新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

第2回「整理収納☓Read For Action読書会」~ヒトモノコトのお悩みを、片付け本でカタヅケル!?~

2017年3月18日(土) 15:00~17:00

熊本県

熊本市南区出仲間8-5-33-301株式会社リハブインテリアズ セミナールーム

ヒトモノコトのお悩み解決ヒントを、お片づけ本から探るとは!?
モノの整理収納の問題だけでなく
ヒト付き合いの煩わしさ、
考えるべきコト、
TODOリストのやるコト、まで
片付け本から解決ヒントが得られるって
「ヒトモノコト×整理収納」読書会とは何なの?
・・・と思われる方も多いかもしれないですね(*^_^*)

残念ながら3連休初日かつ春休みスタートのこの日、
参加希望者がいらっしゃらなかったので
開催レポートではないのですが
私自身が片付け本からどんな気づきが得られたか
ご紹介させていただきます。
 
=====
 
『断捨離のすすめ』やましたひでこ監修/川畑のぶこ著
 
本への問いかけ
「時間を生み出す、目からウロコのヒントは?
しかも、簡単にできることで・・・。」
 
※つまり、するコトがいっぱいあるので
そのための時間が欲しかったのです。
 
=====
 
読みながら、気づいたのは
本の中に何度も出てくる
「ゆとり」「空間」という言葉が
私のほしい「時間」と同じ意味であるということ。
 
7:5:1 収納量の三鉄則
(ぎっしり詰めたときを10割とすると)
見えない収納・・・7割
見える収納・・・5割
見せる収納・・・1割
このくらいのモノの量が
物理的にも心理的にも効果的。
 
このくだりが、今回は何故だか気になる箇所でした。
7:5:1が引っかかる!!!
 
最終的に「時間を生み出すヒント」として
・業務を減らす、資料を減らす。
・業務を断る。
・予定を詰め込み過ぎない。
・思い込みを手放す。
 
などの気付きは得られましたが
”目からウロコの”という部分は
いまひとつ満足できません。
 
先ほどの引っ掛かりのキーワードをしばし眺め
ハッとしました。
 
つい先ほどまで
やることがたくさんあるので
一日中ガリガリ頑張らなくてはならない、
どうすればもっと時間を生み出せるか、と
ばかり考えていました。
しかし、全く逆の発想が浮かんだのです。
 
「やるべき業務の一つに集中し、
他を排除して、少ない時間でも集中して取り組む」
 
見せる収納は1割・・・
というフレーズからひらめきました。
 
いかに長時間をその仕事にかけるかよりも、
しっかり睡眠時間をとってスッキリした気持ちで取り組むことや
美味しいお茶をいただいてリラックス、気分転換することも大切、
そんなことが
時間の使い方における「1割収納」につながると気づきました。
 
モノの収納と時間の使い方は同じであると
いつも整理収納講座の受講生さんにお伝えしているのに
本日の気づきは、私にとってとても新鮮なものでした。
 
=====
 
いかがでしたでしょう?
 
「ヒトモノコト×整理収納」read for action読書会、
ご興味がございましたら
次回是非、ご一緒いたしましょう(*^_^*)
 


ファシリテーター

池田 由里子

イケダ ユリコ

Profile

ビジネス女子の学びの場「ビ女の本活」、リハ職のための読書会「REHAB■cafe」を開催中。株式会社リハブインテリアズ代表取締役。理学療法士、インテリアコーディネーター、整理収納アドバイザー他。医療福祉施設における「インテリアリハビリテーション®」を提唱し、コンサルティング、デザイン、スタッフセミナーなどを行う。2015年、TEDxFukuoka 登壇。「つなげ、つながる、価値の創造- INTERIOR REHABILITATION」 【共著本のご紹介】◆(株)gene 『リハビリテーション×ライフ ~暮らしのリノベーション・住宅改修と住環境整備 7つの新常識~』(監修共著)◆東京商工会議所『福祉住環境コーディネーター3級 公式テキスト』2011年改訂版 第4章第1節コラム「福祉『整理収納』整備」◆神陵文庫『生活環境論』2006年5章「住環境についての考え方」他

キャッチコピー

本を読み、気づきをシェアし、実践する・・・楽しい学びの場へ、あなたもどうぞご一緒に。

このファシリテーターに問い合わせる
▲このページのトップへ

一般社団法人 リードフォーアクション

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.