新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

ファシリテーター紹介

大西 範幸

オオニシ ノリユキ

得意分野:
     

読書のインスぺレーションを信じます! 田舎には、地域資源(ヒト、モノ、カネ、ジョウホウ等)にオンリーワンの価値を芽吹かしたい!

私が、RFAリーディングファシリテーターになった理由を紹介する。

一つは、平成26年5月8日日本創成会議・人口減少問題検討分科会の衝撃の発表だった。

全国1799市区町村(2013年3月時点、福島県を除く、政令指定都市のうち12市は行政区ごと)のうち半数の896市区町村が40年までに「消滅する可能性がある」という衝撃的な内容にである。

このままではダメだ―。

一方で、私の住む徳島県には、上勝町と神山町という注目を集める町がある。上勝は葉っぱビジネスを興した町として知られ、神山にはIT企業がサテライトオフィスを構え、芸術家や若者が集っている。

そんな町に、まさかの現象が次々に起きている。県外の企業が空き家を借りてサテライトオフィスを開設するなど、町外からの若者の移住が目立つようになっている。

また、「READ FOR ACTION」は、まさに全国規模の“行動するための読書会”ネットワークだ。

「Read For Action」の読書会に出会ったのが、2015年3月。

そこで、「ひらめき」や「ワクワク」が生まれた。

現在、県の普及指導員として、農業生産性の向上、農作物品質向上のための技術や農村生活の改善のための支援等に携わる身であり、徳島で関わる2つのユニークな町で起きているコトは、「土・風・光・水」の人が起こした奇跡である。

まさに異なる性質の人のコラボレーションが地域活性化につながった事例である。

読書は、異なる性質の人のコラボレーションの対話の場としてうってつけ、性質が違う人々が集い一緒に読むことで、内容をより深く理解したり、新たな自分に気づいたり、課題を発見し壁を乗り越えようと意識を共に解決方法を話し合ったりしながら、読書を行動する力に変えていく。

私はそんな場づくりをサポートしたい!

”地域のことを地元で地域のことを思い心配し、何かしなければならないと考えている人の多くは「土」の性質であると思う。しかし地域の歴史も含めた様々な地域遺産に光をあて、地道に研究、発表している「光」の性質の人も地域には数多くいる。地域の内側からは見えにくいかもしれないけれど、地域の特性や面白いものをちゃんとほかの地域で語り広げようと外で活動している「風」の存在も忘れてはならない。そして最も注目したいのはいろいろな興味深い活動に必ず登場し楽しんでくれる「水」の存在だと思う。”

開催情報

神田昌典先生2022講演会ツアーin四国 2019年版 前座...

2019年02月09日(土)
講演会特別記念 企画 5年連続 徳島開催 RFA4種+α実施します。

徳島県

神田昌典先生2022講演会ツアーin四国 前座イベント 3種

2018年02月10日(土)
講演会特別記念 企画 4年連続 徳島開催 RFA3種実施します。

徳島県

▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.