新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

【オンライン開催】第30回看護師が元気になる読書会

2020年3月7日(土) 9:30〜11:30

東京都

オンライン開催(ネット環境がある所ならどこからでも参加できます)

コロナウイルス感染症の危機に松下幸之助氏なら何と言うか。
看護師を元気にする読書会の30回目。
本日は天使の会の読書会では初のオンライン開催。

そして、天使の会小西会長がリーディングファシリテーターとしてデビューしました。

12名での読書会となりました。

今月は「幸せな人であり続ける」をテーマに
「道をひらく」を用いて、
困難に直面した時にこの本から助言をもらう読み方を実践しました。


「コロナウイルス感染症の危機に松下幸之助氏なら何と言うか」
という話題が出たりして、


次のとおり、たくさんの「気づき」と「やってみたい小さな一歩」を共有することができました。

これから3週間、読書会の学びを参加者全員で実践していきます。
何か1つでも皆さまに変化があれば嬉しいです。

次回は4月11日に「看護師のあり方を見つめ直す」をテーマに「ナイチンゲールの看護覚え書」を読みます。
看護師のあり方を見つめ直したい医療従事者の方、ご参加お待ちしております。
https://peatix.com/event/1443279/view

【気づき】
・自分の欲求を満たすと色んなことを許せる広い心を得ることができる。
・十人十色。自分が良かれと思っていても、他人はそうは思っていなかったりする。
・けじめを付けて、翌日まで引きずらず、しっかりと休む
・リスクを思いつくかぎり書き出して、それぞれに対してやれること、助けて貰えることを期限もともに書出すことで、全体を俯瞰できる。
・自然体でいること、学ぶ心を持ち続けること、相手のため・国のためになにができるか(残せるか)と考えることが大切。迷ったときの指針にしたい
・自然の理 という言葉を知りました: 日々当たり前のことを積み重ね。さまざま: ちがうことをなげくより、ちがうことの無限の豊かさを感じる。私に響く内容でした。
・長所が発揮できる環境づくり、短所は、補い合っていく
まずは対話から!

【やってみたい小さな一歩】
・今日できた自分の欲求充足を3つ書き出してから寝る!
・まずは対話、相手の考え、困っていることを聴く。できれば夢や希望まで。読書会的に。
・明日一日の朝から晩までのワクワク楽しいイメトレをしながら寝る
・会社から貰ったリスク一覧のサンプルを眺める。
・win-winの関係でいられるように、3月開催予定の読書会のポイントを見直して、リマインドメールを送る。
・交流会(お花見会)を企画したいと思います。


ファシリテーター

佐藤 裕耶

サトウ ヒロフミ

Profile

東京大学獣医学科卒、獣医師。
リードフォーアクション協会本部にて1年間、毎月読書会を開催し、研鑽を積む。
2016年より毎週早朝に読書会を開催する他、看護師団体からの依頼により毎月各地で読書会を開催、1,400名以上の方が参加。
出版社や著者との共催の読書会も開催。

かつては、現状をより良くしたい、でもどこに進めば良いのか分からず、読書をしても多くのセミナーに通ってもモヤモヤは晴れませんでした。
そうした時に2015年に読書会に出会いました。
そこから地道に読書会を開催し、多くの方々と対話を重ねていく中で、自分の強み、方向性が見つかり、道が拓けていきました。

読書会は対話により人の可能性が広がる場所です。私はそのお手伝いをしています。

現状をより良くしたい方のご参加をお待ちしております。
「幸せな気分になった」「元気になった」、
読書会で毎回そんなお声が聴けるのを楽しみにしています。

キャッチコピー

2015年5月より読書会開催経験250回以上、計1,400名以上の方がご参加。現状をより良くしたい方のご参加をお待ちしております。

このファシリテーターに問い合わせる

ニュース



▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.