新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

東アジアとコロナ危機

2020年5月5日(火) 14:00〜17:00

東京都

オンライン(zoom)開催ご自宅などお好きな場所でどうぞ。

日韓共催 World Book!! オンラインで著者と読む『韓国ビジネス 53の成功ルール』
5月5日(火曜日) 14:00〜17:00
日韓ビジネス、日韓コミュニケーションの話題から、
最終的に、日本に足りない(=埋もれている、冷遇されている)人材の話題になりました。

コロナ禍で日本に足りない、必要な人材とは……

✔︎ 前例がないものを作るのが得意
✔︎ 意思決定、スピードが早い
✔︎ 責任を取る
✔︎ 失敗に寛容
✔︎ 誰かがやらなきゃいけないことを、率先してやる

つまり、危機管理に強い人材ではないか??と思いました。

著者の徐さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!


ファシリテーター

榎本 澄雄

えのもと すみお

Profile

愛媛松山生まれ。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。
警視庁警察官拝命後、麻布署刑事課・知能犯捜査係主任刑事として社会的反響の大きい告訴事件を数多く担当。ASD被疑者の出版社に対するインターネット名誉毀損事件を強制捜査、事件送致。6年あまりで警視総監賞四件、刑事部長賞七件、組織犯罪対策部長賞三件受賞。人質立てこもり事件説得交渉訓練でアクティブ・リスニング・スキルを学び、退職後、特別支援教育の現場に身を置く。コロナ禍に大手人材企業の顧問として、受電1日最大4,000件、スタッフ最大60人の自治体受託コールセンターでCS、ESを指南。クレーム対応、ハラスメント対策、発達支援の現場で、構造的知能暴力犯罪から生命・身体・財産・名誉を護る元刑事の企業顧問No.1。
リスク対策.com『企業犯罪VS知能犯刑事』連載。著書『元刑事が見た発達障害』、共著『自傷・他害・パニックは防げますか?』など。

キャッチコピー

「日常と事件の交錯 元刑事が描く2時間ドラマ」
株式会社 kibi 代表取締役・元警視庁警部補
著書『元刑事が見た発達障害』、共著『自傷・他害・パニックは防げますか?』。リスク対策.com連載中。

このファシリテーターに問い合わせる

メールマガジン登録



ニュース





   

Tie up

 
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.