新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

ファシリテーター紹介

北畑 淳也

キタハタ ジュンヤ

得意分野:その他
      哲学・思想
おすすめの1冊:『人間の条件』、ハンナアレント

正気かどうかは統計上の問題ではない。

正しいアクションは、「真っ当な人間」が歩んだ思考プロセスを読書においてたどることで実現できる。

PROFILE

思想家・活動家
ハイパーノマド
早稲田大学教育学部卒 ミスター早稲田2014出場。25歳
22歳で濫読に目覚め、600冊を2年で読んだ結果「読むべき本は極めて限られている」という結論を出す。
現在は、読書会を通して知識の詰め込み型読書の危険性と*良書の良さを普及する活動に従事。
参加者のみに公開される「時代に迎合しない」ブログは熱狂的なファンを数多く排出。
神田昌典氏お墨付きの狂人

主な読書会開催実績(大阪梅田メイン)
・インターネット読書会
・良書の読破をする読書会
・新たな本を手に入れるための読書会

*良書とは?
”彼らの作品の特徴を、とやかく論ずる必要はない。良書とだけいえば、誰にでも通ずる作品である。このような作品だけが、真に我々を育て、我々を啓発する。”
ショーペンハウエル『読書について』

URL

開催情報

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会51

2018年02月24日(土)
フィクションに見えないノンフィクションを

大阪府

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会50

2018年02月11日(日)
記念すべき50回目は現代社会のおかしさを描写したこの本で

大阪府

skype開催「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを...

2018年02月03日(土)
バークに並ぶ保守派の父に学びます。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会48

2018年01月19日(金)
ベーコン、デカルトが作った「変化」と「成長」に溺れる現代人に示唆的な一冊

大阪府

skype開催「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを...

2018年01月07日(日)
巷にある本に飽き飽きした人を歓迎します。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会46...

2018年01月06日(土)
現代人の哀れさはここに書かれている?

大阪府

今年の読書を総括する読書会

2017年12月30日(土)
2017年の読書を総括する会

大阪府

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会45

2017年12月17日(日)
「論理的に考えて」「客観的に考えて」が口癖の人間はなぜ危ういのか?

大阪府

新たな古典読書を始めるきっかけを作る読書会

2017年12月10日(日)
「古典」と一口に言ってもあなたの知らない世界がある。

大阪府

開催レポート

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会42
2017年11月18日(土)

然しながら、伝統の貫禄だけでは、永遠の生命を維持することはできないのだ。舞妓のキモノがダンスホールを圧倒し、力士の儀礼が国技館を圧倒しても、伝統の貫禄だけで、舞妓や力士が永遠の生命を維持するわけには行かない。貫禄を維持するだけの実質がなければ、やがては滅びる外に仕方がない。問題は、伝統や貫禄ではなく、実質だ。

大阪府

特別開催1 世界的名著『資本論』を読む
2017年11月11日(土)

資本制生産方法が専ら行はれる社会の富は『膨大なる商品集積』として現れ、個々の商品はその成素形態として現れる。故に我々の研究は、商品の分析を以って始まる。

大阪府

skype開催「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを...
2017年11月11日(土)

”個々の知的存在は、その作った法を持ちうるが、しかし、作らなかった法もまた持っている。・・・実定法の存在する以前に、正義の可能的な関係は存在した。実定法が命じまたは禁ずることの他には、正なることも不正なることもないというのは、円が描かれる前には、すべての半径はひとしくなかったというのに同じである。”

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会40
2017年10月28日(土)

ところでこういう風に各組織体がみんなタコツボ化しますと、その組織体は、それに属するメンバーというものを、丸ごと飲み込んでしまうわけであります。メンバーを丸抱えにしてしまうから、従ってその相互の間に共通の言葉、共通の判断基準というものが自主的に、つまり下から形成されるチャンスは自ずから甚だ乏しくなる。

大阪府

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会39
2017年10月21日(土)

