新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

ファシリテーター紹介

北畑 淳也

キタハタ ジュンヤ

得意分野:教育
      哲学・思想
おすすめの1冊:『人間の条件』、ハンナアレント

正気かどうかは統計上の問題ではない。

正しいアクションは、「真っ当な人間」が歩んだ思考プロセスを読書においてたどることで実現できる。

PROFILE

思想家兼ハイパーノマド。
早稲田大学教育学部卒。
ミスター早稲田2014出場。24歳


22歳で濫読に目覚め、600冊を2年で読んだ結果「読むべき本は極めて限られている」という結論を出す。
現在は、読書会を通して読書の素晴らしさ及び、*良書の良さを普及する活動に従事。
参加者のみに公開される「時代に迎合しない」ブログは熱狂的なファンを数多く排出。
神田昌典氏お墨付きの狂人

主な読書会開催実績(東京都内の銀座、有楽町)
・インターネット読書会
・良書の読破をする読書会
・新たな本を手に入れるための読書会

*良書とは?
”彼らの作品の特徴を、とやかく論ずる必要はない。良書とだけいえば、誰にでも通ずる作品である。このような作品だけが、真に我々を育て、我々を啓発する。”
ショーペンハウエル『読書について』

URL

開催情報

【試験的開催】skype読書会4  〜一回では味わいきれない...

2017年06月17日(土)
「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会25 

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会24

2017年06月10日(土)
「21世紀とは何か」が書かれている。

東京都

東京都

古典を血肉とする読書会⑶

2017年05月27日(土)
これまで開催の中で改めて要望の多かった著書で開催です。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会22

2017年05月20日(土)
2回にわたり上下を読みます。

東京都

【試験開催につき無料】skype読書会4

2017年05月13日(土)
2回にわたり上下を読みます。「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会21

東京都

【コア過ぎ?!】新たな古典読書を始めるきっかけを作る読書会

2017年05月06日(土)
「古典」と一口に言ってもあなたの知らない世界がある。

東京都

古典を血肉とする読書会⑵

2017年05月03日(水)
これまで開催の中で改めて要望の多かった著書で開催です。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会20

2017年04月29日(土)
「変化」「自己啓発」「成長」こういう言葉が好きな人へ

東京都

開催レポート

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会16
2017年03月25日(土)

「哲学すること」の現在可能な独立性はどのように概括されるでしょうか。  どんな哲学の学派にも身を売らないこと、言表のできる真理をそれとして唯一絶対のものとみなさないこと、自己の思想の支配者となること。  哲学の財産を積み重ねないで、進行としての「哲学すること」を深めること。  無条件的な交わりにおいて真理と人類性を闘い取ること。  あらゆる過去のものを学んで自己のものとし、同時代人の言に耳を傾け、あらゆる可能性に対して自己を解放することができるように努力すること。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会15
2017年03月18日(土)

しかし、スミスによれば、多数の人が苦しむ社会はしあわせな社会ではないはずなのに、最も豊かな社会状態でも大多数の人は苦しみ、しかも国民経済は(一般に、私的利害を追求する社会は)もっとも豊かな状態へと向かうのだから、社会の不幸が国民経済の目的だということになる。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会14
2017年03月11日(土)

確かに人は怒る。憎悪に満ちた行動をするし、他人に対して怒りを爆発させたりする。だがこの実験では違う。何かはるかに危険なものがあらわになっている。人は自分の独特な人格を、もっと大きな制度構造の中に埋め込むに連れて、自分の人間性を放棄できるし、また必ず放棄してしまう、ということだ。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会13
2017年03月04日(土)

まず”空気”から脱却し、通常性的規範から脱し、「自由」になること。この結論は、誰が「思わず笑いだしそう」と、それしか方法はない。 そしてそれを行いうる前提は、一体全体、自分の精神を拘束しているものが何なのか、それを徹底的に探求することであり、すべてはここに始まる。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会12
2017年02月25日(土)

現代とは、生きる理由を通常は構成すると考えられているいっさいが消滅し、全てを問い直す覚悟なくしては、混乱もしくは無自覚に陥るしかない、そういう時代である。

東京都

「尊敬できる人物」とはいかなる人物かを考える読書会
2017年02月25日(土)

新しいグローバルな状況で哲学的人間にふさわしいのは、「制約なきコミュニケーション」への態度である。それは、人間の本来的な共生の第一の条件として、自らを開示し、他者に耳を傾ける善意志と並んで、すべての真理は理解されうるとの信念をうちに含んでいる。コミュニケーションは思考や感情の「表現」ではない。もしそうならコミュニケーションは思考や感情にとって二次的でしかありえないだろう。真理そのものがコミュニケーションの性格を持ち、コミュニケーションの外部には真理は存在しない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会11
2017年02月18日(土)

心理学は私たちを「救済」しようとするのだろうが、それは心理学が、私たちがそうした情況に「順応」する手助けをして、私たちの唯一の希望を、つまり砂漠に生きてはいるが砂漠の民ではない私たちが砂漠を人間的な世界に変えることができるという希望を、奪い去ってしまうということを意味しているのだ。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑨
2017年02月04日(土)

いかなる独占も存在しない場合、自由競争は資本主義と商業を発達させるだろう、と仮定してみよう。ところが、商業と資本主義の発達が急速であればあるほど、生産と資本の集中はますます強まる。そして、そのような集中が進めば、その結果として独占が出現する。しかも現実には、独占はすでに出現済みなのである。ほかならぬ自由競争を母体として!

