを起こし、成功体験を大きなものにしていきます!
この読書会は「自分ってこんな成功体験をもっていたんだ・・」と気づきをえられる、いいチャンスです!!
(土井 絢香 さん)

参加型なので、様々な方と意見交換ができたのが良かったです。
お互いを尊重しあう風土ができていましたし、
気づきが沢山ありました。
コミュニケーションを大切にして行きたいと思います。
この読書会は、自分にとって新しい気づきがあったり
普段の生活では会わないお仕事や体験をしている人と会えて良いです。
(野澤 裕紀子 さん)

自分の質問に他の人が答えるのは非常に面白かった。
今日得られたアイデアを即使います!
課題解決法を必ず見つけられる読書会だよ!
(國井 誠 さん)

他者の視点が入って、自分の中にあった問への答えが引き出される感覚がおもしろく、楽しかったです。
これからも、問を持って物事に取り組んでみたら面白そうだと思いました。
この読書会は2時間強で、参加人数分の本を読んだ感じになれるよー!
(ニックネーム:ポテコ さん)

これまで毎回、初参加の方をお迎えして開催してきております。
どなたでも安心してご参加ください。

お会いできるのを楽しみにしております!!

※※必ず下記のサイトから申込をお願い致します※※
https://holinnovation.peatix.com/



関連リンク


ファシリテーター

宮木 俊明

ミヤキ トシアキ

Profile

行動家

2009年から一貫して、商社的な立場からのライフサイエンス研究支援として、
製薬企業や大学の研究者のサポートを行っている。
営業担当として3年連続トップ営業を達成した他、
新サービスの企画立案、新規事業開発や、スタートアップの創業〜代表取締役も経験。
経産省主催のイノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator 2016」にてイスラエル派遣メンバーに選抜された。
2017年、子育てリソースシェアリング「親子の休日革命」プロジェクト開始。

自身の経験を活かした、読書、起業、ランニング等々に関連した
セミナー/ワークショップ、及び個人セッションを開催中。
30-40歳代のビジネスパーソンを中心に年間150人以上が参加し、新しい一歩を踏み出している。

これからも、読書会を通じて、過去の延長線上にはない新しい行動を、多くの皆様と共有していけたら幸いです☆

キャッチコピー

読書会を通じた楽しい学びと実践を
皆様と分かち合うべく
「目標に向かって行動を起こす読書会」
「ランニング読書会」等を継続開催中。
年間に150名以上の方にご参加頂いております☆

このファシリテーターに問い合わせる
https://holinnovation.peatix.com/ よりお申し込み、お支払いをお願い致します。
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.