新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

2つのことにチャレンジした読書会

2020年7月5日(日) 5:30~6:45 (入室5:25~)

神奈川県

世界中からオンラインで参加できます!

本日(7/5日)は「データ(数字)をつかいこなす」というテーマで本を持ち寄り読書会を開催しました。

モーニング読書会第200回記念ということで、

・ファシリテーター(中崎)自身が以前のモーニング読書会で得られた気づきと小さな一歩の実践としてテーマを変更

・神山拓也さん(たくわんさん)がお奉行姿で登場

と、新しいことにチャレンジする回でした。

最後は、読書で自分を変えられること、小さな一歩の積み重ねが大事であることをお伝えし、この回を終えました。
【参加目的】
・数字の細部の情報を掴みたい
・数会話(必ず数字をいれる会話)ができるようになりたい
・アルゴリズムをわかりやすく表現する方法を理解する
・数値化の概念を仕事で活用したい
・使えるデータの使い方を知りたい
・新しい計画をするために何をすべきかを考えたい
・孫正義の仕事術を自分にたたきこみたい
・部下にデータをつかいこなす指導をどうしたらいいか
・抽象的になりやすいので、数字を使う自分をイメージする

【持ってきた本】
・数学女子智香が教える仕事で数字を使うって、こういうことです
・デジタル日本人
・Cアルゴリズム全科
・孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
・データドリブンマーケティング
・未来予測入門
・団塊の後

【気づき】
・ポスト日本人として大切にすべきもの→視点と場に注目して、データを外部に持ち出す
・数字は道具に過ぎないので、どう人のために役立てるかという視点で目的を持って把握・評価・予測することに活用する
・望む未来を数字とグラフで示す際には、そのポイントが何であるかを○と→で強調することで、見る人の視線を誘導することができる
・相手に伝えるためにはどんな数字で何を伝えたいのかが大事。
・まずは実行! データの観点も必ず入れる。
・緊急でないが重要なことをできていなかったのに気づいた
・環境を整えるのが大事→PDCAと分けて書いて貼る。重要なものは先にやる。
・PDCAを細かく回す。
Pの中でもCを入れる:他者の目を入れる→一人よがりだと合意が得られにくくなる。
上役のスケジュールを確認し、そのタイミングを狙ってCをしている。
Dの中でもCを入れる。
・自分年表を作って分析してみよう
・理系、文系、営業職とデータのとらえ方は人それぞれであることを理解できた
・自分も生活の中でデータを使ってリスク管理してたなあ

次回のモーニング読書会のテーマと日程は以下のとおりです。

・7/8(水)5:30~【テーマ:新しいことにチャレンジする】
https://www.read4action.com/event/detail/?id=7797

・7/12(日)5:30~【テーマ:座右の書で】
https://www.read4action.com/event/detail/?id=7824

ご参加お待ちしております。


ファシリテーター

中崎 倫子

ナカサキ トモコ

Profile

【学歴】
■筑波大学 第二学群 日本語・日本文化学類 卒業
■大阪大学 言語文化研究科 博士前期課程 修了

【現在の職業】
■大学図書館司書(本業)
・レファレンス業務
・ガイダンス講義(ZOOM) / 動画作成
・図書館ホームページ作成 等
■その他
・学修サポーター
・読書会ファシリテーター
・noteクリエイター

【主な実績】
■学修サポーター
▼アルマクリエイション
・知識創造クイックスタート講座:100冊読書勉強会ファシリテーター(2020年10月~2021年1月)
■読書会ファシリテーター
▼Read for Action
・アカデミック読書会:読書会ファシリテーター(2020年7月~)
■SNS
▼note
・私家版 学術関係リンク集 ※Twitterで共有→Impressions19万以上
https://note.com/rin12/n/n4d6c76046f51

キャッチコピー

何か壁にぶつかったとき、一人では解決の糸口すら見えないこともあります。そんなときには読書会に参加してみましょう。新しい本、新しい人との出会いが、別の視点を与えて、小さな一歩を促してくれます。

このファシリテーターに問い合わせる

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.