新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

【1時間で積読本1冊解消】横浜モーニング読書会(第27回)

2017年3月8日(水) 7:00-8:00

神奈川県

神奈川県横浜市西区南幸1-2-7 PRONTO 横浜西口店 3階席

平日水曜日7時から1時間で積読本を解消する読書会です!
平日水曜日7時から1時間で積読本を解消する読書会です。

参加者の方々が持ち寄った本(未読本可)について、軽く読んだ後、意見交換します。

今回は次の4つの本について、意見交換しました。

以下、意見交換の概要です。

『なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?』2017/2/2 おおたとしまさ
Q なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?
A 塾歴社会。必要な3要素。
・与えられた課題をやる
・やり抜く力
・処理能力
Q 公文式の理念とは?
A 人間に与えられている可能性を発見し、その能力を最大限に伸ばすことにより、有用な人材育成→地域社会への貢献
Q 公文式のすぐれている点は?
A 誰でも「できる」。普及しやすいシンプルなシステム。確固たるコンセプト。

『女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法』2016/7/6 美達 大和 (著), 山村 サヤカ (著), 山村 ヒロキ (著)
Q なぜ勉強をしないといけないと著者は言っているか?
A 勉強(好きではないいやなこと、苦しいこと)を続ける能力、習慣をつけることができる。成功体験、自己分析力がつく→自信がつく、何でもできるようになる。

『日本史』2014/8/2 渡部 昇一
Q この本の良さは?
A 日本とは?自分とは?どう生きるべきか?が分かる。

『獄窓記』2008/1/29 山本 譲司
Q 著者はなぜこの本を書いたのか?
A 福祉行政、刑務所、秘書給与問題について多くの人に考えてもらいたかったから。


ファシリテーター

佐藤 裕耶

サトウ ヒロフミ

Profile

東京大学獣医学科卒、獣医師。リードフォーアクション協会本部にて1年間、毎月読書会を開催し、研鑽を積む。2016年より毎週水曜日の早朝に読書会(現在はオンライン)を開催する他、看護師団体(天使の会)からの依頼により毎月各地で読書会を開催、750名以上の方が参加。出版社や著者との共催の読書会も開催。

私が読書会に出会ったのは2015年です。以前は一人で本を読み、狭い世界で過ごしていました。読書会に出会ってから世界が広がりました。読書会で出会う方に喜んでもらえるようにという想いで行動していたら、各地でセミナーを開催してみたいという希望がいつの間にか叶う他、皇室の方やビジネスや医療で活躍されている方をはじめ、普段出会えないような方々に出会え、見える世界が広がりました。読書会は人生のスケールを大きくする力がある場所です。何かを変えたい方のご参加をお待ちしております。

キャッチコピー

読書会開催経験150回以上。私の人生は読書会で大きく変わりました。何かを変えたい方のご参加をお待ちしております。

このファシリテーターに問い合わせる

メールマガジン登録





▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.