新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
「孤独」から生まれる「あなたの使命 あなたの仲間」

2月1日 19:10〜21:10

大阪府

大阪市内
参加される方にご連絡いたします。

開催者:村上 英範


参加費(会場諸経費等・当日現金払い) 料金:3000円 

あなたを再創造(リクリエーション)する学び場vol.1

『「孤独」は消せる。』読書会

「孤独」から生まれる「あなたの使命 あなたの仲間」

・働き方改革
・100年ライフ
・第4次産業革命

あなたはどのように考え、
行動されているでしょうか?


毎日いろいろな議論がなされていますが
一歩、踏み込むと
このように表現できませんでしょうか。


「あなたは何のために生きていますか?」


・とにかく忙しく流れる時間
・当り前のルール、引かれたレール
・かつてない情報の大洪水

つい流されがちになりますが
主体的に、判断軸を持つことが
いっそう求められています。

あなたが自分自身の人生を
どのようにつくっていくか
その在り方が問われています。


それには

「あなた自身の使命」

を見つけることが
とても大切ではないでしょうか。

そして
共にする「あなたの仲間」

に出会い結束することが
重要になるのではないでしょうか、


今回の読書会ではこのテーマを
皆さんと共に深めていきます。


『「孤独」は消せる。』

 吉藤健太朗(著)


著者の吉藤健太朗氏は

「孤独を解消すること」

を人生の使命とし

「ロボットコミュニケーター」

というこれまでにない価値を創造し

仲間と共に歩まれています。


■本書について
------------
生き方に、正解はない。
3年半の不登校経験から世界最大の科学大会で栄冠に輝き、
ロボット研究者になった著者が挑む、孤独の解消法。

11歳から14歳までの3年半、不登校やひきこもりを経験し、
生きることが辛いほどの孤独に苦しめられた吉藤健太朗。
中1の夏、ふとしたきっかけで出場することになった
ロボットコンテストで奇跡の優勝を果たす。

師匠と呼ぶ先生との出会いを経て高校に進学後は、
画期的な車椅子の発明から世界最大の高校生の科学大会
「Intel ISEF」でみごと栄冠に輝く体験をすることに!
ところが……。

それまでの辛い経験、努力が報われたことや、
栄えある受賞の誇らしさを感じながらも、
猛烈に湧き上がってくるのは
「自分は何のために生きているのか」という
強烈な不安感だった。

黒い白衣に身を包み、分身ロボットの開発や
ALS患者のコミュニケーション技術の研究で
国内外から注目されるロボットコミュニケーターによる、
初めて胸の内を綴った書き下ろしノンフィクション。

人生のいろいろな壁を、常識破りやクレイジーと
言われる方法で突破しながら、
"理論"ではなく"感覚"でロボットを研究する
筆者の思考回路、発想法が詰まった、
自分のあらゆる可能性の扉を開きたくなる1冊
------------


「あなたの使命」

「あなたの仲間」

これらを深めていくために
若くして第一人者である方の
研究実績や知見・感性を追体験し、
自分自身に落し込んでいくことが
新しい時代に適した視座を
得ることに繋がるのではないでしょうか。

(ここが大切なポイントだと考えます。)


私も本職は同じエンジニアです。
本書のテクノロジーをフォローしながら
学びの場をファシリテーションします。


皆さんの答えは、
本書と参加される皆さんとの
交流の中で生み出します。
皆さんと創り出す「場」から
生まれるアウトプットは
一人では得がたいものです。

難しいことをするのでは?
自分にできるかな?と
お思いになるかもしれませんが、
ご安心ください。

丁寧に心地よい場を目指しますので
リラックスして楽しく学んでいただけます。
一人では読むのが難しい本
いつもは避けがちな本を
仲間と共に読んでいくという体験をいただけます。


○「働き方改革」や「100年ライフ」に
 主体的に、自分軸で取り組めるようになりたい

○「今の仕事」や「今の生活」のなかにも
 新しい使命を見い出し、
 充実した日々に変えていきたい

○新しいパートナーや応援者とつながりたい

○「何のために生きているか」を
 仲間と共有し、深めていきたい

○視座を変容し、判断軸を身に付け
 「未来」を描いていきたい


「あなたの使命 あなたの仲間」に出会い
これからの人生を主体的に歩んでいきませんか?

