新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

理想のライフスタイル実現のためには…

2018年8月18日(土) 15:00~17:00

広島県

広島県広島市中区袋町3-11 広島県味噌会館3F 貸し会議室

【生活の豊かさを考える読書会】の第3弾でした。今回のテーマは「消費社会と簡素な生活について」。
シンプルライフってよく聞くけれど、何が良い?理想の生活は?どうしてシンプルになれないのか?
といった、ライフスタイルについて真面目に話をする時間となりました。

複数の本を使いました。
今回集めた本は「パパラギ」「ホセ・ムヒカの言葉」など、超消費社会である現代社会・文明社会に批判的な内容で、
メッセージ性の高い本でした。それだけ、心に響く言葉がたくさん…!

参加者さんは、2名だったので、ゆっくり真剣にトークができて良かったです。
どんな生活が理想?かなんて、普段つい放っておいてしまうテーマ。
普段はしない話が出来て、楽しく有意義だった、と参加者さんから嬉しいコメントをもらいました。
やってよかった!
《理想のライフスタイルを実現するためには…》

・発想を転換させること=縛られない
  ※もう十分豊かかもしれない、お金はもっと必要なの?

・自分の軸をもつこと=振り回されない
  ※ありのままで振る舞える、それって幸せだ

・物や悩みを減らすこと=簡素に=自分の時間を作ること
  ※余裕を作ろう、頭も心もやわらかくなろう

《対話の内容まとめ》
・差別はあるものだ。他人との差を嘆いてもしょうがない(と思おう)。
・満足の形は、人それぞれである。
・技術革新や文明によって、私たちが変わってしまった。
・モノや時間が切り刻まれてしまった。せせこましい世の中。疲。
・現代人の闇は、時間の問題?お金?物?
・人は、ずっと考え続けることはできない。
・だから休むことは大事。余白の時間こそ有意義。
・発想の転換につながる。
・生活のネガティブなことを、ポジティブ変換。
・好奇心をもって、希望をみつけよう
・貧しいのは不幸?自由じゃないと感じるのは本当?


ファシリテーター

杉本 綾香

スギモト アヤカ

Profile

いきもの好きの26歳OL 。京大農学研究科卒。
5歳の小学校受験以来、いわゆる優等生レールを疑いもなく走ってきたけれど、22歳のときに急に精神的に落ち込む。'自分はどんな人間になりたいか'全く考えていないとふと気づき、呆然。後悔と恥と不安に飲み込まれました。「自分を知る」大切さを痛感して以来、あれこれ勉強中。せっかくなら誰かと役立つ知恵をシェアしながら学びたいと思い、読書会を始めました。

◇読書会の内容は【ライフスタイル中心】
例えば、ストレスケア、お金のこと、自然に馴染むこと。
強く優しく生きていくために、輝いて毎日過ごすために、
本から知恵を学びと思っています。

◇好きな考え方
日本人の長寿の源は好奇心だと思う(建築家・安藤忠雄さん)

キャッチコピー

実学って大事

このファシリテーターに問い合わせる
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.