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑧
2017年01月22日(日)

だからこうした安楽は、なくなると極めて苦痛に感じられるのに、あったところでそれほど楽しくないものとなったのであり、これを所有していても幸福ではなく、所有していないと不幸になるのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会7
2017年01月07日(土)

人間は群衆地の一員となるという事実だけで、文明の段階を幾つも下ってしまうのである。それは、孤立していた時には、おそらく教養のある人であったろうが、群衆に加わると、本能的な人間、従って野蛮人とかしてしまうのだ。

東京都

2017年度に向けて2016年度の読書を振り返る読書会
2016年12月29日(木)

歴史は、強く優れている人でも、仲間の助けや協力を得る仕方を知らない場合には、いかに無力であるかという例に満ちている。このような場合、たいてい、そういう人の失敗は、多数者が決定的に劣等であったからであるとか、優れた人物というのは、たいてい平凡な人々に敵意を持っているからであるという風に説明される。たとえ、このような観察が真実であるとしても、問題の本質に触れるものではない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑥
2016年12月24日(土)

絶望するものは、何事かについて絶望する。一瞬そう見える。しかしそれは一瞬だけのこと・・・同じ瞬間に、真の絶望が表れる・・絶望するものが何事かについて絶望したというのは、実は自己自身について絶望したのであって、そこで、彼は自己自身から抜け出ようと欲しているのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑤
2016年12月23日(金)

大衆はくりかえしくりかえし、個人は取るに足らず問題にならないと聞かされる。個人はこの自己の無意義さを承認し、自己をより高い力のなかに解消して、このより高い力の強さと栄光に参加することに誇りを感じなければならない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会④
2016年12月04日(日)

・・・大衆はいまや、いっさいの非凡なるもの、傑出せるもの、個性的なるもの、特殊な才能を持った選ばれたものを席巻しつつ有る。すべての人と同じでない者、すべての人と同じ考えかたをしない者は締め出される危険にさらされているのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会②
2016年11月06日(日)

すなわち私たちには道徳の価値の批判が求められている。道徳の価値の価値そのものに、一度は疑問の眼差しを投げることが求められているのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会①
2016年10月23日(日)

どれほど現実をないがしろにしようが、かれらにならそれを受け入れさせることができるのだ。かれらは自分たちがどれほどひどい理不尽なことを要求されているかを十分に理解せず、また、現実に何が起こっているかに気づくほど社会の出来事に強い関心を持ってもいないからだ。 理解力を欠いていることによって、彼らは、正気でいられる。

東京都

参加者の評価と声

   

 私1人で読むだけではわからない事も、質問すれば教えてもらえるのでとても参考になりました。

本に書いてある事が難しいので、後半からは質問されても答えられなかった事が度々ありました。

今度参加する時は、課題の本をきちんと予習してからにしたいと思います。

   

 様々な哲学者などの言葉などを引用しながら説明してくれたので、理解が進みやすく話も広がりやすかった。

   

 ファリシリテーターの進行に、単に発言する順を与えられたという進め方だったので、他者の意見に質問やそこから深めることができなくて残念でした。
ファリシリテーションを邪魔してはいけないだろうという気持ちを優先させたからですが。

   

 北畑さんは周りをよく見ていて
初心者で世の中の常識を全く、
わからない私に親身に本のことや
政治の事を教えていただきました!
私が自分のことをおかしい人間と
言われて生きていた人間です。と
行っていたのにこんな人間まで
受け入れて沢山お話していただいて
本当にたのしかった、です。
いままで。自分の話したいことの
全く逆のことをしないと不愉快がられる
ので素の自分で居させてくれる。
素晴らしいかただと思います。
本当にありがとうございます。

   

 時間配分が適切で参加者が発言しやすいように配慮していた

   

 脱線もありながら思想的なフォローもあり、話を広げるのが上手であった。

   

 参加者の発言に対し、フォローをし、話を広げて行くことで理解や興味が進展するように配慮していた。

   

 多少SNSグループなどのその後の繋がりがある方がいいと感じる

   

 軸となる考え方を持っていながらも、色んな方からの意見を同感しながら進めてくださったので、とても良い雰囲気だったと思います。

   

 議論していく中で、適宜、著者の思想的背景を解説してもらえるので、理解が深まると思う。

   

 とても丁寧な方で、こちらも回を重ねるうちに良さが増しそうという印象でした。

   

 作者が影響を受けている他の哲学者や思想などについて知識を持っていて、理解が進んだ。

   

 詳しい背景知識を持っているため、議論の進行がスムーズであった。

   

 題材に対して良いファシリテートだと思います。

   

 思索を深めるには適任な方だと思いました。

   

 北畑さんの紹介していただいた本を読み興味の幅が広がり刺激的な会だった。

   

 ご自分の、興味のある分野をやられていて参加に、なりました。

これまでの読書会一覧

Read For Action オフィシャルブログ


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.