さらに正確に言えば、われわれは彼らの未来を守るのではなく、彼らがなお無自覚でありながら、実は彼らを存在せしめている根本のもの、すなわち、我が歴史・文化・伝統を守るほかはないのである。これこそ前衛としての反革命であり、前衛としての反革命は世論、今や左も右も最もその顔色をうかがっている世論の支持によって動くのではない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会38...
2017年10月14日(土)

欧米人には小我をもって自己と考える欠点があり、それが指導層を貫いているようです。

大阪府

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会37...
2017年09月30日(土)

茶道の本質は、不完全ということの崇拝ー物事には完全などということとはないということを畏敬の念を持って受け入れ、処することにある。不可能を宿命とする人生のただなかにあって、それでもなにかしら可能なものを成し遂げようとする心優しい試み茶道なのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会36
2017年09月23日(土)

・・・さらにひどいものになると、信じるべき新しいものをまだ知らないうちから、早くも古いものを捨てて、まるでからっぽになってしまい、精神の安定を失って遂には発狂する者も出現するに至る。哀れむべきことだ。・・・・このように雑然とした混乱の中にあって、東西の事物を良く比較して、信ずべきことを信じ、疑うべきことを疑い、取るべきところを取り、捨てるべきところを捨て、それをきちんと判断するというのは、なんとも難しいことである。そして、今この仕事を任せられるのは、他でもない唯一我々のように学問をする者だけなのだ。学問をする者は頑張らなくてはならない。

大阪府

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会35
2017年09月16日(土)

すなわち、日本人が働くのは経済的行為でなく、「仏行の外成作業有べからず。」と信じ、一切を禅的な修行でやっているにほかならない。農業則仏行であり、サラリーマン則仏行であり、働くことはすべて仏行、メーカーが物を作り出すのは一仏の分身として世界を利益するため、またセールスマンは巡礼である。

大阪府

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会34
2017年09月09日(土)

「ただ大切なのは、・・・・われわれがそれから学ぼうとするところのものが、われわれの性質に合っていることだ。」

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会33
2017年08月27日(日)

資本制生産方法が専ら行はれる社会の富は『膨大なる商品集積』として現れ、個々の商品はその成素形態として現れる。故に我々の研究は、商品の分析を以って始まる。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会31
2017年08月13日(日)

つまり人間という概念は、神の頭のなかでは、製造者の頭にあるペーパー・ナイフの概念と同一に考えてよい。神は職人が一つの定義、一つの技術に従ってペーパー・ナイフを製造するのと全く同じように、さまざまの技術と一つの概念とに従って人間を創るのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会30
2017年08月11日(金)

禁欲的で信仰に熱心であるということ、他方の資本主義的営利生活に携わるということと、この両者は決して対立するものなどではなくて、むしろ逆に、相互に内面的な親和関係にあると考えるべきではないか、と。

大阪府

古典を血肉とする読書会5
2017年08月05日(土)

わたしがどうにも耐え難いと感じているものはなんだろうか?・・・それは汚れた空気なのだ!汚い空気なのだ!出来損ないのものが身近に迫ってくること、出来損ないの魂の腹わたの臭気を嗅がなければならないことなのだ!

東京都

あまりに変態的な、あまりに変態的な
2017年07月22日(土)

現存在にはむしろ、その存在様式のために、みずからの存在を、現存在が本質的に、たえずさしあたり関わっているその存在者の方から、すなわち「世界」のほうから理解しようとする傾向がある。

大阪府

新たな古典読書を始めるきっかけを作る読書会
2017年07月15日(土)

この自己存在は、それが本来的に存在するものに自己自身からなるのではあるけれども自己からかつ自己のみでもってなるのではない。このような実存的交わりは、それが現象しうるためのそれの肉体としてあの現存在の交わりを持つことになるであろう。

大阪府

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会27
2017年07月01日(土)

