新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

まちヨミ in 松山

2015年1月31日(土) 13:00 - 17:00

愛媛県

松山市文京町4番地2松山大学214番教室

2015年1月31日、松山大学で「まちヨミ」を開催しました。学生は5人、社会人4人、教員2人、計11人が参加しました。テスト期間中であったため学生の参加は限られていたものの、参加した学生の意識は非常に高いものがあり、非常に満足のいく結果になりました。


 そもそも今回、取り上げた本は高野登氏の「あえて、つながらない生きかた」です。この本を取り上げた理由は、「絆」「つながり」と言われている中にあって、「つながらない」とはどういうことなのか。また、「つながる」「つながらない」をキーワードに働くとは何かなどについて考えてもらいたかったからです。実際、SNSなどを通じて他者と接点をもちやすく、つながることについて安易に行えるようにはなりましたが、人と人とのつながりは希薄になったように感じます。


そこで課題本を読む前に、まず日々行っているソーシャルメディアとの付き合い方、人との付き合い方について対話を行いました。その後、「STEP1:本を読む準備をする」→「STEP2:本と著者と仲良くなる」→「STEP3:答えを探してみる」の3つのステップで読書を行いました。


参加した人からは、「想像していた従来の読書会のイメージを良い意味で裏切ってくれた」「こんな本の読み方もあるのか」など、ユニークな読書会に驚いていました。確かに、「STEP1~STEP3」の読み方で本を読んだといえるのかと問われれば疑問は残りますが、多くの読み方の「1つ」として「あり」だと思います。なお、参加者からは「つながる」「つながらない」は、自分自身が主体的に選択することだと学んだようでした。


「STEP1~STEP3」を終えた後、最後に、これから誰とつながり、何とつながり、松山でどう働くのかなどを考えてもらいました。リードフォーアクションでは、本をただ読むだけではなく「アクション(行動)につなげる」ことが重要だからです。実際、参加した学生からは「焦らずに一歩ずつ進んでいく中で、無駄を省き自己実現可能な働き方を目指す」という声を聞くことができました。また、「(何も得意なものがないと思っていた人が)あれ、私って意外にいろいろやってるじゃん、明日から何かできそう」と感じたようでした。「気づけば動く」→「動けば変わる」、そのきっかけとして、「本」があるって素晴らしいことだと思いました。


ファシリテーター

金森 敏

カナモリ サトシ

Profile

キャッチコピー

このファシリテーターに問い合わせる

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.