新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

今日の一冊「使える色彩学」

2019年6月19日(水) 5:30~6:45

神奈川県

横浜市

■ご参加の目的

・本を理解し、仕事に活かしたい

・参加を継続したい

・ワークショップに活用したい

・積読本を解消したい(他2名)


■皆さんの本とQ&A

①藤原和博著、「45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ」

おすすめの読者

・迷える40代

この本を読んで得られるもの

・将来に対する不安と迷いが消え、元気が湧いてくる

目次で気になったキーワード

・あえて時間のかかることをやってみる

・働き方改革の流れ

・ライフワークは慌てず、じっくり探せばいい

Q&A

Q働き方改革の流れ

A

働くことをどうとらえているのかを自分に問いかけてみる

Q40代だからこそできることは

A

専門分野をもう一つ作る

Qあえて時間をとってやりたいことは

A ボランティアで家庭教師

Q本をとった理由

A35歳の教科書と迷った。参加者の方40代

②アンジェラ=ダックワース著、「GRIT」

おすすめの読者

・優れた成果を出したい方向け

この本を読んで得られるもの

・人生の成功を決める究極の能力を知る

目次で気になったキーワード

・鉄人は必ず他者を目的にする

・科学では賢明な子育ての答えは出ている

・「課外活動」を絶対にすべし

Q&A

Q鉄人は他者を目的にするとは?

A成功する人は、自分のためでなく、

人のために行動する

Q賢明な子育ての答えとは

A支援を惜しまず、要求が厳しい

Q課外活動

A第三の関係を持つことが出来る、

やり抜く力を鍛える(損得、利害に関係なく)

Q私なりのやり抜く方法

A飽きっぽいことを認め、やり抜く力が強い人と組む

③ビジネスカラー研究会著、「使える色彩学」

おすすめの読者

・色について詳しく知りたい

この本を読んで得られるもの

・効果的な色の

目次で気になったキーワード

・仕事が捗るオフィスづくり

・勝負カラー

・プレゼン赤、青、緑を使い分ける

Q&A

Q プレゼンは赤、青、緑とは

A 銀行の看板のカラー

赤:スピーディ

青:心配性

緑:安全

Q 読書会で生かす方法は

A

スライドに色をつける

Q 色彩とオフィスの関係性は 

A

黄色:集中力アップ

緑:ストレス解消

赤:よく目につく

青:会議を捗らせる

黄色、ピンク:休憩室

白い照明:長居させたくない

Q オススメの勝負カラー

A

ピンク:女性ホルモンが出やすい

④安田正著、「超一流の雑談力」

おすすめの読者

・話が苦手な人

この本を読んで得られるもの

・会話がスムーズになること

目次で気になったキーワード

・引き寄せる話し方

・心の声を声をきく力

・困難な場面にあった時の話し方

Q&A

Q 心の声をきく話し方、スムーズに雑談する力、困難な場面にあった時の話し方、心を鷲掴みにする話し方

A

・雑談の真髄は話すことではなく、聴くこと

・聴き方のコツ:相手が何気なく使ったキーワードを拾う(先ほどおっしゃった〇〇)

・人を気持ちよくする聴き方のコツ(えー本当ですか。5段階目)

・人を気持ちよくするツッコミ(さすが、知らなかった、すごいですね、せンスいいね、そうなんですね)

・自慢話をしてくる人には話をしてもらう(どうして〜何ですか)

・共感して、提案する(さぞかし〜ですね。では〜しましょうか)

⑤ダン ロスステイン, ルース サンタナ著、「たった一つを変えるだけ」

この本を読んで得られるもの

・質問が変える

目次で気になったキーワード

・生徒自身の質問作り

・質問の焦点

・質問を書き換える

Q&A

Q 質問を書き換える

A

悪い質問から良い質問へ。

Q 質問の焦点

A

質問のきっかけになれるようなもの。

Q みなさんに一つ質問するとしたら

A

小学生向けの読書会をに盛り上げるために、どんなスタイルでやればよいのか。

Q 小学生が喜んでいただけるような読書会は

A

評価をしない。

⑥柴田 博人、 竹松 祐紀著、「デキない人のお金の使い方 デキる人のお金の使い方」

おすすめの読者

・お金のことを学びたい人

目次で気になったキーワード

・浪費をゼロにする投資マインド

・お金が返ってくる理由

Q&A

Q お金が返ってくる理由

A

他者に喜んでもらっているから。

Q 寄付はどのような使い方

A

自己投資はリターンが返ってくると信じているから。

寄付はその団体が何かを貢献してくれると信じているから。

Q 浪費をゼロにするコツは

A

他の人を楽しませる。他の人を巻き込むことでリターンが大きくなる。

Q できない人からできる人になるコツは

A

他の人が持っていないものを持っている人、またはそれを予想して作れる人

⑦吉田 新一著、「効果10倍の教える技術」

おすすめの読者

・教える人

目次で気になったキーワード

・学びの原則を知る

・新しい流れを理解しよう

・思考の6段階に対応した質問をする

Q&A

Q 思考の6段階とは

A

知識、理解、応用、分析、統合、評価の順に高いレベルの思考力になる。

日頃は知識や理解しか使っていない。

Q 思考の6段階を踏まえてやる行動は

A

分析、統合を意識して、質問できるようになりたい

Q なぜこの本を選んだのか

A

近所の子どもたちに英語を教えて欲しいと頼まれたため(英語ではなく、コミュニケーションの観点から)

■振り返り

・課外学習をするのがよい

・継続して参加したい

・子どもに対する支援を惜しまない

・深い質問をできるようにしたい

・紹介してもらった本を読んでみたい

レポート:佐藤さん


ファシリテーター

白川 竜

シラカワ リュウ

Profile

一般社団法人マミーサポート
副理事

鹿児島生まれ、横浜市在住。
中央大学法学部卒。

2015年、リーディングファシリテーター取得。
その後、行政や法人会、著者や企業からの
依頼受けて読書会を開催。

2018年、一般社団法人マミーサポートを設立。
母親が子連れでも自分らしく輝ける社会と
地域を作ることを目的に、子育て家庭支援に
関する事業を行っている。

専門分野は
「ワークライフバランス」

キャッチコピー

新しいこと始めたい方。本や人との出会いを求めている方。読書会でお会いしましょう!

このファシリテーターに問い合わせる
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.