しかしながら、われわれの学問方法の最も大きな不都合は、自然の諸学にはきわめて熱心でありながら、道徳の学、特に、その中でも、人間の精神の本姓と政治生活および雄弁にふさわしいその情念、とくと悪徳に固有の釣行、善と悪の術、各自の年齢、性、身分、財産、民族、国家に応じた気風の特性、そしてすべてのうちで最も難しいあの品位ある適切なふるまいの術について論じる部門に、同じだけの熱意を注いでいないということである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会26
2017年06月25日(日)

例えばロシアのボルシェヴィキー政府が社会主義国に失業はあってはならないというイデオロギー的要求を貫徹するためにとった方法は、明白な失業の事実をプロパガンダで欺いて失業者はいないと言いくるめるのではなく、プロパガンダなど全然使わずに失業給付を一切廃止してしまうという方法だった。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会25
2017年06月17日(土)

全体主義的支配機構がその組織した大衆を荒れ狂う運動の中に引きずり込むのに用いたテロル・・・はこうなるともう最後の拠り所のように見え、そしてまた全体主義的権力者がその帰依者たちを最悪のものを受け入れる心構えにさせるのに用いた<氷のような論理>は、少なくともまだ信用のおける唯一のものであるかのように見える。

東京都

skype読書会5
2017年06月10日(土)

・・むしろ我々は、愚者のために書く執筆者が常に多数の読者に迎えられるという事実を思い、つねに読書のために一定の短い時間をとって、その間は比類なく卓越した精神の持ち主、すなわちあらゆる時代、あらゆる民族の生んだ天才の作品だけを熟読すべきである。彼らの作品の特徴を、とやかく論ずる必要はない。良書とだけいえば、誰にでも通ずる作品である。このような作品だけが、真に我々を育て、我々を啓発する。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会23
2017年06月03日(土)

個々の人々はこのような憂慮について何も知らぬかのように装っているが、我々の眼を欺くものではない。彼らの不安こそ、彼らがいかによくそれについて気づいているかを示すものである。

東京都

古典を血肉とする読書会3
2017年05月27日(土)

われわれの時代は、自分がすべての時代に優る時代であると信じていると同時に、一つの出発点であると感じながら、しかし、それが末期の苦悶とはならないと言い切る自信もないのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会22
2017年05月20日(土)

人間というものは、自分が他人にもたらす不幸は当然とみなすくせに、他人が自分に不幸をもたらし得るとは想像すらしない。ところが恐るべきことに現実に後者の経験が我が身に降りかかるや、これを当然だと思うに至る。かかる仕打ちを他人に加えることに自身の心が抵抗を覚えなかったので、今更心の奥底に憤激や抵抗の源を見出すことができないのだ。

東京都

skype読書会4
2017年05月13日(土)

進歩という現代の迷信は、キリスト教をローマの公認宗教にした虚偽の副産物である。この迷信は、ローマに征服された諸地域の霊的な宝の破壊、それらの宝とキリスト教をつなぐ完全な継続性の隠蔽、キリスト・・を実質的に永遠ではなく現世に属する操作とみなす歴史観の発生とに関係がある。この進歩思想はのちに世俗化された。いまやわれわれの時代の毒でもある。

東京都

古典を血肉とする読書会2
2017年05月07日(日)

近代の経済学の根本にあるのはこれと同一の画一主義である。つまり、近代の経済学は、人間は行動するのであって、お互い同士活動するのではないと仮定している。

東京都

新たな古典読書を始めるきっかけを作る読書会
2017年05月06日(土)

近代世界においてますます深まりつつある無意味性を、おそらく何よりもはっきりと予示するのは意味と目的とのこうした同一視であろう。意味は行為の目的ではありえない。意味は、行為そのものが終わった後に人間の行いから必ず生まれてくるものである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会20
2017年04月29日(土)

自由には道徳が不可欠なのだ。頭が空っぽのくせに「自由、自由」と叫びたがる連中は不愉快きわまりない。思い上がりもいい加減にしろと言いたくなる。

東京都

古典を血肉とする読書会
2017年04月22日(土)

