新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

「手放す」は、強く生きるための手段である!

2018年9月20日(木) 18:45~20:15

広島県

広島県広島市中区国泰寺町2丁目5−14名井珈琲商店

【メンタルヘルス読書会 第5弾】
テーマ:手放す、を考えて心スッキリ

心理やストレスケアをテーマにした読書会は、5回目です!
前回のテーマが「呼吸法」。
息を吐くときに邪念やこだわりも吐き出す、という考えもあるということだったので、その繋がりから今回のテーマは「手放す」にしました。

さて、読書会では、本の内容を話す時間もさることながら、その前のワークで、普段モヤモヤと思っていることを話しする時間が、個人的にとてもいい時間でした。

私自身、考えすぎで結局行動しなかったり、いつの間にか物が溜まっていたりします。
身軽にすっきりなれたらいいのに!と思うけど、出来ない…そんな話を参加者さんと一緒に話ししました。たくさん共感し合いました。
モヤモヤは私だけじゃないと思えたことが心強く感じられ、嬉しかですった時間です!

話の展開としては、手放すのテーマから、
自分軸のこと、いまを生きること、生と死のことに話がおよびました。
読書会開催前には予想していなかった展開!(読書会の醍醐味)
深い話ができて、おもしろく、ためになったなー。

今回は、いつもよりバランスの良い心地よい読書会だった印象です。
笑いと真面目な話のバランス、自分の内側の話と読書会で新しく得た気づきの話のバランスが、なんだかちょうどよかったんです。

心すっきり!!
最後は全員で前向きな気分を共有して、にこやかに終わりました!
毎回、読書会してよかったーと心から思える経験をさせてもらえて、ありがたいです。
いつもご参加、ありがとうございます!
《手放したいもの自己点検のまとめ》
・小さなことも気になってイラっとしてしまう自分を手放したい
・過去の嫌なこと(トラウマ)を手放したい
・つい考えすぎてしまう。シンプルに考えたいのに
・物やステータスについ執着してしまう
・子供がいつか自分の元を離れることが、イメージしづらい
・仕事で周りの目が気になってしまう気持ちを手放したい

《読書会トークまとめ》
・手放すから連想する言葉は、「捨」「失」などネガティブなイメージだけど、実際は何かを手放すメリットは大きい
・断捨離をしても、大切なものは、必ず残る
・本当にやりたいことは、捨てられない(諦められない)
・他人の目を伺ってしまう気持ちを、手放そう!
・手放すことで、自分の軸に気づく。自分を磨くことができる。
・前に進むために、過去やトラウマを手放そう
・もし明日が来るなら、という心持ちでいれば、いまを大事にできる。
→昔のものは捨てられる

《印象深かったコメント》
・会社や仕事は乗り物。どこに進みたいかが大事。自分で見定めるべし。
・最後の最後は、段ボール2つ。生活に最低限必要なもなって、そんなもん。
・雑、と、ゆとりがある、は似ているけど(反意語はきっちり)、違う
・ゆるやかな変化をくりかえすことで、習慣となる
・人生も人の思考もまっすぐに進むんけじゃない(飛び石リスト)
・今度、座禅体験会に行きましょうよ
→読書会フィールドワーク⁈ いいですね!

《読書会の流れ》
1.アイスブレイク
2.自己紹介
3.本を選ぶ
4.質問作り、答え探し
5.シェア&トーク
6.アクションプラン


ファシリテーター

杉本 綾香

スギモト アヤカ

Profile

いきもの好きの26歳OL 。京大農学研究科卒。
5歳の小学校受験以来、いわゆる優等生レールを疑いもなく走ってきたけれど、22歳のときに急に精神的に落ち込む。'自分はどんな人間になりたいか'全く考えていないとふと気づき、呆然。後悔と恥と不安に飲み込まれました。「自分を知る」大切さを痛感して以来、あれこれ勉強中。せっかくなら誰かと役立つ知恵をシェアしながら学びたいと思い、読書会を始めました。

◇読書会の内容は【ライフスタイル中心】
例えば、ストレスケア、お金のこと、自然に馴染むこと。
強く優しく生きていくために、輝いて毎日過ごすために、
本から知恵を学びと思っています。

◇好きな考え方
日本人の長寿の源は好奇心だと思う(建築家・安藤忠雄さん)

キャッチコピー

実学って大事

このファシリテーターに問い合わせる
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.