新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

「鏡の法則」今日の一冊

2019年4月10日(水) 5:30~6:45

神奈川県

横浜市

4/10 モーニング読書会

今日も朝から5冊の本を共有しました。
①野口嘉則著、 「鏡の法則」
②マツダミヒロ著、 「コミュニティをつくって、自由に生きる提案」
③唐木 元著、 「新しい文章力の教室」
④複数の著者の共著、「仕事の教科書」
⑤ポール ファセラ, 岩下 慶一 他 著、「マクドナルド 7つの成功法則」

■ご参加の目的
・コミュニティに関する本の理解を深めたい
・ライティングに関する本の理解を深めたい
・人材育成に関する本の理解を深めたい
・読書会の中で未読本の理解を深めたい
・野口さんの考えの理解を深めたい

■皆さんの本とQ&A
①野口嘉則著、「鏡の法則」
 おすすめの読者
 ・親子関係に悩んでいる人

 この本を読んで得られるもの
 ・わだかまりから解放される

 目次で気になったキーワード
 ・人生は自分の心を映し出す鏡
 ・困難な問題が教えてくれるメッセージ
 ・許すための8つのステップ

 Q&A
 Q許すための8つのステップを3つにすると?
 A
 ①環境を作る(相手との境界線を引く)
 ②書き出す(感情を吐き出す、行為の動機を探る、感謝できることを書き出す、
       感謝の言葉を復唱する、謝りたいことを書き出す、学んだことを書き出す)
 ③宣言する(?を許す)

 Q許すために何をするか?
 A相手の行為の動機を探る。

 Q困難な問題が教えてくれるメッセージとは?
 A
  鏡の法則:私たちの人生の現実は、私たちの心を映し出す鏡である。自分の心の波長に合った出来事が起きてくる。
  困難な問題は自分の心の中を見つめ直す必要があるということを教えてくれるメッセージ

 Q鏡の法則とは?
 A笑い→心を見つめ直す。感謝して気持ちよく仕事をしていれば、それが伝播する。

②マツダミヒロ著、「コミュニティをつくって、自由に生きる提案」
 おすすめの読者
 ・自由に生きたい方

 この本を読んで得られるもの
 ・今の時代にコミュニティを作る価値が分かる

 目次で気になったキーワード
 ・3つの「くれない」を手放す
 ・経験に投資することで人間魅力がアップする
 ・コピーライティングが上達する簡単な2ステップ

 Q&A
 Qコピーライティングが上達する簡単な2ステップとは?
 A
 ・良い文章を見つける
 ・それを書き写す(10回書き写すと良い)

 Q「3つのくれないを手放す」とは?
 A・「与える」ということは、「求めないこと」
  返事をしてくれない、見てくれない、喜んでくれないことを求めない。

 Q著者の魅力は?
 A 質問。質問をすることで人との関係が強固になる(例:「それで?」、「それから?」)

③唐木 元著、「新しい文章力の教室」
 おすすめの読者
 ・文章を書くことに悩んでいる人、もっとうまくなりたい人

 この本を読んで得られるもの
 ・文章を書くときの基本が得られる

 目次で気になったキーワード
 ・書く前に準備
 ・読んでもらう工夫
 ・もっと明快にするには

 Q&A
 Q読書会のレポートをより多くの人に読んでもらうには?
 A
 ・タイトルのつけ方が重要
 ・何について言いたいのかの主眼をタイトルに入れる

 Q読んでみておすすめのコピーライティングの技術は?
 A 骨子を考える

 Q書く前の準備とは?
 A
 ・いきなり書かない
 ・情報収集を最初に行う
 ・どのようなネタがあるのか、どのような順番で書くのか、重み付けを行う

④複数の著者の共著、「仕事の教科書」
 目次で気になったキーワード
 ・新しい時代の成功法則
 ・脳科学を活用したコミュニケーション術
 ・ビジネスが飛躍するプレゼンテーション術

 Q&A
 Q著者の一人の大森氏は?
 A
 ・プレゼンテーションの分野で日本でナンバーワン

 Qビジネスが飛躍するプレゼンテーション術とは?
 A
 ・プレゼンテーションとは何かを把握する。
 ・プレゼンス、与える。
 ・セミナーでの冒頭の質問の仕方はハードエッカーがやり始めた。聴衆の確認をとる。

 Q仕事の教科書を読んで活かしてみたいことは?
 A
 ・人のものを代わりに売ってあげる

 Q複数の著者の内容で共通していることは?
 A
 ・ミッション、ビジョンがしっかりしている

⑤ポール ファセラ , 岩下 慶一 他 著、「マクドナルド 7つの成功法則」
 おすすめの読者
 ・経営者

 この本を読んで得られるもの
 ・ビジネスモデルを学べる

 目次で気になったキーワード
 ・全ては握手に始まり、握手に終わる
 ・限界のない基準を作る
 ・成功に導いたのに6つの要素がある。(3人指導体制、実力主義、3本足のいす、
           フランチャイズモデル、決して満足しない、受け継がれる意志)

 Q&A
 Q個人事業主にとってヒントになるものは?
 A
 ・理念を作ると、巻き込む人が増えた

 Qこの読書会に限界のない基準を作るとどうなるか?
 A
 ・満足しない
 ・ルールをさらに皆で作る

 Q読書会を知っている人にアプローチするにはどのような握手を求めるか?
 A
 ・マクドナルドのフランチャイズ契約は契約書なしだった。信頼関係に基づいたものだった。
  →読書会で信頼関係を作る。

 Q読書会を盛り上げるために7つの成功法則の使い方は?
 A
 ・読書会の意義を見出す

■振り返り
・オンライン読書会の参加者の魅力をもっと分かりやすく発信していく
・読書会中で相手のためになるつぶやきならば積極的に行う
・与えることが重要
・複雑なものを3つにまとめる

レポート:佐藤裕耶、小林史弥


ファシリテーター

白川 竜

シラカワ リュウ

Profile

一般社団法人マミーサポート
副理事

鹿児島生まれ、横浜市在住。
中央大学法学部卒。

2015年、リーディングファシリテーター取得。
その後、行政や法人会、著者や企業からの
依頼受けて読書会を開催。

2018年、一般社団法人マミーサポートを設立。
母親が子連れでも自分らしく輝ける社会と
地域を作ることを目的に、子育て家庭支援に
関する事業を行っている。

専門分野は
「ワークライフバランス」

キャッチコピー

新しいこと始めたい方。本や人との出会いを求めている方。読書会でお会いしましょう!

このファシリテーターに問い合わせる
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.