こちらの頭蓋を貫き、脳の動きを止め、脅かしてこちらの信念を捨てさせ、自分の五感から得られる証拠を信じないよう、ほぼ、納得させてしまうような何かだった。最終的に、党は、二足す二は五であると発表し、こちらもそれを信じなくてはならなくなるだろう。遅かれ早かれ、そうした主張がなされるのは避けがたい。・・・異端の中の異端とは常識にほかならない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会19
2017年04月15日(土)

また道徳法則は、いわば純粋な<理性の事実>として与えられているものであって、私たちはこの事実をアプリオリに認識しているし、この事実は必然的に確実なものであるー今道徳法則が厳密に遵守されているいかなる実例も、経験のうちに見出せなかったとしてもである。だから道徳法則の客観的な実在性は、どのような<根拠づけ>によっても証明できないし、理論的な理性、思弁的な理性、経験的に支えられた理性のどのような努力によっても証明できないものなのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会18
2017年04月08日(土)

人がノーと言えば、俺もノー。イエスといえばイエスだ。つまり一から十まで賛成するのが俺様の鉄則さ。という通りだが、もちろんこれはグナトーという登場人物に言わせたこと。この手の友人をそばに置くのは、軽薄の骨頂だ。

東京都

古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会17
2017年04月02日(日)

その歴史から明らかなのは、現存在が自らについても、存在一般についても、「世界」の側から理解しようとしていること、そのようにして形成された存在論が伝統へと頽落指定しまっていること、その伝統が存在論を、ごく自明なものとしてしまったのであり、ヘーゲルにおいて顕著に見られるように、存在論を単に新たに加工すべき素材にしてしまったということである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会16
2017年03月25日(土)

「哲学すること」の現在可能な独立性はどのように概括されるでしょうか。  どんな哲学の学派にも身を売らないこと、言表のできる真理をそれとして唯一絶対のものとみなさないこと、自己の思想の支配者となること。  哲学の財産を積み重ねないで、進行としての「哲学すること」を深めること。  無条件的な交わりにおいて真理と人類性を闘い取ること。  あらゆる過去のものを学んで自己のものとし、同時代人の言に耳を傾け、あらゆる可能性に対して自己を解放することができるように努力すること。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会15
2017年03月18日(土)

しかし、スミスによれば、多数の人が苦しむ社会はしあわせな社会ではないはずなのに、最も豊かな社会状態でも大多数の人は苦しみ、しかも国民経済は(一般に、私的利害を追求する社会は)もっとも豊かな状態へと向かうのだから、社会の不幸が国民経済の目的だということになる。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会14
2017年03月11日(土)

確かに人は怒る。憎悪に満ちた行動をするし、他人に対して怒りを爆発させたりする。だがこの実験では違う。何かはるかに危険なものがあらわになっている。人は自分の独特な人格を、もっと大きな制度構造の中に埋め込むに連れて、自分の人間性を放棄できるし、また必ず放棄してしまう、ということだ。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会13
2017年03月04日(土)

まず”空気”から脱却し、通常性的規範から脱し、「自由」になること。この結論は、誰が「思わず笑いだしそう」と、それしか方法はない。 そしてそれを行いうる前提は、一体全体、自分の精神を拘束しているものが何なのか、それを徹底的に探求することであり、すべてはここに始まる。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会12
2017年02月25日(土)

現代とは、生きる理由を通常は構成すると考えられているいっさいが消滅し、全てを問い直す覚悟なくしては、混乱もしくは無自覚に陥るしかない、そういう時代である。

東京都

「尊敬できる人物」とはいかなる人物かを考える読書会
2017年02月25日(土)

新しいグローバルな状況で哲学的人間にふさわしいのは、「制約なきコミュニケーション」への態度である。それは、人間の本来的な共生の第一の条件として、自らを開示し、他者に耳を傾ける善意志と並んで、すべての真理は理解されうるとの信念をうちに含んでいる。コミュニケーションは思考や感情の「表現」ではない。もしそうならコミュニケーションは思考や感情にとって二次的でしかありえないだろう。真理そのものがコミュニケーションの性格を持ち、コミュニケーションの外部には真理は存在しない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会11
2017年02月18日(土)

