新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

自分を大切に、相手も大切に。自己肯定感を上げてwin-win-happyの関係に!

2020年1月22日(水) 18:45~20:30

広島県

広島県広島市中区国泰寺町2丁目5−14名井珈琲商店

約1年ぶりにメンタルヘルス読書会を開催しました。
会場は、珈琲の香りが華やかで、落ち着く和室の雰囲気がお気に入りの〈名井珈琲商店〉にて。
前回の開催から日にちが空いたにもかかわらず、6名の方がご参加くださいました。嬉しい。

1年半ぶりに参加くれた方や、先月が初めましてだった方も!
再会できるってこんなに嬉しいことなんですね。ありがとうございました!

さて、今回のテーマは「自己肯定感」について。
昨年11月のエキスパートカフェのテーマです。それ以来、私もマイブームに。
私自身、メンタルが弱いことがずっと課題なのです。いろんな心理学に関する本やワークを見てきましたが、「自己肯定感」についての内容が、一番わかりやすくて、読んでいて楽しい。

だから、「自己受容感」をテーマにして、楽しくなる学びを一緒にシェアしたいと思っています。
深くゆっくり時間をかけて、多方面から考えてみたいから、初めての取り組みとして、全3回シリーズで開催する予定です。

今回は「自尊感情」と「自己受容感」について、対話を深めていきました。
ありのままの自分でOK!他人の評価を期待するのではなくて、自分で自分を認めて評価しよう!といった内容です。

今日は、8冊の本が集まりました。同じテーマなのに、それぞれ異なる本の特徴を知ることができて、面白かった!
「この本は戦略的に書かれている。」
「狩猟民族的な行動力あることが書いてある印象。著者は、どの国の人だろう…?」
「366日分、単発で言葉か書かれているけれど、気になる言葉が多くて、質問そっちのけで読みふけってしまいました笑」

作った質問も、3つ×6人=18個!
さまざまな視点から、自己肯定感について考えを深めることができたと思います。
「不安は、受け入れるものか?解消するものか?」
「人はなぜ愛されたのか?」
「甘やかすとは?」

話の内容は濃く、有意義な時間となりました。あっという間だった!
自分自身の過去の経験、上司とのやりとり、友人とのやりとりなど…オープンに自由に、
和気あいあいと会話が弾んでいったからだと思います。みんなで大笑いした場面も、何度かありましたね!

私自身、とても happy になれました。
今日の学び。
自分の時間をもって、まずは自分のことを自分で愛してあげること。
そして、自己表現をして、他人とお互いに心地よい距離感をつくりながら、お互いに認め合って、毎日を楽しく過ごしましょう!
ありがとうございました!
来月も開催するので、どうぞお楽しみにー!
《トーク内容まとめ》
・他人の考えに依存している状態は、自己肯定感が低いということ
・1つのことにこだわりすぎると、自尊感情が低くなる(これじゃダメと思っていない?)
〇 明日やればいいことは、今日はやらない。明日にしちゃおう。
・ありのままの自分を受け止めるには、瞑想がいい。すっきりする!
・ゆっくりと感情を味わうことが大事だと思う。ゆっくりと自己受容感が回復しそう。
・成功とは…自分で決めた目標を達成すること(自分で決めた、がポイント)
・自分を尊敬していないと、相手も尊敬できない。相手と張り合うことにならないように。
・自分の意見をはっきり言わないのは、相手に嫌われることを恐れているから
〇 孤立はだめだけど、孤独は大切
・ひとりの時間をもって、ひとりで生きられるように、自分軸をつくっていこう
・自己肯定感は上がったり下がったりする。思考の転換が大事。

《嬉しかったコメント》
・テーマが素晴らしい。ためになりました。
・自由に自分の考えや経験を話せる雰囲気だったこと open conversation
・一度に多くの学びが得られる。
・楽しかったです!
・スケッチブックの雰囲気が、最高です。
・座ぶとん式会場にほっこり
・ゆるりと時間をすごすことができてたのしかったです。

《明日に活かす小さな一歩》
・他人の考えも自分の考えも尊重する。まず、深呼吸!
・自分も相手も大切にするぞ!
・今日は今日、明日は明日。自分を大切に、相手も大切に。
・ポジティブに考える。ネガティブに考える時間はもったいない。
・アサーションの復習をする
・自己表現をしよう

《今日使った本》
・自己肯定感の教科書(中島輝 著)
・心の傷を癒すカウンセリング366日(西尾和美 著)
・自分の価値に気付くヒント(ジェリー・ミンチントン 著)
・自分だけはいつも「自分の味方」マイペースの力(和田和樹 著)
・自己カウンセリングとアサーションのすすめ(平木典子 著)
・自尊心の育て方 あなたの生き方を変えるための、認知療法的戦略(マシュー・マッケイ&パトリック・ファニング 著)


ファシリテーター

杉本 綾香

スギモト アヤカ

Profile

2018年2月よりファシリテーター。読書をするようになったのは、20歳から。
5歳の小学校受験以来、いわゆる優等生レールを疑いもなく走ってきたけれど、22歳のときに '自分はどんな人間になりたいか'全く考えていないとふと気づき、呆然。後悔と恥と不安にかられて、立ち止まる。「自分を知る」大切さを痛感して以来、あれこれ勉強中。
せっかくなら誰かと役立つ知恵をシェアしながら学びたいと思い、読書会を始めました。
毎回違う、ひとりじゃできない発見や読書会での人と本との出会いが、嬉しいです。たくさんのご縁に感謝。

◇読書会の内容は【ライフスタイル中心】
メンタルヘルス読書会(1on1読書会)、サイエンス読書会、感性を磨く読書会など

◇読書会で大事にしていること
わくわくしてもらうこと、自分に素直でいること

◇好きな考え方
日本人の長寿の源は好奇心だと思う(建築家・安藤忠雄)

キャッチコピー

実学って大事

このファシリテーターに問い合わせる

メールマガジン登録





▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.