新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

今日の一冊。「稼ぐために働きたくない世代の解体書 モチベーション革命」

2019年5月8日(水) 5:30~6:45

神奈川県

横浜市

5/8 モーニング読書会

今日は4冊の本を共有しました。
①尾崎和啓著、「稼ぐために働きたくない世代の解体書 モチベーション革命」
②ダニエル・ピンク著、神田昌典訳、「人を動かす、新たな3原則」
③中村文子、ボブハイク著、「研修デザインハンドブック」
④佐宗 邦威著、「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」

■ご参加の目的
・セールスについての知識を習得したい
・本を理解して仕事に活かしたい
・久しぶりに朝活に出たいと思っていた
・新しい考えを知り、新たな行動習慣に結びつけたい


■皆さんの本とQ&A
①尾崎和啓著、「稼ぐために働きたくない世代の解体書 モチベーション革命」
 おすすめの読者
 ・30代以下の人、30代以下の人と関わりがある人

 この本を読んで得られるもの
 ・30代以下の人は何をモチベーションに働いているのかが分かり、世代間の理解が深まり、新たな着想に結びつけられるようになる

 目次で気になったキーワード
 ・乾けない世代の幸せ
 ・仕事の永遠のルール
 ・自分と違う人はみな先生

 Q&A
 Q乾けない世代の幸せとは?30代の人は何をモチベーションに働いているのか?
 A
 ・団塊世代:何もないところから始まり、それを得ようとした。達成と快楽がモチベーション。
 ・30代以下の世代:必要なものは揃っている。良好な人間関係、意味合い、没頭がモチベーション

 Q仕事の永遠のルールとは?(特に30代の方)
 A
 ・人工知能革命が加速すると、単純作業のような仕事はどんどんAIが担っていく。
 ・その中で、どんな仕事ならロボットに代替されることなく、持続していけるか。
 ・それは、他人から感謝されて、お金をもらえること
 ・それには、相手ができないことを提供する。
 ・最もハッピーなことは、自分にとっては好きで楽にできることと、相手にはできないこととが噛み合うこと


②ダニエル・ピンク著、神田昌典訳、「人を動かす、新たな3原則」
 おすすめの読者
 ・セールスで悩んでいる人

 この本を読んで得られるもの
 ・売らない売りこみができる

 目次で気になったキーワード
 ・セールスに必要なスキル
 ・ペチャクチャを試す
 ・インプロ(即興)

 Q&A
 Q「ペチャクチャを試す」とは?読書会にどのように生かせるか?
 A
 ・ペチャクチャとは「おしゃべり」。外国の建築家が命名。
 ・張り詰めた雰囲気を和らげられる。
 ・ペチャクチャプレゼン:20枚のスライドを1枚20秒で話す(20秒/枚×20枚=400秒)。
 ・読書会ではおしゃべりを使い、雰囲気を和らげる

 Qタイトルの「新たな」とは?
 A
 ・セールスの金言ABCは以前は『必ずまとめろ契約を』(Always Be Closing)
 ・21世紀における新たなABCは同調(Attunement)、浮揚力(Byoyancy)、明確性(Clarity)

 Q「インプロ(即興)」とは?
 A
 ・インプロとは即興演劇のこと。
 ・演劇とセールスは共通点が多い。
 ・演劇は客が目の前にいて、酷評を受ける。
 ・セールスも同じで、断られるなど拒絶される。

③中村文子、ボブハイク著、「研修デザインハンドブック」
 おすすめの読者
 ・研修担当者、講師

 この本を読んで得られるもの
 ・学習効果を高める研修を作れるようになる

 目次で気になったキーワード
 ・ニーズを分析する
 ・参加者を分析する
 ・コンテンツに何を入れるか

 Q&A
 Q参加者のニーズを分析する方法は?
 A
 ・アンケート
 ・ヒアリング
 ・フォーカスグループインタビュー:例えば、フリートークする中で、参加者のニーズが分かる

 Q新たな気づきがあったものは?
 A
 ・研修でできることと、研修以外でできることの2つの視点が重要
 ・研修:新たな知識
 ・研修以外:参加者の悩みを対話ですくい取る
 
 Qコンテンツに絶対に何を入れるとよいのか3つ教えて欲しい。
 A
 ・参加者の目的達成のために重要な内容
 ・実践する際に必要となる知識
 ・実践する際に必要となるスキル

④佐宗 邦威著、「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」
 おすすめの読者
 ・思考がまとまらない人

 この本を読んで得られるもの
 ・考えたことをどのように表現できるようになるかが分かる

 目次で気になったキーワード
 ・穴に落ちること
 ・ビジョンスケッチ
 ・セルフ無茶ぶり

 Q&A
 Q移住した理由をこの本のスキルを用いて論理的に説明すると?
 A
 ・都会で子育てをするのが大変だったため

 Q「ビジョンスケッチ」とは?
 A
 ・モヤモヤと思いついたことを絵で書いてみる
 ・大事そうなものを真ん中に大きく書いてみる
 ・清書していくうちにアイデアがまとまっていく

 Q「セルフ無茶ぶり」とは?
 A
 ・アイデアを出すために制限を入れる。例:時間、文字数を決める

■振り返り
・対話でアイデアが生まれる
・スタッフの仕事のモチベーションを意識する
・仕事の本質(相手ができないこと)を意識してみる
・ビジョンスケッチをやってみる
・セルフ無茶ぶりをやってみる


レポート:佐藤裕耶、小林史弥


ファシリテーター

白川 竜

シラカワ リュウ

Profile

一般社団法人マミーサポート
副理事

鹿児島生まれ、横浜市在住。
中央大学法学部卒。

2015年、リーディングファシリテーター取得。
その後、行政や法人会、著者や企業からの
依頼受けて読書会を開催。

2018年、一般社団法人マミーサポートを設立。
母親が子連れでも自分らしく輝ける社会と
地域を作ることを目的に、子育て家庭支援に
関する事業を行っている。

専門分野は
「ワークライフバランス」

キャッチコピー

新しいこと始めたい方。本や人との出会いを求めている方。読書会でお会いしましょう!

このファシリテーターに問い合わせる
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.