新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会44

2017年12月2日(土) 20:00 - 22:00

東京都

Anywhere you want

彼にとって、織ること、紡ぐこと、掘ること、等々としては何の意味もなく、ただ食卓についたり飲み屋の椅子に腰掛けたりベッドに横たわったりすることを可能とする稼ぎ口としてのみ意味を持つ。

価格とは何か。
賃金とは何か。

そういった資本主義において特段考えることもなく使う言葉について改めて考えられた会となりました。
マルクスを読むことでその偉大さを引き継ぎつつ、問題点もまた考えられいい会となりました。

”しかし、機械によって解雇された一人の男性に代わって、工場はおそらく三人の子供と一人の女性をやとうだろう!だが、この一人の男性の賃金はかつては三人の子供と一人の女性を養うのに十分ではなかったのか?だとすると、ブルジョアが好んで用いる先の決まりは文句は何を意味するのか?それは、一つの労働者家族分の賃金を得るためには、今では以前の四倍も多くの労働者の生命が使用されなければならないということ以外の何物でもない。

カール・マルクス『賃労働と資本』


ファシリテーター

北畑 淳也

キタハタ ジュンヤ

Profile

思想家・活動家
ハイパーノマド
早稲田大学教育学部卒。ミスター早稲田2014出場。25歳
22歳で濫読に目覚め、600冊を2年で読んだ結果「読むべき本は極めて限られている」という結論を出す。
現在は、読書会を通して知識の詰め込み型読書の危険性と*良書の良さを普及する活動に従事。
読書会開催におけるモットーは「名著を多くの人にとって身近なものに」としている。

主な読書会開催実績(大阪梅田メイン)
・インターネット読書会
・良書の読破をする読書会
・新たな本を手に入れるための読書会

*良書とは?
”彼らの作品の特徴を、とやかく論ずる必要はない。良書とだけいえば、誰にでも通ずる作品である。このような作品だけが、真に我々を育て、我々を啓発する。”
ショーペンハウエル『読書について』

キャッチコピー

正気かどうかは統計上の問題ではない。

このファシリテーターに問い合わせる
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.