心理学は私たちを「救済」しようとするのだろうが、それは心理学が、私たちがそうした情況に「順応」する手助けをして、私たちの唯一の希望を、つまり砂漠に生きてはいるが砂漠の民ではない私たちが砂漠を人間的な世界に変えることができるという希望を、奪い去ってしまうということを意味しているのだ。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑨
2017年02月04日(土)

いかなる独占も存在しない場合、自由競争は資本主義と商業を発達させるだろう、と仮定してみよう。ところが、商業と資本主義の発達が急速であればあるほど、生産と資本の集中はますます強まる。そして、そのような集中が進めば、その結果として独占が出現する。しかも現実には、独占はすでに出現済みなのである。ほかならぬ自由競争を母体として!

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑧
2017年01月22日(日)

だからこうした安楽は、なくなると極めて苦痛に感じられるのに、あったところでそれほど楽しくないものとなったのであり、これを所有していても幸福ではなく、所有していないと不幸になるのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会7
2017年01月07日(土)

人間は群衆地の一員となるという事実だけで、文明の段階を幾つも下ってしまうのである。それは、孤立していた時には、おそらく教養のある人であったろうが、群衆に加わると、本能的な人間、従って野蛮人とかしてしまうのだ。

東京都

2017年度に向けて2016年度の読書を振り返る読書会
2016年12月29日(木)

歴史は、強く優れている人でも、仲間の助けや協力を得る仕方を知らない場合には、いかに無力であるかという例に満ちている。このような場合、たいてい、そういう人の失敗は、多数者が決定的に劣等であったからであるとか、優れた人物というのは、たいてい平凡な人々に敵意を持っているからであるという風に説明される。たとえ、このような観察が真実であるとしても、問題の本質に触れるものではない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑥
2016年12月24日(土)

絶望するものは、何事かについて絶望する。一瞬そう見える。しかしそれは一瞬だけのこと・・・同じ瞬間に、真の絶望が表れる・・絶望するものが何事かについて絶望したというのは、実は自己自身について絶望したのであって、そこで、彼は自己自身から抜け出ようと欲しているのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会⑤
2016年12月23日(金)

大衆はくりかえしくりかえし、個人は取るに足らず問題にならないと聞かされる。個人はこの自己の無意義さを承認し、自己をより高い力のなかに解消して、このより高い力の強さと栄光に参加することに誇りを感じなければならない。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会④
2016年12月04日(日)

・・・大衆はいまや、いっさいの非凡なるもの、傑出せるもの、個性的なるもの、特殊な才能を持った選ばれたものを席巻しつつ有る。すべての人と同じでない者、すべての人と同じ考えかたをしない者は締め出される危険にさらされているのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会②
2016年11月06日(日)

すなわち私たちには道徳の価値の批判が求められている。道徳の価値の価値そのものに、一度は疑問の眼差しを投げることが求められているのである。

東京都

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会①
2016年10月23日(日)

どれほど現実をないがしろにしようが、かれらにならそれを受け入れさせることができるのだ。かれらは自分たちがどれほどひどい理不尽なことを要求されているかを十分に理解せず、また、現実に何が起こっているかに気づくほど社会の出来事に強い関心を持ってもいないからだ。 理解力を欠いていることによって、彼らは、正気でいられる。

東京都

参加者の評価と声

   

 

   

 上手く話せなかったのですが、
話しを聞いて理解して貰えたので、安心しました。丁寧に話して、下さり良かったです。

   

 知識が豊富で考えがしっかりしている印象でした。
話が整理されていて分かりやすかったです。

   

 賢人なり

   

 難しい内容についてよく解説頂いて感謝しています。

   

 正直、ちんぷんかんぷんな資本論でしたが、北畑さんの概要の説明のおかげで、だいぶ取っ掛かり安くなったと思います。ありがとうございました。

   

