新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

まちヨミin明石

2014年9月27日(土) 13:30 - 17:00

兵庫県

明石市本町1丁目1-32 らぽす5階市民ホール(らぽす5階)

明石工業高等専門学校の学生たちが奮起
「読書の文化を明石市に広めたい!」
明石市の未来をみんなで考える読書会

まちヨミin明石

2014年9月27日に開催いたしました。

明石高専、明石商業高校の学生、
そして、街の大人たちと 総勢50名が集まり、

未来の図書館を創造する時間となりました。

【STEP-1】まちの小さな図書館って???

明石高専の学生が取り組んでいる

知識創造社会における
まちの小さな読書空間の共創
~まちの小さな図書館プロジェクト~

についてのお披露目。

近年若者の「活字離れ」が問題となっており、
明石市においては今年、
公立学校の図書関連経費が削減されるなど厳しい状況がみられる。

さらには、スマートフォンなどの普及により読書の娯楽としての優先順位が下がり、
本を気軽に読める空間・状況などが十分に提供されていない。

だから、本を身近に感じることのできる「新しい」読書空間の提供したい。

地域の情報発信およびビジネス・知識創造拠点としての
図書館を創造することができないのか!

ということを研究している。

大人顔負けの研究成果を披露していただきました。


【STEP-2】未来の視点から考えてみよう!

今回の課題本は、神田昌典氏の成功のための未来予報。

お金、社会、病気、国境、学校、貧困、制約
という点から、
2020年に向けた、社会の在り方を考えさせられる書籍から、

『本との付き合い方』『図書館の在り方』

読み解き、

第8章 図書館がなくなる

という章をつくりあげつためのダイアログを重ねました。


【STEP-3】明石の歴史や文化を知る

明石市史編纂委員をしていらっしゃる 田下明光氏による
源氏物語ミニミニ講座。

実は、源氏物語には、明石と深い関係があり、興味深いお話をいただきました。

明石は物事が好転する分岐点とのこと、

では、明石の歴史や文化、源氏物語からヒントをいただき、

第8章 図書館がなくなる

の更なる仕上げのダイアログを行いました。


【STEP-4】第8章 図書館がなくなるの共有と振り返り

各テーブルで、生れたアイディアの共有。

生活や仕事の悩みを解決してくれるアドバイザーのいる図書館
ビブリオバトルのようなゲーム性のもったイベントがある。
病院で、図書空間をつくる。

など、さまざまな声があがった。


明石高専からは、学生だけで話し合っている時と違い、
さまざまな属性、年齢の人から声が聞け、有意義なものとなった。
という感想をいただいた。


今後の明石高専が取り組む、まちの小さな図書館 が楽しみです。



ファシリテーター

木村祥子 祥子

キムラ サチコ

Profile

2012年 初代最優秀ファシリテーター賞を受賞。

2011年6月にRead for Actionに参加。
ソニー株式会社に勤務する傍ら、
新しい働き方をテーマにした読書会を開催し、
Read For Actionのスタートアップを牽引する。

北海道から沖縄まで読書会を開催し、
総動員数は4,000人を超える。

2012年にソニー株式会社を退職後は、
読書会がきっかけとなり
セミナー講師、社会貢献、出版協力
NLPを活用したビジネスコーチングまで幅広く活動を展開。
現在では、
読書会ファシリテーターの養成にも努め、
約250名のファシリテーターを輩出する。

本をきっかけに
新しい働き方を実施してきたロールモデルであることから、
新しい働き方を目指す人へ一歩踏み出す支援というカタチを確立している。

キャッチコピー

「本」と「人」と「働く」をつなげます

このファシリテーターに問い合わせる

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.