新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
2時間半で実践する!『隠れたキーマンを探せ!』すごい 読書会

2019年6月4日 19:30~22:00  

東京都

新宿区四谷(お申込み者にお伝えします)

開催者:渡邊 康弘


読書会(本無) 料金:5000円 

こんにちは、レゾナンスリーディング、
渡邊康弘です。

働き方改革。
人生100年時代。

こうした言葉をよく耳にするようになりましたね。
これらの言葉の由来は、
ロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授。

いまの時代、何が起こっているのか?
それは、時代の変化が激しすぎて、
これまで通用した解決した解決策が通用しない。
どの分野でも、同様のことが起こっています。


かつての成功法が時代遅れになる。

数々のグローバルリーダーを輩出してきた
ハーバード大学の
ロナルド・ハイフェッツ教授は、
『最難関のリーダーシップ』で、
この変化する適応問題に対して、
随時対応できるアダプティブなリーダーが
必要だと述べています。

また、MITスローン経営大学院の
エドガー・H・シャイン名誉教授も、
著書『謙虚なコンサルティング』の中で、
過去に通用した問題解決策法が
もはや通用しなくなった。

問題に対する一時的なベストな解決策を
みなで「合意形成」しながら打ち出す=アダプティブな問題解決策が
求められていることを話しています。

こうした世界は、リーダーシップ、コーチングのみならず、
マーケティング、セールスの世界でも同様のようです。

経営コンサルタント、作家として著名な神田昌典氏が
翻訳をした
『隠れたキーマンを探せ!』でも、
この著者であるブレント・アダムソンが同じことを言っています。


それは、これまで購買の意思決定者が一人であったのに対し、

いまや、二人、いやそれ以上、平均して5.4人に
説得しないといけない時代になったというのです。

そのため、過去販売していたセールス法やマーケティング法が
通用しなくなり、
新しい手法が求められるというのです。


その手法とは、
過去の顧客のメンタルモデルを
新しいメンタルモデルへとシフトさせ、

内部の5.4人の「合意形成」を築く方法だというのです。

社会の新しい変化に対して、
組織は身動きがとれなくなるからこそ、
組織は機能を不全になる。

その機能不全に陥った組織に、
合意形成を促しながら、

新しい道筋を一緒に創り出すことが
どの業界でも求められているのです。

そのために、必要なのは、
コレクティブラーニング(集団学習)。

このコレクティブラーニングを行うには、

原則1 プレゼンテーションだけでなくファシリテーションを必要とする
原則2 鼓舞(ブロンプティング)だけでなく、境界画定(バウンディング)が必要
原則3 リスニングだけでなくコーチングが必要

この中でも、
合意形成を行なえる
「ファシリテーション」が大切だと言っています。



私は、これまで、約10年間にわたり、ファシリテーションを

ビジネスの現場で行ってきましたが、ようやく時代がおいついてきたという

印象を受けます。



だって、これらのことは、もうすでに、行ってきているのですからね。
このコレクティブラーニングで、一番シンプルなのは、
「読書会」「本を通じたワークショップ」。
これが有効なのです。


仕事帰りや土日の午前の2時間半を使って、
今、話題のビジネス書やベストセラーとなった
ビジネス書から、そのエッセンスを学び、「行動」に移す。

読書の「場」からストーリーが生まれる
ワークショップ型読書会
「Read For Action」

今回の一冊は、経営コンサルタント、作家の
神田昌典さんの2022講演ツアーでも解説されていた
『隠れたキーマンを探せ』
を二時間半で学ぶ講座を開催します。

ツアー中、神田さんが話されていた
新メソッド「インサイトファインダー」。

その裏側にある「コマーシャルインサイト」
そして、「インサイトファインダー」の裏側にある背景を
本書から探っていこうと思います。


この読書会を通じて、
いま現場で必要とされている
コレクティブラーニング。

さらにはファシリテーションを体験することができるでしょう。


あなたのご参加をお待ちしております。

==========================
日時:

東京:5月28日(火)
6月4日(火)
大阪:6月17日(月)

19時30分~22時00分
※開場は19時15分を予定しております。
受講料:5,000円
※課題書はご購入の上、ご持参ください。

持ち物:
『隠れたキーマンを探せ』
カラーペン、ノート

ファシリテーター:渡邊康弘
■定員:6名(東京)、10名(大阪)※満員になりしだいキャンセル待ちを致します。

こんにちは、レゾナンスリーディング、
渡邊康弘です。

働き方改革。
人生100年時代。

こうした言葉をよく耳にするようになりましたね。
これらの言葉の由来は、
ロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授。

いまの時代、何が起こっているのか?
それは、時代の変化が激しすぎて、
これまで通用した解決した解決策が通用しない。
どの分野でも、同様のことが起こっています。


かつての成功法が時代遅れになる。

数々のグローバルリーダーを輩出してきた
ハーバード大学の
ロナルド・ハイフェッツ教授は、
『最難関のリーダーシップ』で、
この変化する適応問題に対して、
随時対応できるアダプティブなリーダーが
必要だと述べています。

