新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
生き残り戦略を練る読書会 VOL.3「教養としての哲学」すぐには答えが出ない課題に対する生き残り戦略

11月17日 14:00~16:00

愛知県

名古屋市千種区千種通7-25-1

会場案内

開催者:酒巻 秀宜


参加費 料金:3000円 

今後、生きていくうえで対応が必要だと思われる
テーマを選んで「シリーズもの」の読書会をしていきます。
まずは3回分企画しました。

10/28 VOL.1 「LIFE SHIFT」~人生100年時代の生き残り戦略~
11/7 VOL.2「AIとGAFA」 ~AI・テクノロジーに対する生き残り戦略~
11/17 VOL.3「教養としての哲学」すぐには答えが出ない課題に対する生き残り戦略

シリーズものとはいっても、どの回からでも
参加できます。知りたいテーマ、自分に必要だと思うテーマの
読書会にご参加ください。

3回分の読書会が終了したその先は、参加者のみなさんから
出た意見をもとに、どんなテーマがいいかを決めていきたいと
思っています。

時代の変化は大きく、そして早い。
闇雲に進んでいては方向を間違い、立ち往生してしまう。
生き残るためにはしっかりとした戦略が必要です。

よく目にするし、耳に入ってくるキーワード
「人生100年時代」「AIで消える仕事」「社会人の教養」・・・
自分以外の人はそれらに対してどう考えていて、どんな行動を
取っているんだろう?そんな疑問をお持ちのあたなに贈ります。

あらかじめ主催者によって決められたテーマの読書会へ
参加するだけでなく、参加者であるあなたが創り上げていく
読書会。一緒に創り上げ、成長させていただけませんか?

【教養としての哲学】

これからどうなるか予測がつかない世界に対応するためには、
どんなことにも応用の利く幅広い知識、つまり教養が重要です。

教養を身につけるなら哲学が最適だと考えます。

しかし、ヘーゲルの「精神現象学」やカントの「純粋理性批判」など
難解な哲学書にいきなり当たるのは得策ではありません。
仕事や日々の生活に活かせる哲学の考え方、困難な問題へのアプローチの仕方を
まずは哲学入門書を題材にして取り組んでみましょう。

【こんな方におススメです】
「いつもの生活や職場では出会えない人」
「思いもよらない考え方」に触れることで、変化を感じたい方
「知と人との交流」に興味がある方

【こんな心配は無用です!】
「読書好きじゃないと参加できないんじゃ?」
「事前に本を読破しておかないといけないんですよね?」
「課題本が、読みたい本じゃないしなあ」

【参加者との交流と展開事例の一部】
読書会を通して、参加者のみなさんと多くの素敵な出会いがあり、
その後の交流が続いている方も多いので、その一部をご紹介します
・私の読書会に参加したことがきっかけで自らも「読書会ファシリテーター」となった方が2名。
 その方が定期的に開催する読書会の参加者からも、ファシリテーターが誕生!「子」から「孫」へとネットワークが広がっています。
・発起人をつとめておられる「経営者交流会」への入会など新たなつながりが得られています。
・東京からの出張時に参加していただいた女性の、名古屋での講座開催!
すでに二回開催し、第三回も11月開催決定!
・お互いの得意分野を持ち寄って「コラボ講座」を企画することができました。
・東海圏以外のファシリテーターの読書会を企画し、関東や四国からご招待することができました。
・過去参加者限定の「交流会イベント」を半年に一回のペースで開催しています。次回は「ボジョレー解禁」に合わせて開催予定!

