新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

レポート詳細

まちヨミin会津

2014年8月10日(日) 13:00 - 16:30

福島県

会津若松市インター西90番地アピオスペース(会津若松市)

2014年8月10日
ONE BOOK, ONE AIZU
まちヨミin会津
LIGHT UP NIPPON × Read For Action ~花火の前日は本を読もう!~
が無事終了しました!


東日本大震災の復興支援の花火プロジェクトLIGHT UP NIPPON代表の高田佳岳氏とRead For Action発起人の神田昌典氏の出会いをきっかけに、会津若松市でまちヨミin会津が開催されました。
台風が心配されましたが、福島県内外から約30名が集い、人と人とのつながり、そして会津から世界に向けて発信できることについて考えました。
神田さんもスペシャルゲストとして来場し、100%MADという全世界慈善プロジェクトが初お披露目されました。


■まずは「今まで挑戦したこと」「会津ってどんな街?」についてSpeak&Listen!
「会津ってどんな街?」では、「会津の三泣き」をはじめ、会津の人々の情の厚さや歴史的な背景、最近話題のソースカツ丼など、さまざまな言葉が飛び出しました。
県外からの参加者は初めて聞く会津の魅力に興味津々。また逆に、地元の人もほかの地域からの参加者の言葉にインスパイアされて、会津の新たな魅力に気づいていました。

■Read For Actionの読書を体験!
参加者それぞれが今日の目的を設定した後、
STEP1 本を読む準備をする
STEP2 本の全体像をつかむ
STEP3 著者に聞いてみたい質問を作り、本の中から答えを探す
の3ステップで読書を体験しました。
手始めに目次を開き、それぞれ気になるキーワードを探してみるとー。
たった4ページの目次を見ただけなのに、ほかの人が見つけたキーワードに新たな発見があったり、「そんな言葉あったの〜?」との驚きの声が上がったり。
また、著者プロフィル、表紙、裏表紙、帯、目次、奥付、まえがき、あとがきだけを読んで、あたかも熟読したかのように、本について説明したり。
自然と参加者の顔が笑顔になります。
次第に各テーブルの上には、参加者の皆さんが書き出したキーワードの付箋が山盛りになっていきました。
最後に、各自が著者に聞いてみたい質問を作り、本の中から答えを探します。各グループごとに、キーワードや答えが書かれたポストイットを使って、さまざまなダイアログが繰り広げられました。

■「会津から、世界に向けてできること」
 神田さんが、グローバルプロジェクト「100%MAD」についてプレゼンテーションしてくださいました。
100%MADとは、一人1ドルの寄付を全世界で10億人集め、1000億円を100%寄付することで、世界の貧困をなくし、世界平和につなげようーというプロジェクトです。世界の著名人が支援しており、神田さんがアジアの戦略パートナーとして、日出ずる国、日本からこの事業をスタートさせるべく、現在準備を進めているそうです。

■会津 × 100%MAD = 会津から世界平和を!
そのために私たちにできることを考える!

最後に、神田さんの話を聞いて印象に残ったこと、また、課題本や今日一日の対話から出てきたキーワードを振り返り、会津から世界に向けてできること、世界平和のために私たちができる一歩について思いを巡らしました。

今回で、福島県内では5回目のまちヨミとなり、いわき市→郡山市→福島市→会津若松市で開催されました。
次はどのまちにつながるのか、楽しみです。


ファシリテーター

三部 香奈

サンベ カナ

Profile

キャッチコピー

人が集い、学びあい、そして新しい何かが始まる…。そんな読書会を開催しています。

このファシリテーターに問い合わせる

ニュース





▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.