新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

今日の一冊。藤村正憲著、「世界で通用する最強の子育て」

2019年5月22日(水) 5:30~6:45

神奈川県

横浜市

5/22 モーニング読書会

今日は5冊の本を共有しました。
①原晋著、「フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉」
②中土井僚著、「人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門」
③伊賀 泰代著、「生産性-マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの」
④藤村正憲著、「世界で通用する最強の子育て」
⑤ナポレオン・ヒル著、「悪魔を出し抜け!」

■ご参加の目的
・本を理解して仕事に活かしたい
・図書館で毎週本を数冊借りており、その習慣化に活用したい
・即興の練習をしたい
・持参した本の理解を深めたい
■皆さんの本とQ&A
①原晋著、「フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉」
おすすめの読者
・組織を運営する人

この本を読んで得られるもの
・人と組織を強くするノウハウが分かる

目次で気になったキーワード
・管理するのではなく、感じる
・チーム目標と個人目標
・50番目の人間にも、50番目の価値がある

Q&A
Q どんな人がどのような理由で青学を優勝に導いたのか?
A 中京大学陸上部出身の元営業マン。陸上界の常識(監督の言うことに従えばよい)を疑った。

 Q 管理するのではなく、感じるためのノウハウは?
  どの感覚を感じ取っているのか。読書会でどう生かすか。
 A 感じることを意識。日常の会話、表情から読み取る。

 Q 50番目の人間にも、50番目の価値があるとあるが、価値の見つけ方は?
 A レギュラーだけではなく、50番目でも役割がある。同じ目標に向けて、
  同じ思いで練習すると連帯感が生まれ、多少のトラブルでは崩れない本当の強さが宿る。

②中土井僚著、「人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門」
 おすすめの読者
 ・経営者向け

 この本を読んで得られるもの
 ・人と組織の問題を解決する方法が分かる

 目次で気になったキーワード
 ・出現する未来からの学習
 ・本質的な変容を起こすU理論の7つのステップ
 ・コレクティブリーダーシップ

 Q&A
 Q人と組織の問題にはどのようなものがあるか?
 Aコミュニケーションが一方通行、社員の受動的な行動

 Q人はどんな時に受容を起こすか?
 A武士は己を知る者のために死す
  →観察、理解する

 Q出現する未来からどう学習して、具体的にどう使っていくか?
 A U理論のプロセス→観察・直観・素早く行動
  フューチャーマッピングを使う

③伊賀 泰代著、「生産性-マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの」
 おすすめの読者
 ・生産性を上げたい人

 この本を読んで得られるもの
 ・生産性向上のための手法が分かる

 目次で気になったキーワード
 ・改善と革新
 ・成長とは生産性が上がること
 ・モチベーションを下げる本当の理由

 Q&A
 Q 読書会の生産性を上げるために何をしたらよいか?
 A
 ・付加価値を上げることを意識する。
 ・付加価値:×高機能化 ◯必要なものを絞る
 ・一つの手法に特化して、深くやっていく

 Q 起業をしたい人、個人事業主へのアドバイスは?
 A
  ・会社員向け:ファシリテーション能力を上げることで、会議の生産性を上げることができる。
  ・個人事業主:リーディングファシリテーターになること

 Q モチベーションが続かないのはどうしてか?
  生産性を上げる気持ちになるにはどうしたら良いか?
 A
 ・モチベーションが下がるのは、会社から期待されていないと感じてしまう時。
  よって、期待し続けることが大事。

④藤村正憲著、「世界で通用する最強の子育て」
 おすすめの読者
 ・子どもがいる親

 この本を読んで得られるもの
 ・どこにでも通じる力を得られる子育ての仕方

 目次で気になったキーワード
 ・親の意向に沿っている時だけ誉めない
 ・相手に自分の基準で動くことを求めず許容する
 ・パートナーとの違いをポチティブに受け止める
 
 Q&A
 Q 効果的な褒め方は?本の内容で実践が難しかったものは?
 A
 ・子どもが夢中になっていることを具体的に褒める
 ・英語を使って誉めると言う本の内容はなかなか実践が難しい

 Q日本と海外の違う点は?
 A
 ・日本:目標は先生が決める。逃げてはダメ。
 ・海外:目標は子どもたちが決める。

 Q 留学で得られるものは?
 A
 ・文化の違いを受け入れられる
 ・日本の良さを再認識できる
 
 Q グローバルな視点とは何か?
 A
 ・世界の教育:意志を持つ力、考える力、社会とつながる力の3つに力を入れている。

⑤ナポレオン・ヒル著、「悪魔を出し抜け!」
 おすすめの読者
 ・内部対話の仕組みを知りたい人

 目次で気になったキーワード
 ・もう一人の自分
 ・心の状態
 ・チャンス

 Q&A
 Q 内部対話の秘密、これは使えるというノウハウは?
 A
 ・他人に対して、あなたはノーと言えるか

 Q 内部対話をうまくするのに習慣化した方が良いことは何か?
 A
 ・望むものを明確化する
 ・実現するための計画を立てる
 ・どんな犠牲も喜んで支払う
 
 Q チャンスの見つけ方、活かし方は?
 A
 ・逆境の時の経験

 Q 心の状態をどのように自分でコントロールできるか?
 A
 ・揉め事が起きるたびに原因を突き詰めて、解決する

■振り返り
・望むものを明確化する。
・皆の質問に気づきがあった。
・社員をよく観察して理解する。
・子どもを観察して具体的に褒める。
・個別ミーティングのあり方として、フューチャーマッピングを用いる。
・英語の褒め方のリストを作る。
・人が変容するのは自ら動くとき。
・動かない組織に対して、働きかけてみようと思う。


レポート:佐藤裕耶、小林史弥


ファシリテーター

白川 竜

シラカワ リュウ

Profile

一般社団法人マミーサポート
副理事

鹿児島生まれ、横浜市在住。
中央大学法学部卒。

2015年、リーディングファシリテーター取得。
その後、行政や法人会、著者や企業からの
依頼受けて読書会を開催。

2018年、一般社団法人マミーサポートを設立。
母親が子連れでも自分らしく輝ける社会と
地域を作ることを目的に、子育て家庭支援に
関する事業を行っている。

専門分野は
「ワークライフバランス」

キャッチコピー

新しいこと始めたい方。本や人との出会いを求めている方。読書会でお会いしましょう!

このファシリテーターに問い合わせる
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.