新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

【著者参加】「19歳で人工肛門 偏差値30の僕が医師になって考えたこと」第35回看護師が元気になる読書会

2020年8月29日(土) 13:30〜15:40(入室13:20〜)

東京都

オンライン開催(ネット環境がある所ならどこからでも参加できます)

著者(石井先生)をお招きし、総勢55名で自己肯定感をテーマに対話をしました。
前半は石井先生の本を読み、後半は石井先生と参加者の方々でフリートークをしました。

天使の会の事務局4名と7名のリーディング・ファシリテーターが連携し、開催しました。

多くの方とこの空間を共有できてとても嬉しく思います。

次回は9月19日(土)に、100万部のベストセラー「完全版 鏡の法則」を用いて開催します。
またのご参加をお待ちしております。
https://peatix.com/event/1611506/


【石井先生と参加者の方々との対話内容】
Q先生は今の自分に満足しているのか。
A
まだまだ人を助けられているとは思っていない。自分のリソースをしっかりと使っていきたい。
一方で日々を楽しく過ごすようにしている。

Q自分軸について、自分に正直なのと我が儘なのとをどう両立するのか。
A
我が儘と見られたくないという思いが強すぎると、他人の意見に左右されてしまう。
自分の持っているものを出していき、それが周りに迷惑をかけなければ良いのではないか。

Q自分軸について、やりたいことはすぐにやるのか、練ってやるのか。
A
まずはすぐに種まきだけやる。その後に行動する。

Q自分軸について、ロールモデルがない中でどのように進んでいくのか。
A
地図ではなく、コンパスを持つ。ワクワクする、面白そうな方に進んでいく。

Qキャリアをどう作っていくのか。
A
外的(バッジ)なものと内的(モチベーション)なものとでは、後者を重視している。
自分を軸に課題意識を持ち、アクションを起こしている。

Q周りの評価はどうして気にならないか。
A
気にならないことはない。ただし、自分が良いと思う道を選んできたのだから、納得している。

Q自己肯定感について、Beingではなく、Doingの方にすぐに目に行ってしまう。
A
Doing中心だと辛い。自己肯定感が低いなりに受け止めて生きていく。善き友を見つける。結果よりプロセスを認める。

Qご自身を一言で言うなら。
A
人生は色とりどり。


ファシリテーター

佐藤 裕耶

サトウ ヒロフミ

Profile

東京大学獣医学科卒、獣医師。
リードフォーアクション協会本部にて1年間、毎月読書会を開催し、研鑽を積む。
2016年より毎週早朝に読書会を開催する他、看護師団体からの依頼により毎月各地で読書会を開催、1,400名以上の方が参加。
出版社や著者との共催の読書会も開催。

かつては、現状をより良くしたい、でもどこに進めば良いのか分からず、読書をしても多くのセミナーに通ってもモヤモヤは晴れませんでした。
そうした時に2015年に読書会に出会いました。
そこから地道に読書会を開催し、多くの方々と対話を重ねていく中で、自分の強み、方向性が見つかり、道が拓けていきました。

読書会は対話により人の可能性が広がる場所です。私はそのお手伝いをしています。

現状をより良くしたい方のご参加をお待ちしております。
「幸せな気分になった」「元気になった」、
読書会で毎回そんなお声が聴けるのを楽しみにしています。

キャッチコピー

2015年5月より読書会開催経験250回以上、計1,400名以上の方がご参加。現状をより良くしたい方のご参加をお待ちしております。

このファシリテーターに問い合わせる

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.