新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

『アカデミック・スキルズ』総復習

2020年9月10日(木) 20:00~21:30(ご入室19:55~)※終了時間は若干前後します

東京都

オンライン(ZOOMにて開催)

アカデミック読書会(第9回)では、第1回~第8回までに読んだ『アカデミック・スキルズ 第3版 ―大学生のための知的技法入門』(慶應義塾大学出版会)の総復習として、アラウンド・テーブルという手法で、一冊を分担して読みました。

第1回~第8回までは各章を深く読む形で読書会をすすめていきましたが、第9回では1冊を俯瞰し全体感を掴むことを目的としました。

各章の要点と各章の前後のつながりを考えることで、聴く・読む・整理する・話す・書くの各スキルの関係を意識できる回となりました。
【今日の読書会のゴール】
・参加者の皆さんに大きな学びが訪れること
・今すぐにでも論文を書ける気分になれること
・クリティカルリーディングをできるようになりたい
・夜遅くまで本を読むぞという気分になること
・アカデミック・スキルズの再確認
・読書会について興味を膨らませる

【いま最も興味があるテーマ】
・論文を書くこと
・クリティカルリーディング
・歴史学
・大学受験
・ビジネス分野の人材育成

-----------------

【1章 アカデミック・スキルズ】
ずばり
・学術とは何かの総論

重要なポイントを3つ
・問いが要
・公共的
・説明できることが大事

次章とのつながり
・各論へ繋がっていく

気づき
・学問は公共性を持つことが、個人の趣味とは違う

【2章 ノートテイキング】
ずばり
・ノートテイキングは創作

重要なポイントを3つ
・人間観察
・組み立てる
・余白をとる

次章とのつながり
・地図を持って旅立っていく

気づき
・ノートテイキングは人間観察

【3章 情報収集】
ずばり
・何を集めるべきか

重要なポイントを3つ
・文献検索
・一次資料、二次資料
・Wikipediaの是非について

前章とのつながり
・問いを立てる

次章とのつながり
・探した本を読む

気づき
・工程順に並んでいる

【4章 本を読む】
ずばり
・本の性質を見極める

重要なポイントを3つ
・価値判断
・批判的思考
・論理的思考

前章とのつながり
・情報収集した結果として本を選んだ

次章とのつながり
・自分自身の価値判断の可能性が広がっていく

気づき
・本を読むのは自分に役立てないといけない

【5章 情報整理】
ずばり
・全体の流れを掴み、記録するための方法

重要なポイントを3つ
・記録は大事
・自分に合うものを見つける
・全体を見渡す

前章とのつながり
・クリティカルリーディングを進めるためのもの

次章とのつながり
・研究成果を発表するための準備

気づき
・情報を整理することで全体を見渡すことができる。人間は記録しないと忘れてしまう。

【6章 研究成果の発表】
ずばり
・人を説得する方法

重要なポイントを3つ
・なぜ研究するのかを示す
・論理的である
・説得力がある

前章とのつながり
・整理したものを説得力を持たせる

次章とのつながり
・説得力のあるプレゼンテーションにつながる

気づき
・説得力は論理的である

【7章 プレゼンテーション】
ずばり
・分かりやすく伝える力

重要なポイントを3つ
・相手を想う
・自分のなりの色を出しつつ発表
・試行錯誤

気づき
・伝われば何をやっても良い

【8章 論文・レポートをまとめる】
ずばり
・良い論文を書くには、型を大切にする

3つ
・自分の考えを書く
・論理的に語り、結論を明確に
・書式を統一

前章(プレゼン)とのつながり
・プレゼンでの質疑応答を踏まえ、論理を鋭くする
次の章とのつながり
・さらなる問いへ

気づき
・アウトプットするからこそ、問いが生まれる


【アカデミック・スキルズとは】
・型だけでは収まりきらない。人間的な部分がある。人間的な洞察。観察力。
・人との出会いを生かしきらないと良い論文は書けない
・遊びの部分が必要
・より良い生活をするためのもの
・置かれている状況によって重要度は変わる

-----------------

【気づき】
・アカデミック・スキルズとはこの本の中で自分に合う方法で進めていくこと
・最初は自分に関連する章を深く読むのが良いかと思ったが、通読することで他の章からもヒントが得られることがわかった。
・アカデミック・スキルズの基礎固めをするためにも対話するのが大事。
・アカデミック・スキルズは一つ一つのスキルが独立だと思ったが、より効率的なインプットからアウトプットまでの流れだと思った。

【小さな一歩】
・今日学んだ方法で情報の記録を取ってみる
・アカデミック・スキルズを通読する。
・著者にファンレターで自分の考えを送ってみる。
・インプットからアウトプットの流れを実施する。
・批判的な読み方をする。クリティカルリーディングをレビューする。

-----------------

次回のアカデミック読書会の日時・場所とテーマは下記のとおりです。

【日時・場所】
9月24日(木)20:00~21:30@オンライン(ZOOMにて開催) 

【テーマ】
科学哲学とは何か?

【課題本】
内井惣七『科学哲学入門』(世界思想社)

【詳細とお申込み】
https://www.read4action.com/event/detail/?id=7910

ご参加お待ちしております。


ファシリテーター

中崎 倫子

ナカサキ トモコ

Profile

大阪大学・言語文化研究科・大阪大学言語文化研究科博士前期課程修了後、いまは大学図書館で図書館司書をしています。大学図書館では「9××の分類の本はどこにあるか教えてほしい」「いい資料がないから一緒に探してほしい」「図書館のデータベースの使い方を教えてほしい」など、図書館の利用案内や資料に関するご相談の対応などをしています。

得意とする分野は、現在の大学図書館勤務の経験を活かした「学術(アカデミック)」です。大学で必要なスキルをテーマにした読書会(「アカデミック読書会」)の開催経験があります。

ビジネスの分野では、リベラル・アーツ(人文科学、美術等)やロジック(論理的思考、データ(数字)分析等)、大人の学びに関する読書会を得意としています。

キャッチコピー

何か壁にぶつかったとき、一人では解決の糸口すら見えないこともあります。そんなときには読書会に参加してみましょう。新しい本、新しい人との出会いが、別の視点を与えて、小さな一歩を促してくれます。

このファシリテーターに問い合わせる

メールマガジン登録





▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.