 よく研究されていて素晴らしいと思います。

   

 非常に話しやすい雰囲気を作ってくださっていました。参加者の発言をちゃんと理解して、適切なコメントをしてくださり、場がより有意義になるように努力してくださっているのもわかりました。今回はその努力が十分に実っていたと思います。教養も十分あると思われますので、会話の一つ一つが無駄なく、何かしら得られるものがありました。
ただ、強いて言えば、少しだけ講師の教養分野が偏っており、若干見逃せない偏見がありました。
強いて言えばと言うくらい些細なことですので、ほぼ全く気にならなかったですが、この部分を直せば完璧に近い読書会になると思います。

   

 自分1人ではなかなか出会う機会のない本を知るきっかけをいただき感謝しています。最後に、関連書籍の紹介があったのもありがたいです。

   

 この本を題材にできるのは北畑さんくらい。古典で読書会を開催する講師が増えて欲しい。

   

 

   

 豊富な知識と鋭い切り口で読書会をコーディネートいただきありがとうございました。新しい景色が見えてくるようで楽しかったです。答えを出す場ではないのでやむを得ないとは思いますが、永劫回帰はいつかまたもう少し掘り下げる機会があれば良いなと感じました。
アレントの回は都合がつかず参加できないのが残念ですが、またぜひよろしくお願いいたします。

   

 選書が秀逸で、また、じっくり対話をする時間がたっぷりあり、とてもよい読書会でした。

   

 

   

 

   

 参加者への突っ込み方に感心しました。核心を捉える質問は、さすがです。また参加したいと思いました。

   

 参加者の意見をまとめるだけではなく、ご自身のお考えもおっしゃっていたので、参考になりました。

   

 

   

 私1人で読むだけではわからない事も、質問すれば教えてもらえるのでとても参考になりました。

本に書いてある事が難しいので、後半からは質問されても答えられなかった事が度々ありました。

今度参加する時は、課題の本をきちんと予習してからにしたいと思います。

   

 様々な哲学者などの言葉などを引用しながら説明してくれたので、理解が進みやすく話も広がりやすかった。

   

 ファリシリテーターの進行に、単に発言する順を与えられたという進め方だったので、他者の意見に質問やそこから深めることができなくて残念でした。
ファリシリテーションを邪魔してはいけないだろうという気持ちを優先させたからですが。

   

 北畑さんは周りをよく見ていて
初心者で世の中の常識を全く、
わからない私に親身に本のことや
政治の事を教えていただきました!
私が自分のことをおかしい人間と
言われて生きていた人間です。と
行っていたのにこんな人間まで
受け入れて沢山お話していただいて
本当にたのしかった、です。
いままで。自分の話したいことの
全く逆のことをしないと不愉快がられる
ので素の自分で居させてくれる。
素晴らしいかただと思います。
本当にありがとうございます。

   

 時間配分が適切で参加者が発言しやすいように配慮していた

   

 脱線もありながら思想的なフォローもあり、話を広げるのが上手であった。

   

 参加者の発言に対し、フォローをし、話を広げて行くことで理解や興味が進展するように配慮していた。

   

 多少SNSグループなどのその後の繋がりがある方がいいと感じる

   

 軸となる考え方を持っていながらも、色んな方からの意見を同感しながら進めてくださったので、とても良い雰囲気だったと思います。

   

 議論していく中で、適宜、著者の思想的背景を解説してもらえるので、理解が深まると思う。

   

 とても丁寧な方で、こちらも回を重ねるうちに良さが増しそうという印象でした。

   

 作者が影響を受けている他の哲学者や思想などについて知識を持っていて、理解が進んだ。

   

 詳しい背景知識を持っているため、議論の進行がスムーズであった。

   

 題材に対して良いファシリテートだと思います。

   

 思索を深めるには適任な方だと思いました。

   

 北畑さんの紹介していただいた本を読み興味の幅が広がり刺激的な会だった。

   

 ご自分の、興味のある分野をやられていて参加に、なりました。

これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.