新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
本に囲まれた豊かな空間で、お酒も交えながら今の自分に必要な本を選ぶ読書会

07月11日 19:30 - 21:30

東京都

品川区東五反田1-2-43
ハウス島津山1階
会場案内

開催者:堀越 吉太郎


支払い方法:  当日現金払い  銀行振込
お酒を飲みながら、自分にぴったりな本が見つかる読書会(税込一般価格) 料金:3240円 
お酒を飲みながら、自分にぴったりな本が見つかる読書会(税込会員価格) 料金:0円 

・お酒を飲みながら(コーヒーやお茶もあります)、自己紹介(必ず本に関する紹介を入れる)、その自己紹介を元に、フォルケ店長の堀越吉太郎が、各自に選書をします。選書した本は、買っても買わなくてもいいです。

・「選書する書店フォルケ」の
月額会員に関しては以下をご覧ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/62605

「選書する書店フォルケ」がテレビでも紹介されました。
http://www.bs-asahi.co.jp/teibantimes/lineup/prg_149/

THE MANZAIでは第1回(2011年大会)・第2回(2012年大会)の2度認定漫才師に選ばれ、2年連続で決勝に進出。第2回では見事優勝を果たしたハマカーン(浜谷 健司氏&神田 伸一郎氏)とHKT48の指原莉乃さんをはじめてとして、小嶋陽菜さん、トレンディエンジェルのたかしさん、武井壮さん、とにかく明るい安村さんなどが大ファンだと公言している身長181センチで、アイドル一背の高い熊井友理奈さんも絶賛したフォルケの選書と読書術をぜひご体験ください。

・なぜあなたは、正しいとわかっていても行動できないのか?

成功するか、しないかは、行動するか、しないかにかかっています。

しかし、多くの人は、行動ができない。

情報は、ネット上に山ほどあります。

1500円の本に、人生を変えるほどの情報量があります。

誤解を恐れずにいえば、経営コンサルタントとは、無料のネットの情報や1500円の本で得た知識で、何十万円ものお金を得る仕事ともいえます。

しかし、経営コンサルタントの一番の仕事は、人をやる気にさせることです。

残念ながら、知識で人を変えることは、できません。

人は、行動して、初めて本当に変わることができます。

経営コンサルタントやコーチの最大の仕事とはつまり、クライアントのけつをたたいてあげることなのです。

そのために、お金を払っているとも言えるし、お金を払う価値があると言えます。


・人生を変える3つの方法

大前研一さんは、
「人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること」

と言います。

神田昌典さんは、
「三つの出会いが人生を変える。一つは人との出会い。二つは本との出会い。そして三つ目は、テープ・CDとの出会い」

と言っています。

私は、「人生が変わるための3つの方法」を

1.読む本を変えること
2.出逢う人を変えること
3.実践すること

と考えています。

選書する書店フォルケは、あなたの人生を変えるために上記の3つを提供します。


私の愛読書「論語」の中にも、以下のように、行動を重んじる言葉が数多く出てきます。

「子の曰く、先ず其の言を行い、而して後にこれに従う」
孔子先生が言われた。まず其の言おうとすることを実行してから、後でものを言うことだ。

「子の曰く、君子は言に訥にして、行に敏ならんと欲す」
孔子先生が言われた。君子は、口を重くしていて、実践には敏捷でありたいと望む。


日本は、変化の時代には必ず、本を読みます。

戦後すぐの1947年、岩波書店前には、
西田幾多郎全集に3日間徹夜の行列ができました。

明治維新前後に、
適塾や松下村塾がやっていたことは、要するに読書会でした。


・選書する書店フォルケのコンセプト
「人と人が出会い、人が本と出会い、人を成長させる優れたコンテンツの提供 」本を贈り物、コミュニケーションツールとして、人と人との”つなぎ目”とすることを目指しているのが、選書する書店フォルケです。

・本は売らない。”選書する書店フォルケ”というビジネスモデル

”選書”という言葉はご存知でしょうか?

「多くの書物の中から目的に合うものを選び出すこと」と定義されています。

年間8万冊出版される本を全て読むことはできません。なので、フォルケでは置けるだけ本を置こうとは思っておりません。

文学オタクである私や、本を愛して止まない同士や著名の作家さんに、コンセプトを持って選書してもらうことで、厳選された本だけを置く本屋にしました。

選書された本は全て読み放題。

そして、本屋に置いてある本は要点がわかりません。選び方もわからないのであれば、買う気も失せてしまいます。

だからこそ、本を愛してやまない”選書オーナー”がオススメした本の、その本のどこが重要なのかが分かるように本に説明書きをつけます。

・選書する書店フォルケの選書サービスとは
急に”選書”と言われてもイメージがわきづらいのは承知の上です。

だからこそ「世界一熱い、肉食系文学オタク」で「選書する書店フォルケ」の店長から、早速1冊本を紹介させてください。

現在では、ほとんど読まれていませんが、かつて多くの日本人を成功させた書物。

内村鑑三氏の「後世への最大遺物」という本です。


選書する書店フォルケは、後世への最大遺物である、
・ お金
・ 事業
・ 思想(本を書くこと、教えること)
・ 勇ましい高尚なる生涯
を求める人のための書店です。

