新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

人生はその人の「ユニーク」であるということ。

2017年6月16日(金) 19:15~21:15

大阪府

大阪市東淀川区東中島1-13-13大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA)  会議室803

今日の読書会は、ナチス強制収容所から生還した精神科医であるフランクルの著書ばかりを使った読書会。
テーマは「『最悪』の状況から私を見つめてみる」です。

8冊選書している著書のなかで今日読みあったのは
「夜と霧」と「<生きる意味>を求めて」
「<生きる意味>を求めて」は、この読書会ではなかなかに好評です ^^
フランクルの著書ばかりを使った読書会では、毎回新しいことに気づかされます。
今回、いちばん興味のあった言葉が「ユニーク」です。

大学に行くまで、この「ユニーク」という言葉の中に「面白い」という意味だけを先行していた私(笑)
もちろん、フランクルの著書で示されている「ユニーク」は、語源にみる「唯一無二」という意味。

誰もが「ユニーク」な人生である以上、そこに「何のために生きるのか?」という問いは愚問なのでしょう。
自分だけにしか辿れない人生を歩むのみ。
まだ見ぬ出来事に怖れることがあったとしても、その世界には必ず、あなたを待っている誰かや何かがあるということ。
あなただけの「意味」があるのだと。

フランクルの文章から得られる自分なりの言葉をお互いにシェアしながら、「そもそも『最悪』とはあるのだろうか?」を考える読書会となりました。


ファシリテーター

後藤 安賀里

ゴトウ アカリ

Profile

心と体を「笑顔」にするファシリテーター
大阪在住、フランスでの結婚生活を終え帰国。国立大学法人の病院再開発事業を軌道にのせたのち、「人間の生き方講座」というRead For Actionを定期開催しながら「ママのための読書会」を企画。働くママや小さな子どもを育てるママの子育て支援の充実を図るとともに、子どもたちの笑顔のためには大人が笑顔!と、心理学を活かした読書会をライフワークとしている。

キャッチコピー

みんなで集める「言葉」のジャングルから、その瞬間に、まさに自分が欲するピッタリの言葉を探りだす、まるで宝探しのようなゲームです。

このファシリテーターに問い合わせる
これまでの読書会一覧


▲このページのトップへ

非営利型 一般社団法人 Read For Action 協会

東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号 〒150-0001

RFA読書会情報

地域の自治体・ 企業様へ

ファシリテーター

参加方法/ お問合せ

Copyright © Read For Action All Rights Reserved.