新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
【オンライン】AI時代に生き残れる人材育成のための教育システムとは

2020年5月17日(日) 9:00~11:00

広島県

オンライン zoom開催

開催者:杉本 綾香


初回参加 料金:2000円 
リピーターさん価格 料金:1000円 

読書仲間(高校生)からリクエストを受け、今回のテーマを設定しています。
以下、本人からのメッセージです!
教育について、熱く語り合いたい人、ぜひご参加お待ちしています。

 + + + + +

【課題本】
・AI vs 教科書が読めない子供たち https://www.amazon.co.jp/dp/4492762396
・AIに負けない子供を育てる https://www.amazon.co.jp/dp/4492762507
(どちらか1冊でも可)

【こんな人にオススメ】
・これからの教育のあり方を考えたい
・今の教育システムを変えたい
・学生時代に教育システムに不満を持っていた
・他の人が教育に対してどう考えているのか知りたい
・もう社会人になったが、今からでも自分で考えられる力をつけたい

【きっかけ】
元々AIについて知ろうと思って、たまたまこの本を手に取りましたが、メインは現在の教育の問題点を指摘した本でした。
そこでいち学生として、自分も今の教育システムに不満があるので、
どう変えていくべきなのか他の人の意見も聞いてみたくてこの読書を提案しました。

【思い】
この本によると、〈意味を正確に理解できる〉という意味での読むことができる生徒は現在とても少ないらしいです。
何故ならばほとんどの生徒が意味も理解せず、暗記ばかりしているから。
暗記というのはAIの得意分野です。逆に意味を理解し、考えるというのはAIの苦手分野です。ということは、どんどん機械化されていくこれからの時代、考えることの出来ない人は不要と言う事です。
なので、正確に意味を理解し、自分で考えられる人を育てるにはどうすれば良いのか?それについて議論してみたくてこのテーマにしました!

【この問題について考えるメリット】
この問題について考える事が、〈社会で活躍できる質の高い人材の育成〉や上の言うことを聞いてばかりの〈サイレントマジョリティーを減らすこと〉に繋がると考えています!
また、良い人材を育成することは、これから社会を担っていく人材を育成するということですから、よりよい社会の形成に役立つとも思います!

ご興味ある方、ぜひご参加ください。よろしくお願いします!

【提案者 自己紹介】
◾︎名前:土本駿澄(はやと)
◾︎学年:高2
◾︎好きな本:生命の自覚~よみがえる千島学説~

 + + + + +

【読書会概要】

□テーマ:AI時代に生き残れる人材育成のための教育システムとは

□日 時:2020年5月17日(日)9:00~11:00
□場 所:オンライン zoom開催
※zoomのURLは、参加申し込みがあった方に個別でご連絡差し上げます。
※必ずリマインドメールをお送りします。リマインドメールが届かない場合、迷惑メール設定をご確認ください。もしくは、このアドレス(sgmt914@gmail.com)までご一報ください。

□参加費:初めての方 2000円、リピーターさん 1,000円
※支払い方法は、参加申し込みがあった方に個別でご連絡差し上げます。

□用意してほしいもの
・課題本(どちらか1冊でもOK、未読OK)
  ①AI vs 教科書が読めない子供たち
  ②AIに負けない子供を育てる
・ふせん(75mm×75mmがおすすめ)
・ペン
・好きな飲み物、お菓子

□申込方法:ページ下の緑の申し込みボタンから
□定員:5名

 + + + + +

【ファシリテーター杉本のメッセージ】

不安の多い時代だからこそ、本から生きる知恵を学ぶことはきっと大事。
変化が大きく速い時代だからこそ、未来を見据えた知識が大事。
いま、時代の変わり目だからこそ、現状に課題意識をもち、対話を通じて、
自分の意見をより深いものにしていくことの重要性は増しているはず。

私自身も、小~高校生の時期、暗記型の受験勉強に多くの時間と労力をかけ、京大に入学したものの、日本の教育システムに疑問を抱いています。
豊かに強く生きるために、誰かの役に立つためには、暗記型勉強だけじゃだめ!
…なのに、なぜ、暗記学習が主流なのか?本当に問われるべき力とは?
私のように、社会に出て痛い目に合う人が、減ってほしいから。
とても楽しみなテーマです。

教育論について密度高い対話をしよう




ファシリテーター

杉本 綾香

スギモト アヤカ

Profile

2018年2月よりファシリテーター。読書をするようになったのは、20歳から。
5歳の小学校受験以来、いわゆる優等生レールを疑いもなく走ってきたけれど、22歳のときに '自分はどんな人間になりたいか'全く考えていないとふと気づき、呆然。後悔と恥と不安にかられて、立ち止まる。「自分を知る」大切さを痛感して以来、あれこれ勉強中。
せっかくなら誰かと役立つ知恵をシェアしながら学びたいと思い、読書会を始めました。
毎回違う、ひとりじゃできない発見や読書会での人と本との出会いが、嬉しいです。たくさんのご縁に感謝。

◇読書会の内容は【ライフスタイル中心】
メンタルヘルス読書会(1on1読書会)、サイエンス読書会、感性を磨く読書会など

◇読書会で大事にしていること
わくわくしてもらうこと、自分に素直でいること

◇好きな考え方
日本人の長寿の源は好奇心だと思う(建築家・安藤忠雄)

キャッチコピー

実学って大事

このファシリテーターに問い合わせる
満員御礼!!

メールマガジン登録





▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.