新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

「古典は古い本」ではなく現代に生きていることを知る読書会103

2019年8月10日(土) 20:00 - 22:00

東京都

anywhere you want

富は貨幣すなわち金と銀から成るのではなくて、貨幣で買えるものからなり、貨幣はものを買う力があるからこそ価値があるということを、まじめに証明しようとするのは、あまりにも馬鹿げている。
スミスがただの市場原理主義者ではないということが見えてくる第二巻を使って開催しました。
スミスは農業を重視する重農主義のイデオロギーや工業を重視するといった側面が非常に強く伺えました。

これら含めてこの巻で透徹されているのは「生産性」の高い労働を最も重視していたということです。
それゆえに公務員や司法・政治関連、医者などを低く見ているという特徴が垣間見えます。

第3巻は公共事業などの政府の役割などについて述べている箇所になります。
興味ございましたら途中からでもぜひご参加ください。


ファシリテーター

北畑 淳也

キタハタ ジュンヤ

Profile

思想家。27歳。
22歳で濫読に目覚め、600冊を2年で多読した結果「読んだ冊数を競うような読書に意味はない」という結論を出す。
現在は「*良書に特化して読書をすべき」という思想的立場をとり、自身でも読書会を開催しながら良書を気軽に読む方法を開発中。
8月8日にフォレスト出版社より『世界の思想書50冊から身近な疑問を解決する方法を探してみた』を発売。

主な読書会開催実績(大阪梅田メイン)
・インターネット読書会
・良書の読破をする読書会

*良書とは?
”彼らの作品の特徴を、とやかく論ずる必要はない。良書とだけいえば、誰にでも通ずる作品である。このような作品だけが、真に我々を育て、我々を啓発する。”
ショーペンハウエル『読書について』

キャッチコピー

「金儲け」には全く役に立たない本ばかり読みます。
「読書をするとは何か?」を根本的に考えられる機会を提供することを約束いたします。

このファシリテーターに問い合わせる
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.