新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
知識ゼロで話題のイノベーション理論を学ぶ!書籍「ジョブ理論」が楽しく学べる“あすよみ読書会”

2月23日(金) 19:00〜21:00

東京都

港区六本木1丁目3−41
アークヒルズサイド1階にあるFACE(フェイス)
会場案内

開催者:宮木 俊明


参加費 料金:1000円 

~ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶブックランキング第3位!イノベーションの代名詞クリステンセン教授の最新本を2時間で読破〜

突然ですが、新規事業が失敗する最も大きな原因は何でしょうか?

それは、「顧客が欲しくないモノやサービス」を作ってしまうことです。

世の中には「売れない新製品」や「鳴かず飛ばずで終了したサービス」で溢れかえっています。

どうしてこうなってしまうのでしょう。

「それは『顧客のジョブ』を掴めていないからである」

これが、書籍「イノベーションのジレンマ」で有名なイノベーション研究の大家、クレイトン・クリステンセンの出した最新の答え「ジョブ理論」なのです。

例えば、あなたがホームセンターでドリルを選んでいる場面を想像してみてください。

あなたがドリルを買う目的はいったい何でしょうか?

「ドリルを買う人が欲しいのはドリルではなく『穴』である」というマーケティングの世界で古くから使われている格言があります。

つまり、顧客のジョブとは「穴を開けること」なのです。

ところが、実際の製品開発や新規事業構築の現場では、ついつい「ドリル」に目も心も奪われてしまい、ドリルの機能やデザイン、値付けや販売方法等々の「顧客を置き去りにした議論」が横行してしまいがちです。

これが、「売れないモノやサービス」の量産という現実につながってしまっているのです。

このような失敗をおかさないためにも、クリステンセンの最新刊「ジョブ理論」を読み解き、ビジネスのやり方を変えていきませんか?

事前の知識や経験がなくても、会社帰りのたった2時間で楽しくおしゃべりしながら、最新のイノベーション理論である「ジョブ理論~イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム」を一緒に学びましょう。

「あすよみ」では、毎回、テーマに合った本を様々な手法を用いて、みんなで読んだり楽しくおしゃべりする最新の共創学習メソッドをベースにしたユニークなワークショップ型の読書会を開催しています(読書会以外もあります)。

「あすよみの読書会」についてはこちらをご覧ください。
http://www.asuyomi.com/pages/1008214/blog

ぜひあすよみの読書会にお越しください(本を忘れずに!)。

お申込みは必ずPietixからお願い致します!
http://asuyomi20180223.peatix.com

■イベント概要

日時:2018年2月23日(金)19:00~21:00(18:40 受付開始)

場所:〒106-0032 東京都港区六本木1丁目3−41
   アークヒルズサイド1F
   Face(フェイス)
   六本木一丁目駅 3番出口徒歩3分
対象:新規事業を成功させる「顧客目線」を手に入れたい方
   漠然としたアイデアを「ウケるソリューション」へと進化させたい方
   商品やサービスの企画や開発に携わっている方
   イノベーションに興味関心のある方
   デザイナーの方
   
定員:15名(定員になり次第締め切りとなります)

参加費:1,000円(お菓子付き)
    ※お釣りのないようにご準備ください(当日会場にてお支払いください)

持ち物:書籍「ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム」
    https://www.amazon.co.jp/dp/4596551227/
    ※電子書籍よりも紙媒体の方をお勧めします

注意点:ワークショップ形式での開催という特性上、
    また、受付での混雑が予想されるため、
    遅刻されないように時間に余裕をもって会場に
    お越しください

    開催日もしくは直前でのキャンセルのないように
    スケジュールを調整の上、ご参加ください。

    勧誘や販売目的のご参加はご遠慮ください

    PRのため当日の様子を撮影いたします

主催:あすよみプロジェクト
   http://www.asuyomi.com/


【過去の読書会参加者の声】

読書会が初めてだったので、どの様な楽しみがあるか知りたいと思って参加しました。
1つの本をじっくりと読み込むのではなく、事前に読んでくるのでもなく、それなのに、未読の本を2分しか読まないで、発表ができてしまうという、驚きの読書会でした。
目的意識の大切さに改めて気付き、意識し続けるために紙に書いて貼ろう!と思いました。
読書会というと、本を「読む」ものだと思うけど、もっと気軽な読書会(?)です!
(N.K. さん)

本の内容を参加者の皆さんとシェアしたくて参加。
他の参加者が持ってきた本も全て読んだ様な気持ちになりました。
コニケーションの大切さを確認し合えたので、
相手の話をよく聞くことから始めます。
この読書会は楽しく本が読めます。
一度に何冊も読めます。
耳から読書ができます!
(ニックネーム:Junchan さん)

知人の紹介で参加しました。
読書会は初参加でしたが、楽しかったです。
特に「本を全部読まない」というところが!
これからは本を選ぶ時の基準(視点)が変わると思ったし、
読み方等、仕事でも活用出来そうです。
「読書会の良さは参加したら分かるので、1回行ってみない?」
と知人にも勧めてみたいです。
(H. Y. さん)

「読書会ってどんなことをするのかな?」と興味があったので参加しました。
他の人の意見から、自分一人では感じないような、本からの学びが有りました。
今日得た気付きをさっそく生かして『自分なりのルール』を決めてみたいと思いました。
同じ本を読んでも、人によって感じ方が違うので、
読書会で人の意見を聞いて参考にするのはとても良いです!
(M. M. さん)

毎回「初参加」の方をお迎えして開催してきておりますので、
どなたでもお気軽にご参加下さいね☆

お申込みは必ずPietixからお願い致します!
http://asuyomi20180223.peatix.com



関連リンク


ファシリテーター

宮木 俊明

ミヤキ トシアキ

Profile

行動家

2009年から一貫して、商社的な立場からのライフサイエンス研究支援として、
製薬企業や大学の研究者のサポートを行っている。
営業担当として3年連続トップ営業を達成した他、
新サービスの企画立案、新規事業開発や、スタートアップの創業〜代表取締役も経験。
経産省主催のイノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator 2016」にてイスラエル派遣メンバーに選抜された。
2017年、子育てリソースシェアリング「親子の休日革命」プロジェクト開始。

自身の経験を活かした、読書、起業、ランニング等々に関連した
セミナー/ワークショップ、及び個人セッションを開催中。
30-40歳代のビジネスパーソンを中心に年間150人以上が参加し、新しい一歩を踏み出している。

これからも、読書会を通じて、過去の延長線上にはない新しい行動を、多くの皆様と共有していけたら幸いです☆

キャッチコピー

読書会を通じた楽しい学びと実践を
皆様と分かち合うべく
「目標に向かって行動を起こす読書会」
「ランニング読書会」等を継続開催中。
年間に150名以上の方にご参加頂いております☆

このファシリテーターに問い合わせる
http://asuyomi20180223.peatix.com よりお申し込み、お支払いをお願い致します。
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.