新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

学びにも遊びごころをプラスしよう!!

2020年9月11日(金) 20:00~23:00

神奈川県

世界中からオンラインで参加できます!zoomオンライン会議室

zoomのビデオフィルタで場を和ませながら、「知識ゼロからのプログラミング学習術」を課題本にプログラミングとは何か、プログラミングスキルを何に活かしたいかを対話しました。
後半は朝の行動パターンをxmindに書出すことでプログラミング的思考法を体験してみました。
作業(処理)の洗い出し、分解、並べ替え、分類など、プログラムでやりたいを実現するには様々なアプローチで作業を詳細化できることも大切です♪
【参加目的】
・一歩ずつ前進して、自分の行動をナビゲーションしたり記録してくれる日記アプリのようなものを実現したい。
・ワクワクする気持ちを得て、学生や協働者に教えることにプログラミングを活用したい。
・プログラミングの経験をもう一度思い出して、心に沁みる動画をプログラミングで作り上げたい。

【気づき】
・プログラミングとは順序などを立体的にイメージして形を作り上げること
・プログラミングには特別な能力は求められないが、メンタルモデル(こうすれば、こうなるという思考パターン)や正しい学習方法を実践することが大切である。
・自分にあった独学法として、SNSや掲示板など普段の生活パターンとは異なるコミュニティへの参加が有効そう。
・ハッカソンというエンターテーメント性の強いプログラム開発チームに参加して、みんなで協力して楽しく開発すると自分の強みを活かした能力を向上させることができる。
・サーバーという用語はイメージが沸かないが、その構造を理解してみたいと思った。
→スマホアプリなどはインターネットと連携して動作する物がほとんどなので、サーバーやネットワークをイメージできるとプログラミングの視野を広げる効果が期待できる。
・1つのことに集中できずに、様々なものにちょっとずつ手を付けることに後ろめたさがあったが、気になったものに片っ端から手を出すことも大切だとわかった。
・プログラミングを始めると1~2時間があっという間に過ぎてしまうことがあるが、みんなでワイワイ話しながら開発したり、様々な学習支援サービスを活用することで効率的に学習が継続できそう。


ファシリテーター

神山 拓也

コウヤマ タクヤ

Profile

読書会の可能性を探求するシステムエンジニア
滋賀県信楽町出身
会津大学コンピュータ理工学部コンピュータソフトウェア学科卒業

2015年 読書を習慣化。
2015年8月 初めて読書会に参加し、読書を共有することの可能性に興味を抱く。
2017年1月 社内で読書会の同好会を設立し、同年2月より毎月数回ペースで社内外で読書会を開催。
2017年11月 Zoomを使ったオンライン読書会を初開催。
2018年8月 スマホと本だけで、どこからでも参加できるオンライン読書会を開催中!

誰もが気楽に楽しく参加できる読書会を開催します。

キャッチコピー

横浜を中心に社内外での読書会を開催!!Zoomを活用したオンライン読書会も楽しいですよ♪

このファシリテーターに問い合わせる

メールマガジン登録





▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.