新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

呼吸を制する者は、人生を制する!? 呼吸法のすごさを思い知る

2018年7月19日(木) 18:45~20:15

広島県

広島県広島市中区国泰寺町2丁目5−14名井珈琲商店 2階

【テーマ:呼吸法を実生活に活かす】
メンタルヘルスのテーマを扱う〈心理の話シリーズ〉読書会の第4弾でした。
今回は持ち寄った4冊が、個性豊かな本でした!医学博士が書いた学術的な本、呼吸法の先生と詩人・谷川俊太郎の対談の本、禅の本、尺八奏者が書いた呼吸と日本文化の本。尺八!?のように意外性のある本(=変化球本)ほど、思わぬ面白い気づきがあったりして。普段出会わない本との出会いって楽しいね、と参加者さんと共有しました。
今回は読書会の最後に深呼吸10分体験タイムをしてみました。読書会で頭に入れた知恵を、すぐ体感してもらいたくて。なんせ、実践することが大事!海のBGMをかけて、みんなで深呼吸…。いい時間でした。頭を使うワークと体を使うワークの組み合わせは良い感じ。また機会があれば、試してみたいなと思います。外でするのも楽しそう!
《本への質問まとめ》
・呼吸を意識すると、健康に良いのはどうして?メカニズムが知りたい
・呼吸法ってどんな方法?腹式呼吸と胸式呼吸の違いは?
・緊張していると、無意識に息を止めているのは、なぜ?
・呼吸を整えると、心も落ち着くのはどうして?

《対話タイムの内容まとめ》
・正しい呼吸をすると、交感神経/副交感神経のバランスが良くなる
 →調子が悪い時は、交感神経と副交感神経のどちらかが過剰に反応しているということ!
 →自律絵神経のバランスが整う=健康に
・丹田を意識する呼吸が腹式呼吸。重心が下に下がり、安定する。良いものを吸収し、悪いものを出す効果も(宇宙のチカラ)。
・西洋人と東洋人の違い①体のつくり
 →猫背気味の東洋人は、元々腹筋が弱い。胸式呼吸はより腹筋を使うので、疲れがち。
・西洋人と東洋人の違い②音と声
 →木造建築物が多い東洋では、音が吸収されやすく、東洋人は音に敏感。緊張しやすい!? 密息は低い声が出るため、落ち着ける。
・緊張して息がとまるのは、危険を回避するための体の反射反応。本能。ゆえに、どうしようもない。
・心と体がつながっていることは、仏教・古代ギリシャ時代から言われていること。昔から「呼吸」は重視されている。
・心をコントロールするのは難しいため、体をコントロールして効果を生むべし。
・呼吸法のポイントは「吐く」こと。まず吐く。
 →吐くとは、「捨てる」「与える」ということに繋がる。こだわりを捨て、人に与えることができる人は、心が豊かな人だ。

《印象深かったコメント》
呼吸って、体とも心とも、いろんなことと繋がっているんですね。


ファシリテーター

杉本 綾香

スギモト アヤカ

Profile

いきもの好きの26歳OL 。京大農学研究科卒。
5歳の小学校受験以来、いわゆる優等生レールを疑いもなく走ってきたけれど、22歳のときに急に精神的に落ち込む。'自分はどんな人間になりたいか'全く考えていないとふと気づき、呆然。後悔と恥と不安に飲み込まれました。「自分を知る」大切さを痛感して以来、あれこれ勉強中。せっかくなら誰かと役立つ知恵をシェアしながら学びたいと思い、読書会を始めました。

◇読書会の内容は【ライフスタイル中心】
例えば、ストレスケア、お金のこと、自然に馴染むこと。
強く優しく生きていくために、輝いて毎日過ごすために、
本から知恵を学びと思っています。

◇好きな考え方
日本人の長寿の源は好奇心だと思う(建築家・安藤忠雄さん)

キャッチコピー

実学って大事

このファシリテーターに問い合わせる
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.