また、MITスローン経営大学院の
エドガー・H・シャイン名誉教授も、
著書『謙虚なコンサルティング』の中で、
過去に通用した問題解決策法が
もはや通用しなくなった。

問題に対する一時的なベストな解決策を
みなで「合意形成」しながら打ち出す=アダプティブな問題解決策が
求められていることを話しています。

こうした世界は、リーダーシップ、コーチングのみならず、
マーケティング、セールスの世界でも同様のようです。

経営コンサルタント、作家として著名な神田昌典氏が
翻訳をした
『隠れたキーマンを探せ!』でも、
この著者であるブレント・アダムソンが同じことを言っています。


それは、これまで購買の意思決定者が一人であったのに対し、

いまや、二人、いやそれ以上、平均して5.4人に
説得しないといけない時代になったというのです。

そのため、過去販売していたセールス法やマーケティング法が
通用しなくなり、
新しい手法が求められるというのです。


その手法とは、
過去の顧客のメンタルモデルを
新しいメンタルモデルへとシフトさせ、

内部の5.4人の「合意形成」を築く方法だというのです。

社会の新しい変化に対して、
組織は身動きがとれなくなるからこそ、
組織は機能を不全になる。

その機能不全に陥った組織に、
合意形成を促しながら、

新しい道筋を一緒に創り出すことが
どの業界でも求められているのです。

そのために、必要なのは、
コレクティブラーニング(集団学習)。

このコレクティブラーニングを行うには、

原則1 プレゼンテーションだけでなくファシリテーションを必要とする
原則2 鼓舞(ブロンプティング)だけでなく、境界画定(バウンディング)が必要
原則3 リスニングだけでなくコーチングが必要

この中でも、
合意形成を行なえる
「ファシリテーション」が大切だと言っています。



私は、これまで、約10年間にわたり、ファシリテーションを

ビジネスの現場で行ってきましたが、ようやく時代がおいついてきたという

印象を受けます。



だって、これらのことは、もうすでに、行ってきているのですからね。
このコレクティブラーニングで、一番シンプルなのは、
「読書会」「本を通じたワークショップ」。
これが有効なのです。


仕事帰りや土日の午前の2時間半を使って、
今、話題のビジネス書やベストセラーとなった
ビジネス書から、そのエッセンスを学び、「行動」に移す。

読書の「場」からストーリーが生まれる
ワークショップ型読書会
「Read For Action」

今回の一冊は、経営コンサルタント、作家の
神田昌典さんの2022講演ツアーでも解説されていた
『隠れたキーマンを探せ』
を二時間半で学ぶ講座を開催します。

ツアー中、神田さんが話されていた
新メソッド「インサイトファインダー」。

その裏側にある「コマーシャルインサイト」
そして、「インサイトファインダー」の裏側にある背景を
本書から探っていこうと思います。


この読書会を通じて、
いま現場で必要とされている
コレクティブラーニング。

さらにはファシリテーションを体験することができるでしょう。


あなたのご参加をお待ちしております。

==========================
日時:

東京:5月28日(火)
6月4日(火)
大阪:6月17日(月)

19時30分~22時00分
※開場は19時15分を予定しております。
受講料:5,000円
※課題書はご購入の上、ご持参ください。

持ち物:
『隠れたキーマンを探せ』
カラーペン、ノート

ファシリテーター:渡邊康弘
■定員:6名(東京)、10名(大阪)※満員になりしだいキャンセル待ちを致します。




ファシリテーター

渡邊 康弘

ワタナベ ヤスヒロ

Profile

シニア・リーディング・ファシリテーター 、レゾナンスリーディング開発者、
青山学院大学経済学部卒。苦手だった読書を20歳で克服。学んだ知識で大学1年より、数々の事業の立上げに携わる。GMOインターネット、映像制作会社、人材ベンチャー(2016年に上場)などを経て、神田昌典氏のパートナーとして株式会社ALMACREATIONSの経営に参画。
 アジア最大級の読書会「リードフォーアクション」の立上げ、協会設立など数々のプロジェクトに携わった後、独立。レゾナンスリーディングを広げると同時に、コンサルティングや地域活性に取り組む。年間500冊以上洋書を読破し、海外著者との交流会を催すなど、読書文化を広げる活動を行っている。著書、『1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術』サンマーク出版は、日本のみならずアジア各国で、ベストセラーに。翻訳協力に『ビジネスモデルYOU』『イルミネート』がある。

キャッチコピー

『1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術』著者がおくる読書会。年間500冊以上のビジネス洋書を読破しており、その膨大な知識は各界のカリスマからの御墨付。これまでに、述べ5,000名以上参加。

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.