【開催案内】

生き残り戦略を練る読書会
VOL.3「教養としての哲学」すぐには答えが出ない課題に対する生き残り戦略

日時:11月17日(土)14:00~16:00
参加費:3,000円
持ち物:哲学に関する本 1冊 ※電子書籍は不可
※参加歴がありスタンプカードをお持ちの方は持参ください

どんな本が良いかわからない方は、下記のいずれかをお選びください。

「武器になる哲学」山口周
「使える弁証法」田坂広志
「世界のエリートが学んでいる教養としての哲学」小川仁志
「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」小林昌平

【どんな人が主催している?】
進行役(ファシリテーター):酒巻秀宜

2015年3月に読書会ファシリテーターの資格取得。
2018年9月現在、名古屋で60回以上の読書会を開催。
参加人数はのべ350人以上。

2017年9月には「LIFE SHIFT」読書会でNHKの
取材を受ける。その模様はこちら?
https://great-jinzai.com/?p=2508

ドラッカー名著集(いわゆる赤本)全15冊を読破
していることはもちろん、「明日を支配するもの」
「ネクスト・ソサエティ」「プロフェッショナルの原点」
などダイヤモンド社発行の関連本を含めても、
ドラッカー本の8割以上を読んでいる。

読書会進行方法の基礎となっている加速学習法
「フォトリーディング」を使い、
年間150冊~200冊の本をノンジャンルで読む。

本業は人事・採用コンサルタント。
成果をあげる人事・採用担当者のためのブログ
https://great-jinzai.com/

「採用する側」として10年のキャリアと1,000人以上の面接経験を持つ。
「採用される側」でも5回の転職経験と300社以上の面接を受けている。
この「ハイブリッド型」の豊富な経験を持っていることが、
「知識だけ」「調査しただけ」のものでない「リアルな現場」
体験をもたらす。自らが実践し成果を上げた方法だけをお伝えし、
人事・採用担当者の成果に貢献します。
読書会ファシリテーター歴3年、糖質制限歴6年、名古屋在住9年の大阪人。

【申し込み方法は?】5通りあります。
①FBイベントページで「参加」ボタンを押す
https://www.facebook.com/events/488853488261886/
②「こくちーず」から申し込む(ページ右および下部の申込みボタンより)
https://www.kokuchpro.com/event/fd8c8a6541ae1fe30204dffa154fdd9c/
③untrue76@gmail.comあてに件名「11/17 読書会参加希望」
本文にお名前をお書きになってお送りいただく 
④「Read For Action」ウェブサイトからお申込みいただく
⑤ジモティー
https://jmty.jp/aichi/eve-work/article-alcjk
「投稿者にメールで問い合わせ」から
参加希望の旨とお名前とメールアドレスを送信

【開催内容のおさらい】

生き残り戦略を練る読書会
VOL.3「教養としての哲学」すぐには答えが出ない課題に対する生き残り戦略

日時:11月17日(土)14:00~16:00
参加費:3,000円
持ち物:哲学に関する本 1冊 ※電子書籍は不可
※参加歴がありスタンプカードをお持ちの方は持参ください

どんな本が良いかわからない方は、下記のいずれかをお選びください。

「武器になる哲学」山口周
「使える弁証法」田坂広志
「世界のエリートが学んでいる教養としての哲学」小川仁志
「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」小林昌平

開催場所:タスクール
https://task-school.com/access/
住所:名古屋市千種区千種通7-25-1

公共交通機関:地下鉄桜通線:吹上駅2番出口すぐ)
お車の場合:タスクール専用の駐車場はありませんが、
近隣の駐車場は値段もリーズナブルで非常に便利です。
1日最大500円、2時間で100円といった格安な場所もあります

定員:12名


ファシリテーター

酒巻 秀宜

サカマキ ヒデキ

Profile

人事・採用コンサルタント

「採用する側」として10年のキャリアと1,000人以上の面接経験を持ち、「採用される側」でも5回の転職経験と300社以上の面接を受けています。
この「ハイブリッド型」の豊富な経験を持っていることが、「知識だけ」「調査しただけ」のものでない「リアルな現場」体験をもたらしており、自らが実践し成果を上げた方法だけをお伝えすることで、総務人事担当者の成果に貢献します。

キャッチコピー

2018年1月現在、名古屋で50回以上の読書会を開催。
参加人数はのべ300人以上。2017年9月には「LIFE SHIFT」読書会でNHKの取材を受ける。

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.