「勇ましい高尚なる生涯」は考え方を変えるだけで誰にでもできます 。そうあなたにも必ずできます。

この作品は内村氏が、キリスト教の夏期学校で講演した内容をまとめたものでした。

元々が講演の内容ですので、非常にわかりやすいです。

「後世への最大遺物」の内容は、「この世の中を、私が死ぬときは、私の生まれたときよりは少しなりともよくしてゆこうじゃないか」というものです。

そのためには、死んだ後に、何を残すのかが重要となります。

後世への最大遺物の
1つ目は、お金です。
2つ目は、事業です。
3つ目は、思想(本を書くこと、教えること)です。
上記は、全て才能のなせるわざです。
誰にでもできて、一切害のない後世への最大遺物は、「勇ましい高尚なる生涯」です。

これこそが、後世の人間に生きるための希望と勇気を与え、進むべき方向を指し示してくれるのです。

この本を読んだ人の中から、志を立てて多くの人が成功しました。また、内村氏と同じようにキリスト教徒になった者も少なくなかったと言います。

それぐらい読んだ人の人生を変えて来た本なんです。 興味のある方はぜひ読んで見てください。

ありがたいことに現在では、AmazonのKindleや青空書店で無料で読めます。

AmazonのKindleは、スマホやパソコンから無料でダウンロードできます。

実際に読んでみて、よければ大切な人や将来性のある人にもすすめてみてください。

今の日本にもっとも必要な書物だからです。

「後世への最大遺物」内村 鑑三 (著 )

無料のKindle 版と青空文庫版で読めます。

これが”選書”です。


私は、本屋の仕事は本を売ることだとは考えていません。

本を人と人がつながるコミュニケーションにする為のツールだと考えています。

・選書する書店フォルケの「お酒を飲みながら、自分にぴったりな本が見つかり、実践できるようになる読書会」

選書する書店フォルケの「お酒を飲みながら、自分にぴったりな本が見つかる読書会」では、選書する書店「フォルケ」でお酒を飲みながら(コーヒーやお茶もあります)、本の話をしながら、私が実際に選書をすると言うものです。

・お酒を飲みながら(コーヒーやお茶もあります)、自己紹介(必ず本に関する紹介を入れる)、その自己紹介を元に、フォルケ店長の堀越吉太郎が、各自に選書をします。選書した本は、買っても買わなくてもいいです。

■タイムテーブル
19時30分から21時30分くらい

■料金
飲み放題付き
通常料金:3,240円(税込)
フォルケ会員の方:無料

■セミナー会場
会場名:選書する書店フォルケ
住所:品川区東五反田1-2-43 ハウス島津山1階
アクセス :
高輪台駅から徒歩3分、五反田駅東口から徒歩5分ぐらいです。
五反田駅東口から、桜田通りを高輪台駅方面へ歩き、「幸福の科学の本部」が見えたらその3軒先。

■選書する人
堀越吉太郎(選書する書店「フォルケ」店長)

「選書する書店フォルケ」がテレビでも紹介されました。
http://www.bs-asahi.co.jp/teibantimes/lineup/prg_149/

THE MANZAIでは第1回(2011年大会)・第2回(2012年大会)の2度認定漫才師に選ばれ、2年連続で決勝に進出。第2回では見事優勝を果たしたハマカーン(浜谷 健司氏&神田 伸一郎氏)とHKT48の指原莉乃さんをはじめてとして、小嶋陽菜さん、トレンディエンジェルのたかしさん、武井壮さん、とにかく明るい安村さんなどが大ファンだと公言している身長181センチで、アイドル一背の高い熊井友理奈さんも絶賛したフォルケの選書と読書術をぜひご体験ください。

選書する書店フォルケの「お酒を飲みながら、自分にぴったりな本が見つかる読書会」選書する書店「フォルケ」でお酒を飲みながら(コーヒーやお茶もあります)、本の話をしながら、私が実際に選書をすると言うものです。

「お酒を飲みながら、自分にぴったりな本が見つかる読書会」では、私、堀越吉太郎が、年間300冊以上の読書、年間200回以上の研修、セミナー、イベント、見学会参加、年間50回以上の日本全国の商工会議所、商工会等を中心にした講演活動、年間予算数百万円を投資する高額講座、コンサルティングの中で学んだこと、気づいたことをお伝えしていきます。



関連リンク


ファシリテーター

堀越 吉太郎

ホリコシ キチタロウ

Profile

東京都生まれ。Think&Do株式会社代表取締役、カラダ・バランス歯科協会事務局長、くろさき歯科事務長、選書する書店フォルケ店長。

年間3000万円以上の利益が出ている上場企業(株式会社フィットなど)、業界ナンバー1企業(辻・本郷税理士法人など)及び、エッジのたった圧倒な個性とビジョンのある経営者(自費率85%のくろさき歯科など)専門の経営コンサルタント。

月に4、5回の商工会議所、商工会等での全国講演 、KADAKAWAなどから書籍を5冊出版 、プレジデント社の雑誌など連載3本 。

独自の速読術で、単行本を1冊20分で読破、年間300冊以上の書籍を読む生活を15年以上続けている。

キャッチコピー

五反田にある「選書する書店フォルケ」店長の堀越吉太郎です。⽣きる勇気を古典⽂学と古典映画からもらいました。一人でも多くの方に、古典の良さを伝えたいと思い、書店を始めました。

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.