新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

【オンライン】あなたの源流をさかのぼる。

2021年6月8日(火) 13:00~14:30

鹿児島県

ZOOMオンライン

平日のお昼に60分間、オンラインで1対1での読書会を開きました。

私自身、読書会の面白さと学びも得られますし、
ずっとやってきた「傾聴を活かす対話」という分野を活かして参加者さんのお役に立てている喜びがあります。

今回来てくださった参加者さんとの内容を、備忘録的に投稿します。

図書
*「しなやかな生協への挑戦」行岡良治
*「水平思考の世界」エドワード・デボノ

<出てきたキーフレーズ>

自由、断固として断る、
~しなければいけない→変化、
言葉や名前→見方が固定化、
分類の硬直性、
「~が不可欠」から抜け出してみる、
問題からいったん遠ざかる、
対話→心地よく固定概念に気づける、


===========
1on1読書会のご感想
===========

Q・この読書会に参加して、あなたが一番得たものは?

A・こういう場を求めてたなあ。。


Q・参加する前、あるいは始めと較べて、いま変化している点は?

A・クリアになった部分がある。
好ましいと思っている人との対話の大切さ。
好ましくない人との対話は、疲れていく。

Q・この読書会がよいと感じた点は?

A・オンラインなので、自宅から参加できる。
リアルの良さもあるが、やはりそこまで行き来する時間が無いのは、よい。


Q・ここがこうなれば、もっといいなと感じた点は?

A・時間を計って本を読むことにいささか緊張した。
準備した本も哲学書っぽかったので、あまり頭に入って来なかった。

(中元改善案:初めての方にはとくに、もう少し時間をとることにしました。ゆったりとした時間のなかでお話をするのが一番の目的なので、緊張なさらないように充分配慮いたしますね。)

Q・最後に、この1on1読書会に興味をもっておられる方へ1つお伝えするとすれば、何を伝えたいですか?

A・私は中元さんにお会いしたことがあったので、礼子さんに対する安心感・信頼感が申し込む決め手として大きかったです。

多くの人が多少緊張して日頃人と接していると思うのですが、「すごくリラックスした中で、自分に気づいていく」という時間になります。


=========  
1on1読書会の流れ
=========

①はじめにお話しをします。
参加者さんが今ヒントを得たいことについて、ラフにお聞かせください。

②中元と話しながら、それをもう少し言葉にしてみる。
→これが、その日の読書の二人共通の「問い」になります。

③二人でその問いのヒントを探しに、読書をする。
(ヒントらしきものが探せなくても大丈夫です。)

④得られたヒントをお互いに共有する
(うまく話す必要はないので、リラックスして見つけた単語やフレーズなどを教えて下さい)。

⑤ヒントを共有したら、そこからお話しをしていきましょう。

⑥最後に、この時間で自分が得たものを振り返ってまとめ、終了します。


こういった流れです。

ご質問がある方は、お気軽に下記よりお問い合わせ下さい。




ファシリテーター

中元 礼子

ナカモト レイコ

Profile

2014年~
体質だと思っていた重度の片頭痛が食で改善したことをきっかけに、
自然療法を学び 自己治癒力を上げる療法家として活動。
セルフケア教室や、不調改善のアドバイスを行う。

“心身の不調を調えるための仕事”をしていくうちに、
「人の才能を開く場づくり」により力を注ぎたいと思うようになり、活動の範囲を広げる。
「自己治癒力アップ」→「ウェルネス」へ。

2020年~
リードフォーアクションの活動に出会い、人の可能性を開く読書会創りに魅了される。

読書会で扱うテーマ:ウェルネス、自己変容、チームビルディング。

変化を応援するメルマガ
https://lb.benchmarkemail.com//listbuilder/sig


ブログ
https://homeopathreiko.com/

1971年10月生まれ。
鹿児島姶良市(あいらし)在住。 

特技
卓球、ポタリング

キャッチコピー

いろいろな切り口から、「影響力ある人」が共に学び合う場を創りたい。
気づきが行動につながる読書会を開いていきます。

このファシリテーターに問い合わせる

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.