新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

新たな古典読書を始めるきっかけを作る読書会

2017年12月10日(日) 10:00 - 12:00

大阪府

大阪府大阪市北区茶屋町1-27ABC-MART梅田ビル1Fサンマルクカフェ 大阪梅田茶屋町店

世の人は常に独創ということをいうが、その意味は何だろう。生まれるとすぐ世界はわれわれに働きかけてくる。死に至るまでそれは続く。いったいエネルギーとか力とか意志とかを除けば、どこにわれわれ自身のものと呼ぶことのできるものがあるだろう。もし私が偉大な先駆者や同時代の人に負うた点をすべて挙げていけば、残るところは極めて僅かだろう。
今日は古典を持ち寄って自分が普段読むのとは異なる古典を読むためのきっかけ作りをしました。
12月30日にも古典読書を振り返る会を企画しています。いうまでもないですが、昔の人はすごいです。

”あらゆるものが退歩し衰えゆく時代は主観的な傾向がある。それに反して、あらゆるものが進歩しつつある時代には、客観的な傾向がある。われわれの今の時代は全く退歩しつつある。なぜなら主観的であるからだよ。

エッカーマン『ゲーテとの対話』


ファシリテーター

北畑 淳也

キタハタ ジュンヤ

Profile

思想家。ハイパーノマド。26歳。
22歳で濫読に目覚め、600冊を2年で読んだ結果「読むべき本は極めて限られている」という結論を出す。
現在は難解で手を出しにくいと言われがちな古典書を面白おかしく読む方法を日々研究中。

2018年読書会開催のモットーは「*良書を多くの人にとってより身近なものに」としている。
リピート率は80%越えとコンテンツには定評あり。

主な読書会開催実績(大阪梅田メイン)
・インターネット読書会
・良書の読破をする読書会
・新たな本を手に入れるための読書会

*良書とは?
”彼らの作品の特徴を、とやかく論ずる必要はない。良書とだけいえば、誰にでも通ずる作品である。このような作品だけが、真に我々を育て、我々を啓発する。”
ショーペンハウエル『読書について』

キャッチコピー

もう読んだ本の量を競うのはやめませんか。疲れたでしょう?

このファシリテーターに問い合わせる
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.