あなたのご参加をおまちしております。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
 
開催概要:
 
○日時:
 2018年2月1日 (木) 19:10~21:10
 (19:00受付)
 進行に応じて、30分ほど延長がございます。

■会場:
 大阪市内。
 参加される方にご連絡いたします。

■持ち物:

 課題本:

※本は必ず準備いただき、お持ちください。
  紙の本を推奨します。

 『孤独は消せる。』
  吉藤健太朗 (著)
  サンマーク出版
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476313566X

 ※事前に読む必要はありません。
  イベントを通して読みます。

■参加費: 3,000円
 (会場諸経費等・当日現金払い)

■定員: 6名


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
 
読書会スタイル:
 
①事前に本をお読みいただく必要はありません。
イベントでの読書体験をお楽しみください
 
②本のすべてを読むことはせず
 楽しいワークショップで主体的な読書をします。
(イベント後に通読を試されると、
 より効果を実感いただけると思います。)
 
③参加者との交流を通して、
一人では得がたい気づきと学びを得られます。
 
④不思議な読書法をすることもあります。
自分の思考の枠から飛び出し「やってみたい!」
と一緒に楽しめそうでしょうか♪(?)
 
⑤親しみやすさと心地よさを目指しています。
 どなたでも安心してご参加いただけます。
初めてご参加の方、女性の方も多く
 サイエンスやテクノロジーを学ぶきっかけに
 されています。
 
キャンセルについて:
 
原則は開催日の2日前までとさせてください。
当日のキャンセルや無断での欠席は
やむをえない状況を除き、お控えください。
 
①キャンセル待ちの方を含め
 多くの方にご参加いただきたいです。
 
②お座席確保や諸経費など主催者側での
負担となります。
収益性のないイベントのため
 ご理解をお願いいたします。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
 
村上 英範 (むらかみ ひでのり)
 
Read For Action認定リーディングファシリテーター
サイエンスファシリテーター™
レゾナンスリーディング社認定レゾナンスファシリテーター
BMIA認定ジュニアコンサルタント
 
広島大学工学部卒。メーカー勤務のエンジニア。新事業の開発プロジェクトリーダー。相互研鑽を目的に社内勉強会を3年間推進、読書クラブを運営し1年で100冊の書評を記した。2016年から社外での技術セミナー講師も務める。

第3子誕生時の育休体験を機に心から家族に寄り添えようになる。父親としての成長を志し、年間250冊の読書で自身を鍛える。リビングで学ぶ姿を見た子ども達も自然と本が好きになり、共に学習する環境が生まれる。科学に夢中になった長男と切磋琢磨するなかで、高校時代は大の苦手であった科学の楽しさに気付き、サイエンスファシリテーターとして活動をスタートする。科学やテクノロジーの本で読書会を主催。初年度の20回で延べ100名を動員。2017年10月には神戸市の科学館で親子読書会を開催。宇宙をテーマに大人と子どもが共に学ぶ場を生みだした。小3の長男も自身の読書会に参加するようになり、親子で未来を創り始める。

仕事と家庭とパラレルキャリアを並立。
親と子と科学をむすび、未来を創る活動を行っている。 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●




ファシリテーター

村上 英範

ムラカミ ヒデノリ

Profile

メーカー勤務のエンジニア。役割は新事業領域拡大の開発プロジェクトリーダ。企画立案、製品設計、プロジェクト管理を遂行。
その傍ら、相互研鑽を目的に部内勉強会を3年間推進。社内SNSを活用した読書クラブを運営し1年で100冊の書評を記した。2016年から技術者向け社外研修の講師を務める。

大切なものは家族。3児の父。第三子出産時に育休を体験、心から家族に寄り添うことの大切さを体感する。父親・人間としての成長を志し、年間250冊超の読書で自身を鍛える。リビングで学ぶのが習慣で、その姿を見た子ども達も自然に本が好きになり、一緒に勉強をしている。長男は私の読書会にも参加。

リーディングファシリテータとなった1年目に20回の読書会で、のべ100名を動員。サイエンス・テクノロジーをテーマとした読書会を毎月開催し、地域の科学館でサポータを対象に読書会を実現。共同で親子ワークショップに展開中。

キャッチコピー

読書会を始めて「パパ、かっこいい!」と応援してもらえました。子ども達のこの想いを初心とし、「知」と「こころ」を結び、未来への「行動」を生み出せる読書会を、皆さんと一緒につくっていきます。

このファシリテーターに問い合わせる
満員御礼!!
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.